ちょっと田舎で暮らしてみよう

将来の夢は超田舎でのんびり暮らすこと...だったのですがいろんな子どもたちと接するうちに、子どもたちの未来の為に自立へと向うお手伝いがしたいと思うようになりました。 まだまだ私の中の小さな夢、ずっと先の話にはなりそうですが...そして妄想の段階...。 大好きな山歩きや野菜づくり、食育を通してこの夢をいつかかなえるか、妄想で終わるのか!! 中途半端な田舎で仕事しながら何が出来るか模索中の私です。 とは言え、まだまだ模索の段階なので日々の出来事や山の出来事を中心に書いています。

筑波山の野草

里山トレーニング@表筑波

ど~も~今回は午後5時のシンデレラで~す^^

この週は休みも多いのですが家でこつこつしなくてはならない事がありまして毎日家にこもってそれをこなそうと誓ったのですが...やはり家にばかりいると体と心の調子がイマイチな感じなので...

山行くよ~!!
...と表筑波をトレーニングがてら行って来ました。

もうすぐ会津駒ヶ岳へも行きますからね体がなまっては大変です。

まつお君を学校へ送り出してから家を出たので登山口へ着いたのは9時半過ぎ。
迎場コースからの出発です。
DSC_5412
登山道へ入るとヒノキに絡まったイワガラミちゃんがお出迎えです。

道の横には...
DSC_5438
ヤマアジサイの可憐な花が(*^^*)

この日は梅雨のせいかこちらの道には山からの水が流れていました。
DSC_5442
冬は枯れていた場所も小さな小川のようになっています。
DSC_5447
スギとヒノキの森ではどこにいるのかわからないけれど心地良い小鳥たちの声が響き渡っています。
DSC_5452

平日だというのにハイカーの方たちが沢山いらっしゃっていて私とは反対の神社側から上がってくる方達に結構出会いました。

冬に枯れていた沢へ来てみてびっくり!!
DSC_5460
結構な量の水が流れていてまるで違った風景が現れていました。
DSC_5466
どんな山でも季節ごとの顔を見せてくれるものなのですね。
DSC_5469
裏筑波にも負けない水の量に心がワクワクする半面雨の日の登山道の変わりようを想像して怖くなったりもします。
DSC_5472
しかし本当にこちらは今まで見てきた表筑波の風景なのかと言うほどの水の清らかさ...山って本当に神秘的です。

こちらの登山道にはこんなお花がありました。
DSC_5487
こちらはつぼみ。
DSC_5492
少しだけ咲き始めのオオバジャノヒゲちゃん...。

リュウノヒゲではなく蛇のヒゲ?なのでしょうか?

下りなのであっという間に迎場コースを終了。
DSC_5497
すっきりしない天気...。

神社へと向う途中の橋を渡る前に...
DSC_5502
ビワの大木発見!!
こんなに大きな木にビワの実があんなになっているのを見るのは初めてです。

ビワ食べた~い!!

でもあんなになっていて美味しいのかしら...ナゾ...。

ビワの木がある沢も結構な量の水が流れていました。
DSC_5507

神社の裏側からお邪魔すると立派な銀杏の木。
夏が近付くとこんなに生命力にあふれているのですね。
DSC_5517
秋は見事な黄葉が約束されています。

反対側には丸葉楠
DSC_5527
楠の変種で普通の楠の葉よりも丸い大きな葉が特徴でつくば市指定の天然記念物だそうです。

神社仏閣ってなんか好きなんですよね...落ち着くし、普段は無神論者なのにお参りすると何故か心が清らかに引き締まったような気がしてしまう...。
DSC_5537
だから全部の神様にご挨拶は中々沢山いて大変だけれど神社のある山に来た時はなるべくお参りをするようにしています。

知ってます?

