ちょっと田舎で暮らしてみよう

将来の夢は超田舎でのんびり暮らすこと...だったのですがいろんな子どもたちと接するうちに、子どもたちの未来の為に自立へと向うお手伝いがしたいと思うようになりました。 まだまだ私の中の小さな夢、ずっと先の話にはなりそうですが...そして妄想の段階...。 大好きな山歩きや野菜づくり、食育を通してこの夢をいつかかなえるか、妄想で終わるのか!! 中途半端な田舎で仕事しながら何が出来るか模索中の私です。 とは言え、まだまだ模索の段階なので日々の出来事や山の出来事を中心に書いています。

那須連山

憧れの裏那須縦走へ@三倉山 山開き

那須の山へ行く様になってからずっと気になっていた稜線、憧れの三倉山から大峠への径を歩いたのは7月17日の日曜日の事。
いつもながらに全くタイムリーではないのですが、これだけは書いておかないと(>_<)

三本槍岳の先にある大峠と流石山がお花畑だと知ったのは那須の大まかなルートを大体歩ききった頃。どうしても行ってみたくて大峠迄は行ってみた事があるのですがその時はそこから三斗小屋温泉迄出来心で下って沢でちょっと怖い目にあってしまい…それからずっと大峠迄は歩いていませんでした。しかし毎年第三日曜日のその日が丁度三倉山の山開きだった事を知ってから心のどこかでいつかは三倉山から大峠の稜線を歩きたいと考えていました。

那須の地図を開く度にいつか、いつか…そんな思いを遂に叶えられる日がやってきました。

三倉山山開き2016年は7月17日日曜日。一年に一度のこの日は観音山自然公園の先の林道駐車場までバスがでる特別な日。山開きの参加料1000円を支払うとバスの送迎、下山後の蕎麦の振る舞い、先着250名には記念バッジ、運が良ければくじ引きにて米やお花をゲット…山開きは初参加だったのですがこんなお祭りみたいに楽しい雰囲気だったとはね(*^^*)♪

この日のメンバーは山友のケーコさんを巻き込んでみたところまつお君も参加してみたいと言う事で三人。

5時ちょい過ぎに山開き受付会場に到着。既に始発のバスは出発をしていて受付も長い列ができ始めていました。










受付を済ませるとクジ引きタイム♪









やった〜っ!!て声よりあら〜残念の声が聞こえてきて、私こそはっ!!なんて思っていたけれど、あら〜残念T_Tのほうでした…。

米とか花束とか言わない…せめて手編みの靴下だったかな…それすんごく欲しかったのである…。

5:45スタートする直前に何やらトトロにでも出てきそうなバスが…





















何コレ、カッコい〜∑(゚Д゚)!!









でも私達が今から歩く神社側の林道は乗れないみたい…まっ、いい、まっ、いいさっ!!

さっ、気合いを入れて歩きますよ…





















最初は林道を二十分くらいだったかな…

林道の終点から更に数分…何やら余り人が歩かないのかな?なガレガレの枯れた沢を登り始めます^_^;





















もう最初から汗だく…ガレてるから気を使うし…









しかし緑がとにかく美しい…とても健全な森…秋も美しいんだろうなぁ。





















美しい森に目を奪われて何度も立ち止まる。

ごめんなさい…うそ、うそ…余りの急登&蒸し暑さに何度も立ち止まる…だったわ…。









亀足の私に合わせて時々止まって待っていてくれる二人…すっ、すみません(>_<)

枯れた沢を抜けると暫く九十九折の細い径を歩きますがそれが終わると更に急登になって行く斜面を登らなくてはなりません。





















あぁ、二人のペースに追いつけてない…









おまけに私の父母くらいの大先輩達にもどんどん追い抜かれてくし…汗

そして背後から忍び寄るどちらかの山岳会の大先輩達…おそらくCLであろうそちらのお母さんの元気な事と言ったら!!

今日の〜会は調子いいよ〜!!
レッツゴー!!レッツゴー!!

同じ会の仲間に…

調子いいのは〜さんでしょう?

なんてツッコミされてもまるで気にしない様子…とにかく元気!!

余りに元気で楽しそうでついついこちらもニヤニヤ…笑い過ぎて歩けないなんて言い訳してみたけれど、空沢山(地図表記は唐沢山になっています。間違いかな?)迄の辛い急登三時間を良いペースで引っ張って頂けたせいかほぼコースタイム通りに歩く事が出来ました。

空沢山迄の風景その①









その②





















その③









その④









その⑤










空沢山到着8:50くらいかな…





















もう最初の急登で結構お疲れモード。





















他の登山者が山名標識撮りたいのになかなかどきません…丁度良い椅子あったしね^^;

10〜15分ほど休憩していよいよ憧れの稜線へ。









画像だけではそんなに大した登りに見えないかも知れませんが実はこの稜線の始まりも結構キツかった…

地図には一ノ倉しか表記がないけれど一ノ倉手前の無名の小ピークにまず上がり、ホッとしたところで一ノ倉迄ひと登り。









地図を読むのがまだまだなのでこの手の稜線をアップダウンは余りないのかと勘違いしてしまうけれど、それがね〜あるのよ〜^^;アップダウン…









うわーん(>_<)キツイよーゼーハー!!

ようやく一ノ倉…だよね?これ?









錆びてるし…









それでも森林限界を超えると稜線歩きをしているんだなぁという景色になってきて…





















そして遂に茶臼岳が見えてきましたよ!!








うはー、それにしてもいつまでこの登りは続くのさ〜(~_~;)










そんな事を思い始めた頃ようやく三倉山へ到着!!10:30くらいだったかなぁ?
(このあたりの記録がなくなってまして^^;あははっ…)

先程のレッツゴーなCL率いる山岳会のメンバーらしきおじ様が、お疲れ様〜と声をかけてくださいました。





















お神酒の振舞いが待っていましたが、飲んだらこの場で眠ってしまいそうなくらいに疲れきっていました。

こちらでランチターイム♪

絶対に山めしを作る余裕はないってわかっていたので、コンビニの冷やし中華。登りでかなりの汗を流しぐったりしていたから醤油多めの甘酸っぱいタレは元気をくれました。














大休止して元気が戻ってきました…

さあ、再出発だ!!ほぼ11:00…









いよいよ後半戦は美しいお花ちゃん達の待つ稜線を目指して!!レッツゴー!!










大倉山11:37到着♪





















アップダウンは続きますが美しい稜線と那須の山並みを眺めながら下ることが多くなってきました。










五葉の泉かな?









キスゲのお花ちゃん達もまだまだ咲き競っていました。




















こちらはタカネアオヤギソウちゃん♪






















たぶん、ムラサキタカネアオヤギソウちゃん^^;





















ハクサンフウロちゃん達もまだまだあちらこちらに…




















この辺りからは陽が射したりで蒸して暑かったりしたけれど、時折ガスが流れてきて雨粒がいい感じにパラパラと降ってきたりもしたから心地よくもありで…









なんたってずっと反対側から眺めるだけだった稜線の上を歩く感動と言ったら…









沼ッ原の調整池はあんな高さにあるんだね、これも知らなかった事…








今迄何度も通った那須の山…









あの山も、あの山も、あのルートも歩いたよ!!そして今日はいつか行きたいと願っていた稜線の上…

暑くてバテ始めてはいたけれど感動せずにはいられない。

この辺りからはかなりゆっくりペースで進み始めていました。





















クルマユリちゃんこんにちは(*´꒳`*)

もう随分前になってしまうので記憶が曖昧であっているのかわからないのですが、右側の山並みから登って来たのかなぁ?間違いだったらごめんなさい^^;










恐らく振り返った時の画かなと思う。

前方を見ると右側はいつも茶臼岳なのできっとそう…










流石山に着いたのはもう13時になろうという頃でした。






















一度晴れ間も見えたりして暑かったけれど、後半はモワッと湧いてきたガス…





















でもそれもまた雲の上を歩いているみたいでいいではないですか…

最初の急登はキツかったけどこうして改めて画像を見直すとまた同じ径を歩いてみたいなと思うから不思議。









兎に角何時迄もいたくなるような場所でした。










もわん、もわん、もわん…

大峠山を超えた頃三本槍岳が見えたのはホントに一瞬ほぼこんな感じにガス、ガス、ガス…




















でもね、足下には可愛いらしいお花ちゃん達の御登場♪(*'▽'*)





















ウツボグサちゃん

ヒメシャジンちゃん






















シモツケソウちゃん





















他にも数種類…

そして、なかなか下りてこない私とケーコさんを辛抱強く大峠で待っていたまつお君とお地蔵さんのもとへと到着したのは14:00ちょっと過ぎ…









久しぶりに見たお地蔵さん、あの時はこの径がどんな径なのかも分からずに下りて来たけれど今はあの時よりは知ってるつもり…









でも那須マスターへの道のりはまだまだかなぁ…

最近めっきり怠けていたからまた鍛え直さなくては…まだまだいろんな山に登りたい。

15時数分前に林道終点に到着









長かったぁ…





















更に5分程歩いてゴール(*´ー`*)









途中でみつけたタマガワホトトギスちゃん♪









この後送迎車に駐車地点迄送ってもらい蕎麦と温泉、そしてこの日一番のクライマックスだった自宅までの運転^^;

ケーコさん助手席で寝ないで頑張ってくださってありがとうございました…おかげで私も睡魔に打ち勝つ事が出来ました(^-^;

そして、一緒に歩いてくださりありがとうございました…パワフルな師匠が一緒でとても心強かったです!!

またご一緒出来る日を楽しみにしていますね( ´ ▽ ` )ノ                                                














歩いてる時もういいかなぁと思っていたけれど、バッヂを眺めながら20回の来年もまた歩いてみたいかな…そんな想いを馳せる素敵なお山の稜線でのお話なのでした。

実は仕事で物凄くストレスを抱えていてここ数ヶ月まとまった文章を書くのが面倒になっていましたが(山へ行かなくなるとお終いかなと思い山には行き続けていました)また書けるようになってきたみたいです。

また溜めに溜めて放置の画像を少しずつ引っ張り出しながら少しずつ自分のペースで書いていこうと思います。

時々見にきてくださってる皆さまありがとうございます、また宜しくお願い致します(*´꒳`*)

まつお君にPCを奪われスマホで記事を書いているので上手くリンクが貼れません…ケーコさんからの裏那須山歩はこちらからどうぞ♪


登山・キャンプランキングへ

どんなに疲れている時も...峠の茶屋~熊見曽根経由隠居倉周回@那須岳

やっぱり山には青空が似合うね!!
DSC_8270

一か月前以上前の記事ですが全く自分の心に余裕がなく思いっきり放ったらかしにしていました...

遠い記憶をたどりながら書いていこうと思います。

あの日の日曜日、前日は遅くまで仕事だったので半分山をあきらめていたのですが睡眠不足の眠さと格闘しながらもなんとか峠の茶屋の駐車場に着いたのはなんと8時半過ぎ(T_T)

そんな時間に上の方の駐車場なんて 空いているわけありませんよ...でもどうしてもこの日はあの道を歩いてみたくて500円...あれ?1000円だったかな?記憶喪失だわ...とにかく初めてお金を払って茶屋の隣の臨時駐車場に停めさせていただきました('A`|||)
DSC_8261
歩き始めたのは9:02あづい...

お天気はまあまあかな...
DSC_8263

登山指数はAだったのに雲は多めだったかも...
DSC_8265

なんでしょう...ウラジロヨウラクさんかしらね...
DSC_8266
折角調べたのに一年経つと忘れてしまう...花だけでなく色々と...^^;

いいね、いいね、いい感じ!!
DSC_8267

この景色好きだわ~
DSC_8272

峰の茶屋に9:32
DSC_8278

こちらから見えるアノ素敵な稜線いつの日か流石山までだけでもリベンジしたい...
DSC_8279

剣が峰の下辺りにはイワカガミちゃんがボチボチ...
DSC_8280

まだまだ白いお山がみえましたよ~
DSC_8290

山を始めた頃こんな風景に出会えると思ってもみなかった...
DSC_8291

苦手な鎖場が終わったらゼイゼイ言いながら朝日の肩に到着。
DSC_8295

こちらから10分ほどで熊見曽根...

あぁ、この稜線やっぱり素敵だわ!!
DSC_8298
いつか絶対に歩くぞと熊見曽根を下りながら心に誓います。

少し下って振り返る...
DSC_8300
三本槍迄は混雑し始めていたけれどこちらの径はす~いすい(*^^*)ルンルン

まずはあちらまで下ります...隠居倉...誰かいるみたいだね?
DSC_8301

そんな大きな稜線ではないけれど気持ちのいい眺め...
DSC_8305

反対側は混雑してるね~!!
DSC_8307
ふふッ...不敵な笑みを湛えつつ静かな稜線をしばし独り占め。

いやぁ~寝不足だけど来てよかったよ~!!
DSC_8308

那須のお山って詳しく知るまでは茶臼岳のイメージしかなかったけれど、コンパクトなのにいろんな道があって面白い...
DSC_8310
久しぶりの稜線歩きは本当に心ウキウキ...
DSC_8312

こんな可愛らしいお花ちゃんも咲きはじめていましたよ~
DSC_8321
ベニバナイチヤクソウちゃん...随分前だから終ってるだろうけれど^^;


こちらは初めましてのミヤマハタザオちゃん?かな?
DSC_8327

おぉー!!こんな所に… ノビネチドリちゃん?
DSC_8332
これからどんどん美しくなっていくのね...って今頃見頃は終わっているよね^^;

隠居倉へ到着~!!11:13
DSC_8338
こちらの後ろ側に男の子とお父さん親子...あちら側にベンチがあったのでそちらでお昼を食べていた模様...食べ終わったら、こちらあきますよ~と声をかけてくださいました。

この日のランチはキノコたっぷりうどん...
IMG_6948
まつお君がきのこ嫌いなのでいないときじゃないとこんなのは食べられない...美味しいのにねぇ...

ご飯を食べたら三斗小屋温泉経由で帰りますよ~
DSC_8347
下りはしばらく少しだけ急な感じで、あぁこちらを登りに使わなくて良かった...なんて思ってしまう...

多分初めましてのコヨウラクツツジさん...
DSC_8350
花が艶々しているので果実なのかしら?と思ってしまいました。

下りも落ち着いた頃にムラサキヤシオさんのお出迎え(*^^*)
DSC_8357

おぉ~!?こちらから温泉引いているのかしら?
DSC_8365
硫黄の香りが充満しているこの辺りにはベニサラサドウダンさんが咲いていました。 
DSC_8370

ヨウラクツツジさんかな?
DSC_8371

そしてタニウツギさん?
DSC_8374

時々マイヅルソウちゃん...
DSC_8377

こちらは...三斗小屋温泉、煙草屋さんの庭先に咲いていた...
DSC_8381
ヒオウギアヤメちゃんかな?

三斗小屋温泉を過ぎてからはほぼ平坦な道をしばらく歩きます。

13:39那須岳避難小屋に到着... 
DSC_8385
覗いてみたら新しいヘルメットがいくつかおいてありました...活火山のお山ですからね...

こちらは避難小屋横の階段付近に沢山咲いていた...
DSC_8387
ミヤマツボスミレちゃんかな?

そして...
DSC_8390
ズダヤクシュちゃん達の群生もありました。

ここまできたらもうすぐ本日の山行は終了...
DSC_8395
あの気持ちのいい稜線を歩いてきたら少しだけ心の疲れが取れたような気がしました。

峰の茶屋あとに戻ってきたのは14:08
DSC_8397
大体3時少し前くらいには駐車場へと着きました。

寝不足であんなに体は重かったのに山行が終わった後の清々しさといったら...たまらない(*゚▽゚*)

そんな事を思いながらも帰路の運転で眠気と闘うなんだかやっぱりお疲れ気味かもと思うこの日の山でのお話なのでした...


那須の白いお湯はやっぱ最高だよね (☆゚∀゚)

 

登山・キャンプランキングへ

秘密にしておきたいけれど...@沼原~白笹山~南月山~姥ヶ平周回

DSC_8562

久しぶりに平日の那須へ行ってみようかと、どのコースを歩こうかと...前日迷いに迷ってすっかり寝るのが遅くなってしまい目覚めたのはなんと5時過ぎ...。明日も天気は良さそうだから明日にしようかまたしても数分迷って結局ダメもとで行ってみる事に。

だって土日の那須は混むからさ!!なるべくなら平日の時間のある時に行ってみたい。

家を出たのは結局6時近くになっていました。

そして沼原の駐車場に着いたのは8:30頃...それから朝ごはんのおにぎり食べたり準備していたらあっという間に9時になってしまいました^^;

白笹山迄はそんなに距離が無いからピストンで偵察だけして来ようかな...そんな軽い気持ちでいたら隣に駐車してきたおじ様が、今から登るんですか?と聞いてきたので...

そうなんです^^;寝坊しちゃって本当はぐるっと一回りしたいのですがこの時間じゃ無理ですよね...。茶臼はもともと行かない予定だったのですが...。

と言ったら茶臼に行かないのなら全然戻って来れますよと言うではないですか...なんですと~!?