こちらは縁結びの山として最近人気なんだそうですよ^^

まっ、私には全く関係のない話となりましたが...。


さあ、これからが本番です。ちょこっときつめの登りを行きますよ。
DSC_5538
登り始めに可愛らしいウツボグサちゃんが一輪だけ...。

こんな登山道の真ん中にふんずけられずになんてラッキーなお花ちゃん^^

以前に比べたらきついと感じなくなったこの道も暑いとばて易い...。
DSC_5553
こまめに水分を摂ったり行動食を口に入れないといきなりガンっと歩く気力を失ってしまう...特に汗を大量にかくこれからの季節は大人よりも子どもが急にバテる事が多いので気を付けてあげなくては...。

でも、スポーツ飲料の飲みすぎや行動食の摂りすぎもデブのもとだからね...その点も気を付けて行かなくては...。

DSC_5568
最初の登りでどっと汗をかきましたがあっという間に中間地点登りと下りのケーブルカーがすれ違う場所に到着。

DSC_5573
オカトラノオちゃんが咲いていてしばし癒されます。

この花を見ると暑い夏の里山でまつお君と歩いた日の事を思い出します。
今みたいに遠出を頻繁にする機会も余りないから...小さかったしね、歩ける距離も限られていたから...真夏だろうが、蚊に刺されようが里山歩きをしていました...朝早く起きてね。

そんな暑い日にカラッカラの里山で咲いていた華やかな花...。

これって梅雨に咲く花だったのかな~?

でも私の記憶は暑い夏の花...もしかしたら梅雨の終わりの頃だったのかもしれません。

こちらで降りてきたおば様としばらく立ち話...。

あっついですね~!!

登りは大変よね~!!どこから登って来たの?

つつじヶ丘から来てこれから上まで行ってそこからまたつつじヶ丘へ降りる予定です。夏に行きたい山があるので時間がある時はトレーニングついでに歩こうかななんて思ってまして...。

その後延々とお互いの行きたい山の話がはじまる...。

おば様は飛騨山脈の赤牛岳と水晶岳のダイナミックなルートを行くのだと仰っていました。

実は私余り山の知識が無いので赤牛と水晶と言われて何の事だか初めちんぷんかんぷんで...話の腰を折るのも何だか悪くて...知ったかぶりをしていたのですが帰ってからヤマレコを早速開いてルートを調べてみたところかなりのダイナミック、かつナイスビュールート!!

あ~私もいつか行ってみたい...。

そしてこちらのおば様のようにいつまでもそんなダイナミックルートを歩けるように健康でいたいな...なんて思いました。

山であいさつするのは当たり前なのですがこうやって山の話をしたりすることで新しい世界が広がっていく...行きたい山や選択肢も増えてきて楽しくてどんどん山が好きになる...。だから山で出会った方たちにはいろんな話を聞きたいなと思います。

そういったことも山に登る楽しみかな...。

おば様にお別れを言いまたしばらく汗だくになりながら登って行きます。
DSC_5603
しばらくこんな感じなのですが時々...
DSC_5610
清楚なショウマちゃんに癒されつつ(*^^*)

ヤマブキショウマなのか...アカショウマなのか...。

さっぱり見分けがつきません!!

お手上げで~す^^;

いつもの大木達にご挨拶。
DSC_5628
また来たよ^^
DSC_5638
まだまだ元気そうでよかった!
大木の後ろには...
DSC_5647
豊富な湧水が...。
DSC_5652
道の方迄流れ出ています。
DSC_5661
まだ新緑の雰囲気を残している木々のそばまで来れば...
DSC_5679
この階段を上がれば...
DSC_5697
御幸ヶ原までもう少し...
DSC_5706
かき氷の旗とコカコーラのパラソルが見えてきた!!
DSC_5714
やはりこれは絶対に...
DSC_5723
ゲットしなくては...
DSC_5726
まつお君には内緒だよ~!!

なんて、最近dsで見る事が出来るようになってしまったのでバレバレなのですが^^;

立ち止ってかき氷など食べていると冷え冷えになってきたので見浦亭のおばちゃんに寒くなってきたらまた来ます。と簡単にご挨拶して早々と退散...。

しばらくは暑いから栃木、埼玉、東北...そして山梨も視野に入れて山歩きをするつもりなので筑波山はしばらくお休みです...でも物凄い早朝だったら行けるかな...。

女体山方面へ歩いて行くと...
DSC_5745
モミジイチゴ
こちらは...
DSC_5756
ナナカマド...かな?
DSC_5761
この時期に実が赤くなるのかな?