そうなのか、それなら行ってみましょうかと登山口を探すも...聞いておけばよかったよ...ちょっと探しちゃった...でも丁度清掃にやってきたまた別のおじ様がいらっしゃったので教えていただく事が出来ました。

こちらの左側に写っている建物は駐車場のトイレなのですがトイレの入り口右側に林道行き止まりがありそちら側にひっそりと看板がたっています。または沼原迄の道を車で来ると林道行き止まりがあるのですがその先がそのまま登山道になっています。反対側の日の出平経由で行くこともできますがそれだと南月山のみになってしまうので今回はこちらを選択する事に...9:11入山。
DSC_8307

9時を過ぎていたから流石に熊さんはいないかなと思うけれど...いやいや、秋は冬眠の準備で活発に昼間でも動いちゃったりするのかしら?...ここのところ野生動物との遭遇が多いので次回は熊さんかも...そんなネガティブな考えが浮かんできてしまう静かな登山道の始まり。
DSC_8309
でも踏み跡はしっかり...迷う事はなさそうです。

キンミズヒキちゃんがあちこちでお出迎え^^
DSC_8312

まずは白笹山から...
DSC_8314

さみしくポッ~んと一輪だけ...
DSC_8316

こちらは~!!初めましてのウツボ草ちゃん?
DSC_8318
もう終わりかけだけれど^^;

毎回のことながら一人だと色々心配事はありますが...この緑の誘惑には勝てませんて...
DSC_8320
森の中へ飛びこまないとどうにもこうにも私の脳みそは働かない...
DSC_8322
ストレス解消?そんなのではありません...生きていくうえで必要なものなんです...私にとってはね...。

静かな森は本当に心地よいです。心をクリーンにしてくれます。
DSC_8324
生きる力を与えてくれます...だから私は森へ出かけて行くのです。

那須とは思えない静けさ...
DSC_8325
こちらの森は当たりだね(*^^*)

深く茂った笹の更に上へとスッと伸びる木々達...。
DSC_8329
時々誰かの声が聞こえたような気がして後ろを振りむくけれど誰もいない...多分少し強めに吹いている風の音。

30分ほどで少し景色が良くなってきましたが白笹山のてっぺんはまだらしい...。
DSC_8331
うす暗い感じの空だったけれど急にパッと光が射してきてなぜだか少しホッとしました。
DSC_8332

こんな風に木々が曲がると言う事は結構雪が積もったりするのかしら?それとも風のせい?
DSC_8334

少しずつ秋の気配...冷たい風がこれまた心地よい...。
DSC_8336

こちらの曖昧な看板に少々迷いましたがよく考えればわかる事...。
DSC_8337

看板の指し示す方向を素直に上へと進めばいいだけなのですが...
DSC_8338
二股に分かれていると...しかも右の進むべき道じゃない方が何故だかしっかりしていると、う~む~^^;
DSC_8339
ピンクのテープが見えるからそれを信じて行けばいいのかもしれないけれどそう言う道迷いもあるという...だから初めての道は慎重に、慎重に...。

3週間前に行った時もこんな感じに紅葉がちらほら始まっていたのできっと今週あたりまたいい感じに染まってきてるかな...なんて思います。
DSC_8369

しかしこちらのお山は笹の根に足をとられるので気をつけなくてはいけません。
DSC_8371
いやぁ、まるで何かの罠のように足元に絡みつくので何度も転びそうになりました...^^;

こちらを過ぎた辺りから沼原(ぬまっぱら)湿原が見え始めました。
DSC_8372
寝坊しなければ本当は下山途中に散策して行こうと考えていたのですが...また今度...寝坊しない日に...。

車を停めた駐車場も見えました。
DSC_8373

気の早い木々達は黄色くなったり...
DSC_8377

薄っすら橙色になってきたり...
DSC_8388

でもまだまだ青々してる所もあったりして...
DSC_8391
秋はただいま進行中...。

途中でパラパラ降ってきましたがすぐに止みガスも少しずつ取れてきました。
DSC_8394

そして11:01白笹山山頂到着!!
DSC_8395
眺望ナシ!!


さあ、どんどん進みましょう。
DSC_8399
風が出てきましたがお天気は回復してる様子。

白笹山を下り始めると南月山らしきお山と真ん中にちょこんと見えるのは茶臼岳。
DSC_8401
この辺りはしばらく笹の中を歩きます。

お花ちゃんが殆ど無くて寂しい道となりますがその代わりに紅葉してきている果実が現れ始めます。
DSC_8402
こちらの木はヒロハヘビノボラズさん...凄い名前...

ツツジの葉は色づくのが早いですね。
DSC_8406
周りはまだまだ緑が沢山残っていたけれどツツジの葉のみが一際目立ちます。

ガスがびゅんっと飛ばされて下界が見えてきました。
DSC_8410
おそらく左の小さなお山は黒尾谷岳...その麓には憧れの那須の別荘地...。

時々自分より背の高い笹に囲まれながら歩いていると色の濃いこちらは...
DSC_8412
オヤマリンドウちゃん?かな?

余り人が来ないのか笹軍団にとうせん坊されてしまいます。
DSC_8414
私の背よりも高いのでお山の笹は栄養たっぷりなのかなぁ?なんて思っていたら...次の日家の笹刈しようと思って庭へ出たら同じ位に伸びていました...Σ(´д`;)多分放置しておくだけでこんなにも伸びるものなのでしょうね...きっと。

そんなノッポの笹達の足元にはひっそりと控えめなツルリンドウちゃん^^
DSC_8415
今頃可愛い実が付いている頃かな...。

おッ!!だいぶ南月山が近づいてきました。
DSC_8416
緩~い緩~い、稜線を少しずつ上がっていきます。

黒尾谷岳もしっかりと見えてくると...
DSC_8417
南月山はもうすぐ...。

振り返ると気持ちの良い笹原が広がっていました。
DSC_8418
奥のピークが白笹山ですね、きっと。

そして11:55南月山到着~!!
DSC_8421
あらあらこちらも眺望ナシなの?なんて少しがっかりしていたら...左奥の神社の後を通って行く先は素晴らしい景色が広がっていましたよ(*^^*)

分岐の看板...
DSC_8422
その下の踏み跡左側へ進むとその風景は現れます。
DSC_8424

おや~この開けた場所は~?!
DSC_8427
わお~!!茶臼さんのご登場!!
DSC_8430
左側に広がる台地はおそらく日の出平...峰桜が沢山あるそうです。
DSC_8432

しっかりとした踏み跡通りに進みながら下っていくと左下に沼原池が見えてきました。
DSC_8434
こちらに来るまで一人も出会いませんでした...信じられます?こちらは那須ですよ!!
DSC_8437
もっと風が無ければ...時間があれば...ゆっくりこちらでお昼ご飯など作ってのんびりしたかったのですが、益々風は強く吹き付けたったの1700程の高さだと言うのにこんなにも天気は回復しているのに...

う~ブルブル、さむ~ッ!!晩秋の様な寒さ!!

しっかりとジャケットを着こんで歩いていると足元に初めましてのお花ちゃん...。
DSC_8439
イワインチンちゃん^^

そして風は強くても気持ちの良い稜線だったりもして寒いけれど時々立ち止まってこの眺めを独り占め...。
DSC_8456

殆どの人がロープウェイ側から来るからこちらは那須の穴場...。
DSC_8458
あぁ、茶臼様に登れないのが残念^^;

寝坊したあたしのばかやろ~!!
DSC_8459
そして時間は刻々と過ぎていくというのに...
DSC_8462
誘惑が~!!
DSC_8464
しかも風でブレブレして上手く撮れない。・゚(゚`Д)゙

仕方ないからトレイルと...
DSC_8469
お山と稜線ばかりパチリなのだ!!
DSC_8471

そんな中での初めましてのトモエシオガマちゃん^^こんにちは~!!
DSC_8473

ゆっくり歩き過ぎでようやく日の出平の分岐に到着。
DSC_8477
周りはツツジや峰桜の様な低木で覆われているので茶臼様の頭がちょこんと見えるだけ。

真っ直ぐ行って牛ヶ首経由で姥ヶ平に降りて沼原へ向かっても、日の出平へ降りても同じコースタイム...ならば姥ヶ平へ行くとしますか!!
DSC_8479

緩く下る途中には...
DSC_8481

少しきつめの紫のトリカブトちゃん。
DSC_8482

そして徐々に茶臼様も大きく見えてきました。
DSC_8494

左の眼下には姥ヶ平...秋は混みッ混みの姥ヶ平も独り占めできそうな予感...。
DSC_8497

右の奥にひょうたん池ポッつ~ん。
DSC_8498

降りてくる間の稜線におば様二人がお弁当ひろげていてびっくりなのでした!!
DSC_8499
それくらいのんびり、ガラガラな登山道なのであります。

こうしてアップで撮ると葉脈?というのかしら?何やら血管の様です。
DSC_8503

茶臼様~こんにちは~!!
DSC_8507
今日もモクモク...しかし静かに活動しています。

そう、こちらは活火山レベル1の山...入山規制されていないレベルです...だからなんの気にもしていなかったけれど、流石に御嶽山の噴火の後はかなりのショックでいろんなことを考えさせられました。上手く言葉が浮かばないのでこれ以上あ~だこ~だと書けないのですが...ひたすらショックで...もう、それだけです。

牛ヶ首分岐迄来て後ろを振り返ります...。
DSC_8516
あの稜線を楽しく歩いてきました。

さあ、ゆっくりしている場合ではありません。おひるご飯を作る時間も無くなる位に時間が足りなくなってしまったので姥ヶ平へと下ります。
DSC_8517

ザレている下りの入り口がどちらから降りるのかと一瞬考えましたが分岐の案内に地図のアプリをよく見れば大丈夫。
DSC_8519
ちゃんと黄色い道しるべもありますよ^^
DSC_8520

だんだんと姥ヶ平へと近づいて行きます。
DSC_8521

天気もまだまだ大丈夫。
DSC_8522

こちらが紅葉したら素晴らしいのだろうなぁ...ただし物凄い人、人、人...?なのかしら?
DSC_8523

しばらく降りてから振り返ると...
DSC_8525
相変わらずモクモクと...でも穏やかに...。

この辺りはガンコウランやらが沢山はえています。
DSC_8526

あっという間に降りてきて...
DSC_8528

降りてきた稜線辺りと...
DSC_8529
茶臼様を振り返ります。
DSC_8532
なんて青さでしょう~!!そして独り占め~!!

姥ヶ平にはたくさんのシラタマノキがありました。
DSC_8535

そしてオヤマリンドウちゃん?かしらね?
DSC_8542
少しだけ...
DSC_8544

少しだけひょうたん池に寄り道しましょう^^
DSC_8545

実は2年ほど前の晩秋に沼原の駐車場から母と高校からの友人、まつお君の4人で駒の蕎麦会へ行く途中に寄った場所...物凄い強風でご飯作るの大変で寒くてえらい目にあったなぁ...^^;
DSC_8546
沼原から結構きつかったのを覚えています。

ひょうたん池の手前の木道にザックを降ろしてごろ~ん...実はこの時また足痛いの復活しちゃったのね^^;
DSC_8560

でもそんな足の痛みなんか忘れてしまうほどの青空に穏やかな眺め...。
DSC_8562
ただこの時は癒されるなぁ...なんて思うだけだったけれど次回行くときはこちらが活火山である限り色々頭の中はグルグルしてしまうのでしょうか...とは言えこの瞬間はまぎれもなくこの眺め独り占め、最高~!!

そんな気分なのでした...。

人の気配がして振り向くと牛ヶ首から追い抜き追い抜かれてきたお兄さん二人組。お二人は三斗小屋へ向かうと言う事で...うらやましい限り!!

独り占めの時間は終了、あと3キロちょっと歩かなければ!!
DSC_8563
三斗小屋方面まず進み...
DSC_8565


DSC_8567
更に次の分岐で沼原へと戻ります。

今年は雨が続いたせいかどこもかしこも立派なキノコちゃんだらけ...
DSC_8569
しかし食べられるかわからないから残念な限り...。

少し登って振り返ったら茶臼様の見納め...次回来る時も無事に歩けますように...。
DSC_8570
どんなに備えても火山ばかりはね...お天気だってそうだけれど自然の力には到底敵いっこない...。

途中でほんのり紅葉...それでもまだまだ青さが勝る道を早足で進みます。
DSC_8574

まとわりつく笹の歩きにくい道を一気に下ったら要約日の出平への分岐に着きました。
DSC_8576

気のせいか薄暗くなるのが早くなったような?
DSC_8579

なんて思っていたら駐車場が見えました!!
DSC_8581
到着~!!14:48

ほぼ3時になってしまいましたが那須湯本温泉へ移動して分湯の隣の旅館のお風呂500円で入浴してから帰りました...大きい施設は高いし一回だけしか入浴しないで帰るので充分です...しかも静かだし。
IMG_5370
大地の恵みに感謝!!

静かな静かな沼原からの歩き...こっそり秘密にしたい場所...。
そんな山でのお話なのでした。

大好きな那須の山も活火山...だから御嶽山の噴火は本当に人ごととは思えず...それでも活火山の山へは行ってしまうと思うからこれからはもっと真摯に山と向き合い、装備の面も今までもたなかったものを持っていこうと思うのでした...。

とは言え...真摯に向き合っても装備を充実させてもどうにもならないのがまた山でもあるわけですが...。

よくわからない終わり方でごめんなさい...もうただひたすらショック。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。




人気ブログランキング 登山・キャンプへ

修業の山行@峠の茶屋~三本槍岳経由~大峠~三斗小屋温泉

三連休皆さんはどんな計画を考えているのでしょうか?

私は今週三連休では無いのですが母上の希望で尾瀬沼へキスゲを見に行く予定です。

でもその前に新しい靴の履きならしやがっつり歩きで鍛えておかなくてはいけないのでこの間知った三本槍の先の大峠へ降りて三斗小屋温泉経由で修業の山行をしてきました^^;

本当はニッコウキスゲが沢山のお花畑ルートって知ったから行きたかったのだけれど...。

前回よりも長いルートだったので少し早めに家を出て駐車場に着いたのは6時頃。

準備を済ませたら6:24出発です。
DSC_6593

鳥居をくぐって神様に必ず帰ってきたらお賽銭出すので無事に帰って来れますようにとお願いをしてから登り始め少しだるい道をゆっくりと上がっていきます。
DSC_6594
準備運動をしてもどうしても体は程良く温まらないので歩き始めはいつもノロノロ...先は長いしね、ゆっくり行きましょう!!

ヨツバヒヨドリちゃんの白花でしょうか?咲き始めています。 
DSC_6595

そしてそろそろ終わりのマルバシモツケちゃん
DSC_6596

前回と打って変わって^^;やる気をなくすどんよ~りな空...
DSC_6597

でもまだまだ行っちゃいます!!
DSC_6598

鎖場もそうでない場所もからっと晴れている時と比べると少し怖いのですがとにかく慎重に歩けば大丈夫。
DSC_6599

どんよりは続いているけれどまだまだ大丈夫そうです。
DSC_6600

7:27朝日の肩付近まで来ました。
DSC_6601

この日は朝日へは登らずに先を急ぎます。
DSC_6602

しかしこのあたりからどよ~んとした雨雲が急接近Σ(゚д゚;)
DSC_6603
行くか迷いましたが...え~い!!これも修業だ!!

とりあえず三本槍まで(´∀`*)

このあと雨具を念のため着こんで歩きます。

三本槍までは可愛らしいハクサンシャクナゲでしょうか?蕾もまだまだ残っていたのですがカメラをしまいこんでしまったので携帯だけのパチリになりました。

ゴゼンタチバナちゃんなんかも沢山咲いていました。
DSC_6604

9:08三本槍を降りてすぐの分岐へ到着。

真っ白になり始めたのですが大峠方面に進みます...この辺りからもしかしたら今回の山行は修業の道のりになるかもな~なんて思い始めていました。
小雨はぱらついていましたがザーザーではなかったので行っちゃいましょう...
DSC_6605

すぐに鏡ヶ沼展望所らしき場所?全く鏡ヶ沼がみえません。9:11
DSC_6606

そんでもって...最近全く転ぶ事が無くなったと思っていたらこの藪漕ぎのいや~な道で三回程不明瞭な穴ぼこにはまりずっこけました...意外と危険なのねこういう道...^^;
DSC_6607

それでも少しずつお花ちゃんが増えてきます...オノエランちゃんおはよう!!
DSC_6608
ボケボケですが^^;

風もびゅんびゅんになってきましたがお花ちゃんの誘惑でついつい先へ進んでしまう...。

それでも時々ガスが取れると魅力的な稜線が見えてきたりもして...心躍ったりして...この辺りで大峠方面から上がってきた方達に出会い、大峠は結構登ってきてるよ~と伺い、よしこれは行くしかないなと先を急ぎます。
DSC_6610

それにしても真っ白白だな~!!
DSC_6620

ハクサンフウロちゃんかしらねぇ?
DSC_6621

わ~!!こりゃ晴れていたら稜線好きにはたまらない道なんだろうね!!
DSC_6626
実際は風もびゅんびゅん吹き始めてや~な感じになっていたのですが(T_T)

大峠山が見え始めた頃にミネウスユキソウちゃんがちらほら...
DSC_6634

お名前あっているかしら?
DSC_6641
とてもマニュアルで撮れる天候では無かったので...私の腕が無いだけともいう...思いっきりカメラのスマート機能って言うのに頼ってしまいました^^;

ところで、こちらは咲き始めなの?それとも終わってしまった感じ?

そして今回一番見たかったお花ちゃん...ニッコウキスゲ様...
DSC_6660
美しい...でも風で横揺れ激しかったから画面からはみ出しちゃったわ...(_´Д`) アイーン

大峠山の向こうの流石山迄行くと更に素晴らしい景色が待っているらしいのだけれど時間は無いし、強風にあおられまくりで心が折れてしまったのでこの辺りでどうするか一人思案...
DSC_6666

お天気良ければな~
DSC_6673

でもどんより~・゚・(ノД`;)・゚・

シモツケちゃんが終わりかけていましたが沢山咲いていました。
DSC_6679

こんな濃い色もありましたよ~!!
DSC_6692

うっわ~キスゲッ!!キスゲッ!!稜線のキスゲッ!!これまた、たっまら~ん!!
DSC_6695

そしてとうとうお花ちゃんの誘惑に負けてしまい大峠山の直前の大峠まで下ってしまいました...。

こちらのお花ちゃんは?
DSC_6711

うわ~素敵な山だな~(*^^*)
DSC_6734
でも今日は登るの止めとこう~っと!!

大峠まで下る途中にはこんなお花ちゃんもありました。
DSC_6738
ショウマ...何ショウマかしらね?