間違っていたらごめんなさ~い^^;

シモツケのお花ちゃんをパチリしたら...
DSC_5786
近くの休憩所でランチタ~イム!!
DSC_5794
今回は突然来る事になったのでコンビニで調達。

いつもの料理ショーはなしです^^;

お腹もいっぱいになったので女体山神社へ向い歩いていると...
DSC_5822
ウツギのお花ちゃんがお出迎え^^

混雑が余り好きではないので立ち寄らない事が多いのですが久しぶりにこんにちは^^
DSC_5824
ご無沙汰していてすみません...。
DSC_5825
休日に訪れるといつも人であふれている頂上も今回は空いていていい感じ...しかし曇っているので余り眺めはいいとは言えないけれど。
DSC_5826

トンボ君も一休み(*^^*)
DSC_5827

さあ、今度は降りるよ~!!

今回はおなじみの所はかなり割愛して...
DSC_5836
でも、大仏さんへはご挨拶していると...

ケキョケキョケキョケキョ!!キョキョキョキョ~

ウグイスの声...見上げると...
DSC_5847
すぐ近くまで来ていました...顔が枝で隠れて上手く撮れなかった^^;残念!!

今回新しい発見をしました。
DSC_5885
こちらサルナシのお花ちゃん。

こちらの花が終わるとキウイよりはかなり小さいのですが似た実を付けるそうです。しかも食べられるそうで...。
甘酸っぱいらしい...。

もう少し調べてみるとどうやらまたたびの仲間でもあり...そういえばキウイもまたたびの仲間で昔実家のキウイの木に猫がよく遊びに来ていたよな...とふと思い出す...。

サルナシ、機会があったら是非是非たべてみたいな~!!

あちこち見まわしてゆっくり歩いていると...
DSC_5905
凄い色のキノコ発見...。

これは!!
DSC_5914
何の実でしょうね...怪獣の手みたいです。
DSC_5918
森の中はまだまだ知らないことだらけ...。

どんどん下って奇岩の横をふと見上げると...
DSC_5928
イワギボウシってやつかしらね?
岩に張り付く根性のある姿が何ともステキです。
DSC_5952
山の草木の生命力ってホントに凄いな...。
DSC_5991
この生命力を体いっぱいに受け止めたい...。
DSC_5993
こちらの実を狙ってか黄色い小鳥ちゃんがうろちょろ...。

しかしかなりのすばしっこさで全く撮れませんでした^^;

そのかわりにこんな出会いがありました。
DSC_6010
幼虫は触ると痛そうな毛虫なのだけれどこんなキレイな蝶になるのだね...。
ヒオドシチョウ
じっとしていてくれてありがとう^^

私の好きなお花ちゃん(*^^*)
DSC_6034
ちょっと離れた所には...
DSC_6040
ヤマボウシ?ハナミズキ?遠くて判別不可...。

そしてこちら...
DSC_6063
なんだと思います?
DSC_6092
実はね...オオバギボウシ...
DSC_6099
これから横の花芽が一つずつ飛び出してきてギボウシらしい花を咲かせるそうです。

何年か前に一輪だけ近所の山で見かけてなんだろうってずっと思っていたので今回わかってかなりスッキリ!!

なじみのホタルブクロ等も...
DSC_6077
まだまだつぼみが沢山で楽しめそうです。
DSC_6088
ようく見ると...
DSC_6119
タカトウダイ
またもや...
DSC_6124
オカトラノオ

そして...
DSC_6142
ノカンゾウ

こちらは...
DSC_6196
テリハノイバラ

紫陽花が見えたらもうすぐゴール...。
DSC_6166
どちらが好み?
DSC_6175
私はこちらが好みです^^

どこでも環境が合えばどんどん増えて行く...
DSC_6203
ネジバナ

暑かった~!!けれど歩いた後のこの心地よさがたまらないのだよね~!!
そう思う表筑波での里山トレーニングのお話なのでした...。

さて、来週はいよいよお久しぶりの会津駒ヶ岳...まだ雪が残っているみたいだけれどお花ちゃんも沢山咲き始めているようでワクワクドキドキ(*^^*)

どうか、いいお天気に恵まれますように...。

その前にもうひと山行きたいのだけど...微妙な天気だよな~日曜は行けないしな...さあ、どうしましょうね!!