ヤマオダマキちゃん...うちの庭にも咲いてるよ~?
DSC_6748

んッ?時間ないので調べていませ~ん...どなたかヘルプミーッ!!
DSC_6754

ライスな低木...コメツツジ様...そこから来てるか知りませんが^^;蕾が米の様です...。
DSC_6760
コメツツジ様を撮影していたおじ様とお話をしていたら...いや、私のお歳から見たら兄さんかね?

今朝三斗小屋から来たって人達と会ったんだけど~沢を渡ってきたみたいだね~渡れなくはないみたいだけど...

へ~沢か~?
まっ大丈夫でしょ!!

この軽い気持ち...後ほどプチ後悔する事に(TДT)

大峠へ10:04到着軽くおにぎりを食べてすぐに出発10:11

登り返すのはびゅんびゅんの風の中嫌なので思い切って行っちゃいましょう~
DSC_6762

三斗小屋温泉経由で行きますよ~!!わ~い!!...おいおい('A`|||)
誰か止めとくれ...
DSC_6770


DSC_6775
次は登りに来るからね~待っていてね~!!

歩き始めてしばらくすると...なんか道が荒れていますな~(´・ω・`)
DSC_6781

こちら歩く方はあまりいないのかしら?
DSC_6788

静かだけれど...お~ッ!!そうだッ!!熊鈴、熊鈴...なんか出てきそうだよ~
DSC_6795

沢の道沿いにはサンカヨウの果実。
DSC_6796

カラマツソウちゃんも少しだけ...
DSC_6805
お花ちゃんが...殆ど無い( ̄▽ ̄;)!!ガーン

えッ?ここ渡れってか?
DSC_6809
川幅はそんなに無いのですが流れが意外と早く...足突っ込んだら間違いなくずぶぬれの予感...
DSC_6811
ストック持ってこなかった事に激しく後悔...今度から使わなくても持っていこう!!
そう誓いながらコケで滑りやすくなっている岩へ手をつき四つん這いになりながら渡りました...トホホ...
DSC_6819
地図アプリと見比べると少し道がずれていて心が折れそうに...こちら一応正規のルートよね?

これは修業じゃ!!んッ?修行でもあるか?その道を極めるつもりはないのですが...

とにかくどんな状況でも安全な場所へと心折れないように歩く修業なのだ~!!

もうそんな事を呟きながら歩き続けました...だいじょうぶ、怪我さえしなければいいタイムで歩けてる、ここを頑張ればとりあえず三斗小屋...なんとかなるさ~!!

ここに来るまでに三回転んでいるので転ばないように慎重に歩き続けます。

多分どこにでもあるお花ちゃん、コナスビちゃん...熊さんに出会わないかとびくびくしながら歩く途中で少しだけお花ちゃんパワーに癒されます。
DSC_6826

森のお星様に感謝(*^^*)
DSC_6827

わ~っ!!やっと分岐があったよ~!!
DSC_6828

ブナかな?
DSC_6829
そろそろ熊さんとご対面かしら...

げげげッ!!また沢か~

って地図に載っているでしょ...
DSC_6830


DSC_6831

こちらも意外と流れが...っでどこに足おけばいいんだい?

どこに置いても二足歩行じゃつるっといきそうだな...。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
DSC_6832

仕方がないのでまた四つん這いで渡る事に...

近所のトライアルで買った手袋がびしょびしょになってしまった...でも歩いていたらすぐに乾きました。

安いのに使える!!
DSC_6833

この辺りで地図アプリの再確認...

またもや微妙にずれている...でもしっかり踏み跡はある...そして熊さん出没地の表示!!
DSC_6834

電話してくれって言ったって...電波ありませんので...絶対怪我なんて出来ません...もう、ガラケーに戻そうか...
DSC_6835

写真だと大したことないのだけれど...
DSC_6836
意外につるっつるのプチ岩場は恐怖でした。
しかしなんて沢が沢山あるのでしょう...
DSC_6837

三つ目の沢...ここでも...四つん這い...
DSC_6838
でも思い切って片足をくるぶし少し上まで突っ込んで渡ったら運よく靴の中迄は浸水せず...

ホッ(′∀`)
そのあとはここでいいのかい?
DSC_6839
的な道をすこしずつ上がって行きまして...

おっと?あそこに見えるのはもしかして大峠?
DSC_6840
いや、間違っているかも知れないけれど随分歩いてきたのは確かなはず。

タニギキョウちゃんかしらね?
DSC_6847
もやっとぼやけているので何とも言えないのだけれど...

白い妖精にも見えるけど幽霊にも見える...ギンリョウソウちゃん。
DSC_6852

こちら低山でも見かけるのかもしれないけれど...ヨツバムグラちゃんと言うらしい。
DSC_6863
私のレンズじゃ限界^^;

お~ッ!!あれは~!!
DSC_6869
やっと印らしいものが見えてきました。

そして平らな道をしばらく歩くと分岐発見!!
DSC_6871
ボロボロだからよ~く確認しないとね!!

12:06 見ッ見えてきた~!!人工的な建物~!!
DSC_6876
泊まらない小屋を発見してこんなに嬉しかったのは初めて...

あら~と~っても素敵な予感のお宿ではないの~!!
DSC_6878
温泉に入れるんだよ~!!

あッ日帰りはやってないんだよね...知ってる、知ってる...。

お宿は二つ。

大黒屋さんに...煙草屋さん...。
DSC_6880

まず大黒屋さんの前を通り抜けて...
DSC_6882

分岐を峰の茶屋方面へと進みます。
DSC_6883

煙草屋さんの奥は温泉神社に隠居倉、朝日岳方面へと通じる道。
こちらを手前右側へ進むと峰の茶屋。
DSC_6884
煙草屋さんを過ぎてすぐの道端になにやら可愛らしいお花ちゃん。
DSC_6886
なんだろな~?
DSC_6893
どなたか教えてくりょ!!

ゴールはあと3キロくらいかしらね?
DSC_6900

途中でからっからの喉をうるおし...体力的に問題なかったら持って帰りたい程に美味しい水でした。
DSC_6901

汗だくなのと、パラパラの雨のせいですっかりずぶぬれになってしまったけれど心の余裕も出てきてなんだか清々しくなってきた...
DSC_6902

怖かった沢もここまでくれば安心...
DSC_6905

このぴんぼけ橋の見えた時の嬉しさといったら...
DSC_6906
いつの間にか地図アプリと同じ位置に戻っていました。

13:08那須岳避難小屋に到着...休憩したいけれど全身ずぶぬれで休んだら一気に冷えて歩きたく無くなりそうなので少しずつ峰の茶屋へと向かう事に...
DSC_6910

5分程上がったら朝見た懐かしい風景が見えてきました。
DSC_6911
道幅もちゃんとあるし...。

高度も上がってきました。
DSC_6912

那須岳避難小屋が小さくなってきました。
DSC_6913
最後まで慎重に、慎重に...遭難は気の緩んだ頃におこるもの...この間読んだ遭難の本にはそんな事が書いてあった。

でもあの熊さんの出そうな森からザレザレ登山道へ上がってきたときはとにかく嬉しくて嬉しくて...
DSC_6914
足は疲れているけれど何故か満たされた気持で一杯になった...自己満足の世界なのはわかっているけれど、こい言う瞬間があるから山歩きは止められない...。

北アの道はこんな感じのザレた道が沢山あるのかしら?
DSC_6915

それともゴーロゴロな道?
DSC_6916

13:34そんな事を考えながら上がって行ったらあっという間に峰の茶屋跡。
DSC_6917

こちらからはもう慎重に下るだけ...
DSC_6918

わ~益々悪天候^^;
DSC_6919
また天気のいい日に同じ道を歩きたいな...温泉付きでね...

DSC_6920

14:05無事駐車場に到着!!意外と早く着いた~!!本当は1時半くらいに着きたかったけれど。
DSC_6922
まあ、いいさ!!

去年初めて登った那須岳...鬱蒼とした樹林帯もあればお花ロードもあって...つるっつるのコケなんかも生えている沢もあったりして実に変化に富んでいる...。

こりゃあまた行かなくては...再訪決定!!

今年は那須岳マスターになろうかな...そんなこの日の修業の様な山でのお話なのでした...。

ずぶぬれで冷え冷えなので那須分湯近くにある500円で入れる温泉旅館の日帰り入浴へ入ってから帰路へと着きました...なんだワンコインでいいお湯に浸かれるのね...( ̄ー ̄)ニヤリッ

人気ブログランキング 登山・キャンプへ

再訪那須岳縦走@朝日岳~三本槍岳~茶臼岳 

もうすぐ6月も終わりですね。梅雨は続行中ですがそろそろ夏休みのお宿を予約しないと探すのが大変な時期になってきたので山行計画を立てながらお宿探しをしています...といっても殆どを山の中で過ごす予定なので泊まるお宿は最終日の一軒のみなのですが...。

というわけでそろそろ本気モードでがっつり歩きをしていかないとこりゃぁ夏の大チャレンジが台無しになるぞと二度目の那須岳縦走に行ってきました。

 前回の那須岳...もう乙女心の様にコロコロ変わる秋の空だったのですが今回梅雨にも関わらず素晴らしいお天気に恵まれロープウェイを使うというズルもせずに絶景を楽しみながら歩く事が出来ました。

峠の茶屋の駐車場に車を置いて出発したのは7:03 
DSC_6061
本当は6時に出発する予定だったのだけれど寝坊してしまいこの時間に出発...一人だとついつい自分に甘くなってしまうのよね^^;

歩き始めてすぐにベニサラサドウダンツツジさんのお出迎え(*^^*)
DSC_6063
このお花ちゃんを見ていると家で起きたある悲しい事件を思い出してしまいます...笠間ではつつじ祭りの時に植木屋さんも出店していて珍しいツツジや植木を購入する事が出来るのですがそちらで一目ぼれしたベニサラサちゃんを自宅に植えてしばらくした頃、今は町内で家の敷地でゴミを燃やしたりと言うのが禁止されているのですがこの時はまだ自由にうちの両親が時々私の家の庭の片づけなんかをしながら火燃しをしていたのです~そんなある日なんと植えたばかりのベニサラサちゃんの真横で火を付けたものだからその熱気にやられてしまい...仕事から帰ってきたら葉が焦げていてあららな状態( p_q)エ-ン

文句を言ったら気付かなかっただって。゜゜(´□`。)°゜。ほんまかいな~何故か怪しい関西弁が頭の中でぐるぐるぐるぐる...

そのままベニサラサちゃんは短い一生を終えてしまったという...弁償もしてくれなかった...その上いらない木とかやたらと増えて困るあの植物とか植えたりして(T_T)

草とともに刈り取るのっ、たっいへん!!!

もうッ!!!!!!

そんな気分になってしまいます...今ではすっかり体力が落ちたせいなのか...それとも私が散々文句を言ってきたからか...殆ど介入しなくなりましたが...あの頃勝手に植えられた植物が管理しきれない状態になっています^^;

全く話が逸れてしまいましたが...山の神様にご挨拶したら...
DSC_6064
緑の道を上がっていきます。

しばらくすると右手に朝日岳が見えてきます...ここまでは前回も気持ち良く晴れていたのを覚えていてこんな身近に素晴らしい山があったのかと思ったものです。
DSC_6066

ウラジロヨウラクさんも沢山咲き始めていて...
DSC_6068
そのほかのお花ちゃんもこれからの様子です。
こちらはマルバシモツケちゃん...殆ど蕾だったので今週末辺り咲き始めるかも知れません。
DSC_6070

見て!!この素晴らしい青空!!茶臼岳が見えてきました。
DSC_6071

振り返ると雲海...雲海LOVE(*^^*)
DSC_6074

そして峰の茶屋跡避難小屋が見えてきました!!
DSC_6076
真ん中のポチって見えるのがそうです...前回この風景を青空の中でばっちり見る事が出来なかったのでこれが見たかったのだよ~とすでに大満足...まだ歩き始めたばかりなのにね^^;
DSC_6077
そしてもう一度振り返ると山の間からまた雲海(*゚▽゚*)
DSC_6080
この日はびゅんびゅん吹く風もなく穏やかな稜線...
DSC_6081
あっという間に避難小屋に到着です。7:41
DSC_6082
左の矢印とは反対方向の朝日岳へと向かいます。

剣ヶ峰の横を歩いて行く途中に咲くアカモノちゃん^^かわゆいな~
DSC_6087
左横上を見上げると...んんん!!!?

なんとおじ様が2メートル程登山道からずれて花の写真をパチリしてました^^;

思わず、熊かと思っちゃった!!って笑ってしまいましたがお気をつけてくださいね...滑落したら下は崖ですよ~止まりませんよ~そういう気の緩みが事故へと繋がるのですよ~!!死んじゃいますよ~...と心の中で叫んでいたのは内緒です...。

こちらのモフモフの種子はなんの植物でしょうか?
DSC_6091
余り時間の余裕がないので調べていません...知っている方がいらっしゃいましたら教えてください!!
...後日わかりました!!ミネヤナギ、別名ミヤマヤナギでした^^
奇岩が見えてきましたよ~!!
DSC_6093
名前とかあるのでしょうか?

どんどん進みますよ~
DSC_6094

良~く見ると右側に鎖があります。
DSC_6095
まずはこちらからスタート...傾斜は緩いから気をつけて登れば問題ありません。

もしも転んでもしっかりした鎖が付いているのでこちらに頼れます。
DSC_6096
登っているうちは気がつかないのですが朝日岳から振り返ってみると結構な眺めなのだということも今回始めて知りました。前回は真っ白白~で何も見えなかったので...。

反対側には登ってきた登山道とゴールの茶臼岳が見えます。 
DSC_6097

皆さんこちらはそんなに怖くなさそうな事をヤマレコなんかに書いてらっしゃいますが...私は少し苦手です...でも徐々にこの感覚に慣れていかないと北アルプスへの道は遠いよね...。
DSC_6098

鎖を過ぎてこちらのガレ場を落石起さないように慎重に登ります。
DSC_6099
那須岳は本当によく整備されていてガレ場のあちこちに黄色のマークがついているのでそちらを忠実に歩いて行けば浮いている石は殆どありません...それでも登山道は刻一刻と人の往来で変化しているはずだから一歩一歩を慎重に...。

こちらを上がりきって後ろを振り向くと...
DSC_6100
余り上手く撮れていないけれどきっと会津駒ヶ岳と左側のは燧ケ岳?
DSC_6101
間違っていたらごめんなさいね~おほほほほ~(´∀`*)

右奥には朝日岳が待っているので迷わずそちらへと進みます。
DSC_6102
この選択は間違っていなかった...

朝日岳へ向かって登り始めると低木のクロマメノキが沢山ありました。
DSC_6103
これからお花を咲かせていくのでしょうか...
DSC_6104
朝日岳を降りたら反対側のあちら側へと進みます。
DSC_6105
その前に朝日岳の上からお隣の茶臼ヶ岳をパチリ(´∀`)
DSC_6106
下界はまだ曇りなのかしらね?
DSC_6110
証拠の品をパチリ!!
DSC_6111

DSC_6112

DSC_6113
おんなじ様な写真が続いてしまいました...
DSC_6114

山頂から来た道をよく見ると小さな団体様が見えます。こちらから見ると凄い所だけれど登っている時は意外と怖く感じません...実際に歩いてみないとわからないものですね。
DSC_6116

さて、三本槍さんが待っているので降りるとしましょうか。
DSC_6118

一度左側に見える朝日の肩迄下ってからしばらく登ったり下ったりが続きます。
DSC_6119
その前にもう一度雲海パチリ!!
DSC_6120

あっという間に降りて朝日岳の反対側へときました。
DSC_6121


清水平方面に向かう途中遥か彼方に雪渓の様なものが見えます。
DSC_6122
雪渓なのかな?清水平へと下る階段の途中ではウラジロヨウラクちゃん花盛り(*^^*)
DSC_6128

DSC_6129
ブルーベリーの花に似ているのですがもしかしてそんな実がなったりしますかね?

清水平は少しだけ木道歩き...この先はところどころぬかるんでいるのでスパッツを装着した方がいいかもしれません。私はこちらへ向かう途中で暑さに負け外してしまったで少しだけ後悔^^;
DSC_6130

ハイマツの樹林帯に入ると可愛らしいお花ちゃんたちがボチボチ...
DSC_6135
ミツバオウレンちゃんは終わりかけですかね...ボケてるけれど載せてしまいました...こういうお花ちゃんがあるよと言う事で...

ところで、こちらのお花ちゃん...花弁の枚数は多いのですがツマトリソウちゃんのでは無さそう...中心部分はどちらかと言うとミツバオウレンちゃん...。
DSC_6143
うーむ...どっちかな?

そしてコイワカガミちゃんも見頃は過ぎている感じはありましたがまだまだありました。
DSC_6151

実は今回の計画の中に北温泉へ降りてみようかなというのもあったのですがスタートが遅かったのと夕方には自宅に戻らなくてはというのがあったのでまた次回と言う事に...
DSC_6165
スノーシューを体験したあのスキー場へでるのよね?

あの赤いのはなんだろうと良く見てみると...
DSC_6166
ハイマツの雄花の蕾!!もう少し赤味がかっていたのですが私の技術では^^;
DSC_6168
こんな色の蕾を付けるとは...驚きだね!!

ツマトリソウちゃんもひっそりといましたよ~!!
DSC_6171

そしてベニサラサちゃん...
DSC_6181

三本槍に着いたよ~!!9:52
DSC_6186
10時着を目指していたのでいいタイムです...しかしここまで来る間に暑くなり始めて大変だった~!!夏は早出しないと那須岳縦走は大変だね^^;
DSC_6189
おにぎり一個だけ食べたらいよいよ茶臼へと向かいます。

今回北アの歩きを想定して余りゆっくり食事の時間をとらなくていいようにチューブ状の小さなドリンク...170カロリーあります...等を活用してみたのですが...これが私のお口にとってもあわなくて(_´Д`) アイーン

でも我慢してちびちび立ち止まった時に補給していたからかシャリバテになる事も無く朝のおにぎり1個、ゼリー状のドリンク剤1本(リポビタンみたいな味がするやつ)、それに三本槍でのおにぎり1個で歩き切ることが出来ました。そのほかのオヤツは全く手を付けず...なのであのお口に合わないちっちゃいヤツも採用するかも^^;

三本槍に着いたときは一人占めだったけれどしばらくしてから賑やかになってきたので退散する事に。
DSC_6191
遥か彼方のあの峰へ出発!!