お花のオアシス裏筑波

今年度の登山終了宣言をまつお君から告げられがっかりしていたのですが、そのせいか免疫力がガ~ンと落ち久しぶりに風邪をひいてしまいました...単に夜更かししていたという説もありますが...山に行かないと夜更かしするので風邪をひくのです...。

なのでいつもの駄目もとでしつこくお願いしていると筑波山ならいいよ~という事で...以前から行ってみたかったマイナールート、湯袋峠を下ったところの関東ふれあいの道の裏登山道からの初登山です。

筑波山というと表登山道が主なルートなのですが実はこちらの登山道自然豊かでお花も沢山という事でいつか行ってみたいと思っていたのです。
IMG_6960
このお花には絶対に会いたかったのです...。

はい!!という訳で湯袋峠800メートルほど下ったところの駐車場へ9時半頃に到着も...どちらが登山道かわからずしばし呆然...下調べしたのに駐車場わきの分岐は湯袋方面しか表していなくて...というか片側壊れて無くなっていた^^;

とりあえずこちら駐車場上の伐採してある下の道を確認してみると...ウ~ン...確かに踏み跡はあるけれど私達が行けるような道ではない...。駐車場に戻ってくると登山者らしき方がいらっしゃったので
「こちらの道は荒れていて行ける感じではないのですがキャンプ場への道はどちらから入るのですか?」
と聞くと
「ここからでも登れると思うけど...キャンプ場への道は車道を歩いて行くと左側にあるよ。」
という事で...人がいて良かったよ...でも、もうちょっと下調べしとくんだった...と反省しつつこちらを9:56出発。
IMG_6896
車道は狭い割に交通量が多くて...しかも大型トラックとか...車が怖い...でも道路わきにはこんな清流が流れているのです。
IMG_6897
ゴミのポイ捨てが気になったけれど...。

10:02登山道入り口に到着
IMG_6899

こちらの橋を渡ったら...
IMG_6900
沢沿いに登山開始です。
IMG_6901

IMG_6902

最初の道は普通な感じ特に登りにくい所も無くしばらく緩やかな登りが続きます。
IMG_6904
10:04分岐の先に...
IMG_6905
二またの道があり目立たない石の分岐が地面に置いてあります...。左へ進みます。
これは調べといてよかったわ^^;上ばかりとかよそ見していると見失うし...。
IMG_6906
こちらを進むと趣のある石畳の道が現れます。
IMG_6907

ぼちぼち可愛らいらしいお花が登場です。
IMG_6909
ミヤマカタバミ
まだまだつぼみのものが沢山あったのでこれからが見頃ですね^^
IMG_6911

小さな花もあちらこちらに見逃さないように
IMG_6910
ユリワサビ

いまいちピントが合わずですが...
IMG_6916
IMG_7015
トウゴクサバノオ
花が開ききるとまた違う感じになると思います。

スミレはこんな風に巻いてしまうと画像では見分けがつきにくいですね...。
IMG_6925
葉の形で...ナガバノスミレサイシンでしょうか...。

こちらもぼやけてしまい見分けがつきにくいのですが...
IMG_6924
ミミガタテンナンショウかと...。

こうやっていちいち立ち止っていると鬱蒼とした杉林の嫌いなまつお君はどんどん進んで行ってしまうので...(汗)
花に興味が無いので尚更なのでしょうが...。
しかしこういった林と沢が様々な花を咲かせる環境を作っているのかなとも思います。
IMG_6926

自然と触れ合うと言う事でしょうか...キャンプ場まで一人しか会いませんでした^^;
IMG_6932

こちらの沢には珍しい生き物もいるようで
IMG_6929
すごいね~と言ったら...う~気持ち悪~!!だってさ!!
夏は沢遊びしたらきっと楽しそうだと提案したらそれにもイマイチな反応...親的にガックン...(泣)
IMG_6936
まつお君の好みではないこちらの登山道...私的にはすっかりお気に入りに^^;

沢沿いの岩場にも可愛らしい花が続々と登場です。
IMG_6942
ツルネコノメソウ

こちらは余り見られなかった...本当の色はもう少し鮮やかな紫
IMG_6956
ヤマエンゴグサ

そして一番会いたかったあの花に...
IMG_6958
ニリンソウ

でも花はイチリンソウと何が違うのかいまいちわからなかったので更に調べてみるとイチリンソウの花は花径が5センチ、ニリンソウは2センチ程、更にサンリンソウは1.5センチという事で花の大きさで種類が分かれている事がわかりました。
IMG_6960
花びらの数は関係ないようで5枚のもあれば6枚のもある感じ。
IMG_7014
IMG_7013
余りの可愛らしさに「かわゆい~!!」を連発しているといつの間にか他のハイカーさんがいて挨拶もそこそこにニタニタ照れ笑い^^;

そしてまだまだありますよ素敵な花が...
IMG_7017
ハルトラノオ
群せいの仕方はこんな感じで沢沿いに沢山ありました。
IMG_7018

こちらの花とても印象的で...
IMG_6961
エンレイソウ
IMG_6964
この三つ葉の真ん中にポツンと特徴のある花を咲かせます。
IMG_6965
しかし筑波山にこんな素敵な場所があるとは...とはいえ相変わらず花に興味のないまつお君には苦痛な道...先を急ぐことに...。

沢も終わりに近付くと木の階段と
IMG_6966

これまた趣のある石の階段と...しかしこれが中々くせ者で石が浮いていたり苔で滑りやすく、湿気の多い時は注意が必要です。
IMG_6968
石段の隙間にも花が頑張って咲いていました。
こちらを登りきると落葉樹の森になり
IMG_6972
ところどころに咲き始めたミヤマシキミが...

10分程登ると11:17キャンプ場へと向かう林道へ到着。
IMG_6973
右へ進むと...
IMG_6974

キブシが満開です!!
カンザシみたいですね(*^^*)
IMG_6978
キャンプ場へ到着するとまだ咲きかけのカタクリがちらほら11:33
IMG_6979
他にも色々な種類の花があったけれど標高が高くなったせいかまだまだな寂しい感じでした。

キャンプ場からの登山道が少しわかりずらいので駐車場横のまだ閉めきっていたトイレに貼ってある地図と管理棟のあるキャンプファイヤーが出来る円形の場所のバンガロー登り口辺りにわかりやすい地図があったと思うので確認ができます。

テントサイトの最上部右の辺りに目立たない感じで分岐があります。
IMG_6981

さ、あと1.5キロだよ~って言ったら...
「山の1キロをなめるんじゃないよ~!!」
とまたまつお君に怒られてしまいました^^;

この日はあいにくの天気で森の中はこんな感じ
IMG_6982
また杉林がしばらくあるのでまつお君のご機嫌も怪しい雲行きに...。
IMG_6983
霧が去年の赤薙山を思い出させます...また泣かせたらどうしよう...でも筑波山だから大丈夫か!!道もはっきりしているしね。

それにしてもすごい湿気...。
IMG_6993

ふと低木の枝を見ると...
IMG_6984
お~!!これはあの何だかわからないサナギだぞ!!

中身は既に空っぽ。

茶屋に着いたら誰かに聞いてみよう(聞いてびっくりだったのですが...後でのお楽しみ)

そしてようやく女体山付近に到着12:45遅くなってしまった~^^;
IMG_6995

御幸ヶ原方面に下って遅いランチタイムです。

業務スーパーで買った粉末うどんスープに水を加えて沸かしたら
IMG_6996
家で茹でてきた桜うどんを加えます。
IMG_6997
しばらく温めて朝庭で摘んだ小松菜の花芽を下茹でしたものとショウガで甘辛く煮た豚小間を加えて肉うどん出来上がり~!!
IMG_6999
まつお君うまいともまずいとも言わず^^;

残さず食べたのでまあいいか~。

で、花の名前とかあのサナギの事とかを聞きたくて...そして前回行った時にお茶を沢山いただいてお菓子までいただいてしまったあの茶屋へと向かいます。今日はあの時のお礼にとサツマイモのしっとりケーキを持参して...。

(しかし、多分覚えていないかもしれないのでいきなり渡してタダの不審者かしら...と不安に思いながらも)

はい、こちらの茶屋とても眺めがいいのですよ^^
男体山登り口にある見浦亭です。
IMG_7000
前回こちらへ来た時に筑波山に800回登っているよ~というハイカーの方とか毎日男体山の頂上付近にいるよ~とかいう方がいて、壁には900回記念の写真が貼ってあったりとか、花の写真も沢山あったのでもしかしてこちらへ来れば筑波山の色々な花や虫の事もわかるかなと思い(他の茶屋を利用していないのでわからないのですがこちらは晴れていると女体山と霞ヶ浦も眺められて中々の場所なのです)再訪です。

毎日沢山の観光客や登山客の来る筑波山の茶屋。やはり私の事など覚えてなさそうなのでまず花の名前を聞いたりそしてあのサナギ!!