DSC_6192
ガスが出始めました。急げ急げ!!

それでも時々お花ちゃんの誘惑にあいツイツイ立ち止まってしまう...
DSC_6203
そしてもう一度ハイマツの樹林帯を抜けて...
DSC_6214

ツマトリソウちゃんの蕾を確認しながら...
DSC_6229

秋もナナカマドとか綺麗なんだろうな...なんて想像しつつ...
DSC_6231

清水平らで仲間の荷物の番をしながらお昼寝中の方の横を熊鈴で邪魔をしつつ...すみません^^;
DSC_6232
登り返すのか~!!と思いつつも...

こんな可愛らしい蕾を発見したらまた来たくなっちゃうな~なんて思ったりして...
DSC_6234
一人歩きはおしゃべりしない分いろんな事を考えてしまう。
DSC_6239

そして辛い登り返しが終了したらクロマメノキのお花ちゃんが待っていてくれました。
DSC_6240
実がね...ブルーベリーみたいなのです...。

そして、こちらはおそらくベニバナツクバネウツギかな?
DSC_6244

朝日の肩を下って鎖の道を通り越したら素敵な声がする...あなたはだあれ?
DSC_6245 (2)
人懐っこいイワヒバリさんでした。
DSC_6246

あっちにいったり...
DSC_6247
こっちにいったり...
DSC_6248
しばらく翻弄されながらも可愛らしい囀りに聞き入ります。
DSC_6249

しばらくしたら下を向いて勢いよくダイブしてどこかへ消えてしまいました。
DSC_6250


ここまできたら避難小屋まであと少し...
DSC_6251

DSC_6252
しっかし、奇岩が楽しいね~
DSC_6255

さあ!!いよいよ最終目的地の茶臼へと向かいます。
DSC_6256
白いモクモクは活火山の証...硫黄が苦手な方には大変なお山かも知れません。

荒涼とした感じがたまりませんわ~!!
DSC_6258
こちらは霧の方のガス...午後が近づくにつれて天気が崩れ始めました。
DSC_6259
見えてきた、見えてきた、山頂と...
DSC_6260
鳥居...あと少し!!
DSC_6261
は~い!!茶臼岳に到着!!
DSC_6262
前回よりはかなりマシとはいえ、ガスってきてしまい少々残念...
DSC_6263
山頂からは少しだけひょうたん池?の様なものを見る事が出来ました。
DSC_6267
お鉢巡りを歩いていると小学生軍団を発見!!
DSC_6272
下山で少しかぶるかな?と思いましたが皆さんお行儀のいい子たちで私に道を譲ってくれました。先生達の指導も良かったのかな...。
DSC_6274

この遥か向こうから歩いてきたのです。
DSC_6275
下には避難小屋付近でお弁当を広げる他の小学生軍団。
あちらから登ってきたのか~こりゃあ前回と全く別世界...素晴らしい山なのだね...と改めて。

左手を見ると時々モクモクの硫黄からくるガス
DSC_6282

避難小屋付近ではもうひとつの小学生軍団...
DSC_6283
遠足日和で良かったね^^
道あけてくれてありがとうございました。

行きはロープウェイ使っちゃおうか...とか、三本槍のピストンでもいいか...とか弱気だったけれど...
DSC_6284


DSC_6285
結局帰りに朝日岳を左手に見ながら余力もまだまだ...
DSC_6286
予定通りに13:30駐車場に到着。
DSC_6292
駒犬さんにお礼を言って山の神様に帰りに必ずお賽銭入れますので...の約束も果たしつつ...久しぶりのがっつり歩きは終了するのでした。

久しぶりにしっかりと歩いて満足だったけれどまだまだこんなんじゃ足りないよな...精進しなくては!!

そんな事も考えたりするそんな山行でのお話でした(*'-'*)


帰りは往路で発見した那珂川温泉皆幸乃湯に立ち寄りました...お肌に良さそうなお湯でした!!




人気ブログランキング 登山・キャンプへ

乙女心と那須の山@朝日岳~三本槍岳~茶臼岳~那須ロープウェイ駅

フフフ...乙女って年でも無くなりましたがね(´∀`*)
乙女心のようにころころ変化して行く那須の山へ行って来ました。

那須は笠間から高速を使わなくても朝早くに出れば2時間半程で行ける所なので...というか高速を使うと20キロも遠くなると言う...^^;そんなに遠くないと言うのもあり何度も観光には訪れていたのですが実は一度も那須のお山へは登った事が無いのでそろそろ登ってみたいなと思っていたところ、まつお君が百名山好きになってきたのでいい機会かなと...

でも、登るんだったら3つの山へ登らないと百名山にはならないよ~な?

茶臼岳のみだと手ごたえ無いよ~な?

だから、朝日岳、三本槍岳、茶臼岳...全部行かなくては!!
まっ、行ける所まで行ってみましょう~

今回も男体山で一緒に登ったH美さんと一緒に...この日はH美さんが車を出してくれたので久しぶりに長距離運転の辛さから逃れルンルン('▽'*)ニパッ♪4時にうちへ来てもらいロープウェイの駐車場へ着いたのは6時半過ぎだったでしょうか...ナビの到着予測は3時間だったのですが思っていたよりもすいすいと那須まで来れたので2時間半程で着く事が出来ました。
まっちろけっけ~(;´Д`)
_DSC1605

準備をしてロープウェイ隣の登山道から入って行きます。
_DSC1606
三斗小屋へも行ってみたいね~。
_DSC1607
熊注意の看板があったけれど朝っぱらからげらげら大きな声で歩いていたら流石の熊さんも退散するわねきっと...こちらは峠の茶屋迄の道です。

少しだけ秋のお花ちゃん達が咲いていました。
_DSC1609
オトギリソウかしら?
花が少し大きい様な気がするけれど...。
_DSC1608
違うかな~?

とりあえずトイレによって出発したのですがトイレの後ろ辺りにショートカットがあったのに気付かず少しだけ遠回りしてしまいました^^;
_DSC1611

駐車場上には茶屋が立ち並んでいましたがどちらもまだ閉っていました。
_DSC1613

茶屋のすぐ先から本格的に登山道へ入ります。
_DSC1614
こちらの先には鳥居があり...
_DSC1615

_DSC1616
駒犬の間を入って行きます。

参道には終わりかけの...
DSC_1627
ミヤマアキノキリンソウちゃん。

そしてこれからの...
DSC_1623
エゾリンドウちゃんなどがありました。

やはり少しずつ秋は始まっているようで...
DSC_1635
果実も赤くなり始めていました。
DSC_1638

ホツツジちゃんなんかも見られました。
DSC_1646
この時天気はそんなに悪くなく...
DSC_1656
わ~お~!!

かっこい~山が見えてきました...朝日岳です。

まずあちらから目指します。

DSC_1660
こちらからの眺めが本当にステキで...
DSC_1663
やたらとパチリとしまくってしまいました...。

あ~!!なんで今まで来なかったのだろう?!
DSC_1672
那須にこんなに素晴らしい山があるなんて!!

な~んて、まだ一座も完了していないのにテンション上がりっぱなしです。
DSC_1677
お腹いっぱ~い...じゃなかった...胸いっぱ~い!!
DSC_1684
少しだけガレていますがゆっくり登れば大丈夫。
DSC_1692
待っていてね~!!

DSC_1713
少しずつガスが出始めてはきましたが...
DSC_1726
まだまだいい感じ^^
DSC_1731
登り始めは少し暑かったけれどこちらまで来ると心地よい秋の風が吹いていました。
DSC_1739
天気がいいとお花ちゃんも嬉しそうです。
DSC_1754
ウラジロタデちゃん?

こういう荒涼とした場所がよく似合うお花ちゃんです。

DSC_1762
あらら~?とうとうガスが...。
DSC_1778
出てきてしまいました...ガ~ン(T_T)

でもまだ行けるわね...
DSC_1782
きっと晴れていたらもっとスカッとする登山道なのでしょうね...。

これでも十分感動でしたが...。

おっ!?あれは?
DSC_1788
峰の茶屋跡避難小屋が見えてきました。

晴れていたらすっごいナイスな眺めなんだろな~!!