これ一番知りたかった事なのです。

もう雨巻山でこちらを発見してから
IMG_5998
近所の山でもみつけて
IMG_6567
ズ~っと気になっていたあのサナギ...筑波山では空っぽだったけれど...茶屋のおばさんに聞いてやっとわかりました。

ヤママユガ...です。蝶じゃなくてがっかりですか?

でもねこちらのサナギ天然の蚕..つまりこれを集めるとシルクが出来るのですよ~!!絹です。
茶屋のおばさんに教えてもらったものプラス更に調べてみるとやはり珍しい天蚕なので飼育して糸を採る方もいらっしゃるようです。

若い世代だと分かりずらいかもしれませんが、むか~し昔東宝で制作された「モスラ」という怪獣映画があるのですがその怪獣のモデルになったのがヤママユガなのです。

けっこう大型の蛾で子どもの頃キャンプ場とかで出くわすとかなりギョッとしたトラウマがありますがそんなに素晴らしい蛾だったのですね~!!

しかし自然の中で育つ蚕とは...好きじゃなかったけれど少しだけ宝物を見るような眼に変わってきたわ(*^^*)

感動~!!

そのほかにも知らない花の名前を丁寧に教えて下さって感謝です。

さあ、いよいよ出発!!
でもその前にお礼にケーキを渡すとまたまたお茶を飲んでからにしなさいと言う事になり...まつお君にはせんべいまでいただいて...。最後はお土産迄いただいて…本当にありがとうございました(*^^*)

なんだかんだとのんびりしていたらなんともう2時過ぎ...。

長居し過ぎた...まっ来るのも遅かったからね...仕方ない^^;

なのでこちらの登山口に着いたのは2時半位。
IMG_7001
さあ、今度こそダッシュで帰るよ~!!

しかし途中こんなのを撮っていたらまたもやまつお君に怒られ^^;かなりの駄目親っぷり発揮...。
IMG_7002
キャンプ場へ着く頃は薄暗い感じで...14:55
IMG_7003
これから2キロ以上下らなくてはいけなくて...。

出口も近付いた頃にシキミを発見...もイマイチで...杉の林は天気の悪さも影響して暗く(**)
IMG_7019

いつも三時前の下山をめざして行動しているのに失敗だ~!!

慣れている山とは言えこういうの続くと慣れっこになっちゃってなんとなく怖いような気がする...。

気を付けよう~っと!!

丁度4時くらいにもとの駐車場へ戻りなんか今日はそんな凄い道じゃないのに疲れたね~という話をしていると...

「もうこれからは一人で行ってね。」

えっ?いまなんと?

これからは山へ一人で?

「このコースは好きじゃないからここへ来る時は一人で行って!!」

びっくりした...今日のコースがそんなに嫌だったとは...。

霧に負けた赤薙山以来の発言だわ^^;

私も久しぶりに山へ来たせいかいつもより何だか疲れてしまい温泉に入る予定ではなかったのですが百均で風呂セットを買って無駄な出費をして...近くのやさと温泉ゆりの郷へ寄ってから帰ってきました。

こちらの温泉まつお君が小さい頃に筑波山へは登らずによくきていました。

目の前に筑波山があるのですがあの頃は全く登ろうなんて思っていなかったけど今では筑波山マスターを目指すべく登り続けています...うそうそタダのリピーター!!ナハハ(*^^*)

最近周りの方々にいくつになった?と聞かれる事が多くて今度6年生ですと言うと。皆さん驚く...。

ホント私もびっくりですよ...泣き虫坊ちゃん...最近はめっきり会わなくなりました。

一緒に山へ行けるのもあとわずかかな...ウルウル...おっと代わりに私の泣き虫に拍車がかかるようになってしっまった...いけない、いけない^^;

子どもってあっという間に親から巣立って行ってしまうのかな...と温泉につかりながら思うこの日の裏筑波でのお話なのでした。

明日から4月...忙しくなるな~!!

頑張らなくては~o(*^^*)o



QRコード
QRコード
最新コメント
記事検索
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。