これでも十分感動だけれど...と言う負け惜しみを呟いてみました( p_q)エ-ン

道の横には自然からの贈り物...
DSC_1791
ヒメクロマメノキ...どうやらブルーベリーの仲間らしく熊さんの好物だそうなオオーw(*゚o゚*)w

こちらと一緒にやはり食べる事の出来るガンコウランの実が少しだけ残っていました。

人間はとっちゃだめですよ...勿論...。

DSC_1800
ちょっと遠くて判別できないのですがエゾリンドウちゃんも混ざっているようです。

葉が細いのがそうなのかな?花の色も紫の色が強く濃く出ています。
この辺りまで来るとうっすらと硫黄の様な匂いがしてきました...茶臼は活火山なのでね...。

峰の茶屋跡へ到着8:30
DSC_1817

左へ行くと茶臼方面、右へ進むと朝日、三本槍方面...まず、朝日、三本槍の順で行きます。

う~ん...
DSC_1831
なんだか益々曇ってきたぞ...。
DSC_1834
道幅が狭いので慎重に進みます...途中まつお君が右寄りに転びそうになって焦りましたΣ(゚д゚;)

これは落ちたら中々止まりませんよきっと...。

少しだけガスがとれ、反対側には歩いてきた道が見えてきました。
DSC_1844
でもすぐにまたガスが出始める...
_DSC1852
あれま...
_DSC1853
しかしそれもまた幻想的...
_DSC1854
こちらが那須とは思えない...いままで怪しいテーマパークか子連れだと入りにくいおしゃれなレストランやカフェのイメージが植え付けられている...。

でも違うのだね!!
那須ってこんな広大な景色が見られる場所なんです!!

_DSC1855
しばらくこの荒涼とした雰囲気が続きます。
_DSC1856
う~ん...たまりません...。

_DSC1857
しかも道がよく整備されている...。

_DSC1858
ガスっているのがとにかく残念!!

ぼちぼち鎖付きの階段が見えてきました。
_DSC1860
この先は鎖場も出てくるので慎重に進まなくてはいけません。
_DSC1861
また、まっちろけっけになっちゃったよ~ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!
_DSC1863
それでもまだまだ大丈夫そうなので先へ進みます。
_DSC1864
ごろごろの岩と粘土質の地面に足をとられないように慎重に、慎重に...。

私が先行していたので殆ど人が映ってません^^;
_DSC1866
こちらは一番怖かったかな...
_DSC1867
H美さんが撮ったものをいただきました。
画像1
こんな感じと...
画像3
こんな感じ...ね?ちょっと怖そうでしょ?

でもゆっくり進めば大丈夫!!

そしてこちらを登れば...
_DSC1869
とにかくこの辺りの眺めは最高でした!!
_DSC1896
朝日岳来た~!!

ウハッ.。゚+.(・∀・)゚+.゚
_DSC1899
三本槍へはあちら方面へ進みますが...
DSC_1886
DSC_1879

まずは朝日に寄ってから...
DSC_1906
到着!!9:27
DSC_1913
羽蟻の大群がいたのですぐに撤退...首のあたりに入り込んでチクリと咬まれてしまいました(;´Д`)

さっきまで晴れていたと思ったらまたもや...
DSC_1933
こんなのばかりだね...
DSC_1938
さ、頑張って三本槍を目指しましょう!!

この日の那須のお山は本当に乙女心のようでした...まっ秋だしね...。
DSC_1941
でガスがとれた瞬間にこの素晴らしい稜線を歩けるのは...
DSC_1959
気分がいいですよ^^

そして...
DSC_1975
清水平の湿地が見えてきました。

ぐんぐん下って...
_DSC1980
清水平到着10:15
_DSC1982
少しだけ湿原を歩きます。

こんなに降りてまた登るのかと思うとハ~ってため息つきたくなりますが...
DSC_1984
こんな可愛らしい果実...コケモモちゃんこんにちは(*^^*)
DSC_1991
お花ちゃんとかに...
_DSC1995
励まされていると
_DSC1998
ぐんぐん足が進みます。

こちらを苦手な方は結構多いかも...
_DSC1999
キアゲハの幼虫くんらしいです。
私も実は苦手で~す^^;

しかしなんであんなに別物になってしまうのでしょうね...不思議な生物...。

意外と思っていたよりアップダウンもありませんしとにかく歩きやすくていい道です。

思っていたよりあっという間に...
_DSC2000

三本槍岳到着!!11:12
_DSC2004
向こう側はガスが出ていますがこちら側はかなり暑くて...蝶が沢山遊びに来ていました。
_DSC2039
一見地味なキベリタテハ...
_DSC2041
羽を広げるとこんなに華やか...
_DSC2042
何が何だかわからないのですがこちらのキベリタテハさんは妙に人懐っこいのでした(*^^*)

さ、この辺でランチにしましょうか!!

百均で手に入れた...
_DSC2006
フォーセット使いま~す^^

水と一緒に自家製とり団子を入れてしばらく温めます。
DSC_2021
沸騰してきたら麺を加えてしばらくグラグラ...
DSC_2024
最後にナンプラーの入ったスープのもとで味付けして青ネギを加えたら...
DSC_2031
出来上がり~!!
DSC_2033
お味は鶏団子の味が効いていてサイコ~!!

...だったのだけれど...なんでこのタイミングって位にカンカン照りの上に(´Д⊂)

ハエ君、大集合~!!

ランチだよ!!全員集合~!!

の勢い...いったいどこに隠れていたのだか...とにかくハエ軍団の襲撃に遭いご飯食べてるどころではなくなってしまいました...ナンプラーの香りも効いていたのだろうね...トホホ。

その後やってきたおじ様、おば様パーティーのお弁当にハエ軍団が分散され始めたのでなんとか食べ終える事が出来たのですが...参りましたわ...。

というわけで無事なんとかランチも終了したのでさあ、最後の茶臼へ行くよ~!!

出発11:12

ところで、那須のお山はロイヤルファミリーも登るだけあってかなりの整備がされているのですが今回こういったものを沢山見かけました。
DSC_2087
んじゃ~、疲れたからそろそろ呼びますか~!!

おいおい、まさかそんな人いないだろうけれど...なんだかこの後3人で遭難についての話していたら話が脱線してきて、H美さんがヘリコプターの音真似をしてくれるのでした。

shitatatatata...っていうらしいです...。

くれぐれも本物のshitatatataを呼ばないように気を付けて歩かないとね...。

ふざけているのか真面目なのかわからなくなってきましたが...朝日岳の分岐に戻ってきたので元の鎖場を戻ります。上の33番はそのあたりの番号だったかな?と思います。

そして14:08峰の茶屋跡から茶臼にアタック開始です。

ロープウェイで下山予定だったのでガスで止まったりしないのか心配になり茶臼から降りてきたおじ様にまつお君が、ロープウェイ動いてますか?と突然の質問。

相当風が吹かないと止まらないそうで...ホッ...。

こちらからは本当にまっちろちろで...眺望はありませんでした...。
_DSC2125
幸いながら那須の山々はくっきりとわかりやすい黄色のペイントが見つかりやすく...
_DSC2126
迷う事は殆どないでしょう。

こんな中にも可愛らしいお花ちゃん...
_DSC2127
こんな天候だと尚更励まされたりして...
_DSC2128
シラタマノキの果実?

最初お花かと思ったのですが帰ってからアップで撮ったものを確認したところ果実と言う事で...
_DSC2131
群生している場所がありました。

分岐を過ぎたころ道の整備に携わっている方に出会い再度ロープウェイの運航について確認したところ...台風でも来なければ止まらないと言う事で...いや~この方かなりのお話好きで...と言うかあんな所で一人で作業していると人恋しくなるのか?結構いろんなこちらのお山にまつわるお話を聞く事が出来ました。

まず、一個目~

ロープウェイからのお客さんは登山客ではなく観光がてらくる方が多いせいかサンダルで登って来て生爪剥がしたりΣ( ̄ロ ̄|||)

バランス崩して転んで頭打ったりする人もいる...こわっ...サンダルとかある意味勇気あるね...褒めていませんよ~!!

二個目~
整備用に置いておいたハサミを盗まれたそうな...Σヾ( ̄0 ̄;ノ

どろぼうだよ...それって...きっと頭の悪い人なんだね...。

三個目~
トイレの始末...沢山落ちてるんだってさ!!汚いな!!なんとかしなさいよ!!

そして一番驚いたのは...
四個目~
頂上のおさい銭箱が木製から石に変わった理由...

木のさい銭箱壊して泥棒されたんだって~(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

一般の登山者でない事を祈りますが...

山に登るからっていい人ばかりじゃないんだよね!!

ってその方の言葉がずっと降りてきてから突き刺さっています...。

山で楽しむためにも最低限の人としてのマナーを守らなくてはね...(p_q*)シクシク


あっ、とは言えその方の名誉にかけてとてもフレンドリーな楽しいお兄さんなのでした!!

そうそう、山頂到着は...14:46
DSC_2135

うわ~!!遅くなってしまった~!!
DSC_2148
ってその後例の話を聞いていたら更に遅くなってしまったのだけれどね^^;
DSC_2178
結局ロープウェイの駅に到着したのは15:30
DSC_2208
最後は霧雨から雨脚が強くなり少し心配だったけれどなんとか無事に到着、最後は中々為になる那須連山のお話を聞けた楽しい山でのお話なのでした...。

なんだ?そのポーズ!?

帰りは鹿の湯へ寄って帰ってきました。
DSC_2239
硫黄の香りが強烈で次の日もにおいが染み付いていましたとさ...
DSC_2241
乙女の心のようにころころ変わる那須の山...今度は快晴の日に行ってみたいな~.。゚+.(・∀・)゚+.゚
DSC_2218


QRコード
QRコード
最新コメント
記事検索
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。