ちょっと田舎で暮らしてみよう

将来の夢は超田舎でのんびり暮らすこと...だったのですがいろんな子どもたちと接するうちに、子どもたちの未来の為に自立へと向うお手伝いがしたいと思うようになりました。 まだまだ私の中の小さな夢、ずっと先の話にはなりそうですが...そして妄想の段階...。 大好きな山歩きや野菜づくり、食育を通してこの夢をいつかかなえるか、妄想で終わるのか!! 中途半端な田舎で仕事しながら何が出来るか模索中の私です。 とは言え、まだまだ模索の段階なので日々の出来事や山の出来事を中心に書いています。

矢板

秋がボチボチ始まりましたね@高原山 山塊 釈迦ヶ岳

とある8月の最後の土曜日...だったかしら?
間が空いてしまったので記憶が曖昧ですが^^;栃木県の高原山山塊、釈迦ヶ岳へと行ってきました。

この日はまつお君は部活の為一緒に来れないのでお久しぶりの山友H美さんと一緒に...登山道を歩き始めたのは7時半頃。

家を出る頃はかなり雨が降っていてこんなんで歩けるのかと思っていましたが、いつも見ている山のお天気は午前中には良くなる予報。天気予報を信じて...雨雲レーダーの動きもチェックしつつまだガスの出ている中を歩き始めました。 

DSC_8052
行きは見晴らしコースから歩き始めます。
DSC_8053

少し終わりかけていましたがまだまだ可愛らしいお花ちゃん...
DSC_8055

そしていきなりびっくりの...
DSC_8057
タマゴタケ!!

すっごい色~!!下にからの様な白いものが見えますか?生え始めの頃この白いからの様なものがたまごの様に赤い傘を覆っているのですが成長する毎にからを突き破ってこのようになるようです。

不思議なキノコだね~!!

さあ、いよいよ山道らしい道へと入っていきます...どんな道が待っているかな(*^^*)ワクワク
DSC_8061

誰もいなくてガスも結構出ていてこれは一人だったらかなり心細いだろうなぁ...なんて思っていましたがこの日はお久しぶりの友達が一緒なので大丈夫。

紅葉樹林が広がっている森の中...もう少しして紅葉したら綺麗なのだろうなぁ...
DSC_8062

少しだけごつごつしていますがそんなに急な登りではありません。
DSC_8064
ゆっくりゆっくりと進みます。

このキノコは~!!
DSC_8065
なんだろね...多分毒ありですよ...^^;

少しずつ木の種類も変わってきます。
DSC_8066
大分上がってきたかな?

とその時...お~!!
DSC_8067
もやっとしているガスの中に光が!!

八海山神社迄あと少し^^
DSC_8068

ガスも取れてきて下界もみえてきましたよ!!
DSC_8071
頑張れ!!あと少し!!
DSC_8073
ガスよ飛んで行け~!!
DSC_8074

ふと足元を見ると...
DSC_8077
アワアワ...なんのアワでしょうね?

アキノキリンソウちゃん、おはようございま~す(*^^*)
DSC_8079


DSC_8081

わッ!!枯れかけている草の先端に沢山のまん丸水玉^^
DSC_8083
まるでガラス細工の様です。

うわ~ん(;´Д`)またガスが出てきたよ~!!
DSC_8084

と、仕方ないのでもう一度足元を見ると秋のお花ちゃん^^
DSC_8086
上にだけお花が付いているからオヤマリンドウちゃんかなぁ?

エゾリンドウちゃんとの見分けが難しいお花ちゃんです。
DSC_8087

お~や~!!お花ちゃんの写真を撮っているうちに今度こそ!!
DSC_8088
と言う感じに晴れてきました。

まだ少しガスは残っていましたがこの後どんどん晴れてきました。
DSC_8089
見た目はガレていて歩きにくそうですが登山者が意外と多いのか踏み固められていてぐらつきも少ないです。
DSC_8090

ハイ、八海山神社に到着です。
DSC_8093

いぜんガスは残っていますが...
DSC_8094

いい感じに青空、見えてきました(*゚▽゚*)
DSC_8095
こちらが一番気分のイイ場所だったのでこちらでのんびりするのもいいかも知れません。

でも初めてのお山なので折角ですからもう少し歩いてみましょう...時間と体力の許される限り...。
DSC_8096
見えにくいですがこちらの看板左奥へと進みます。

しばらく前日の雨で湿ってしまった登山道と少し伸び気味の笹藪を歩くと...
DSC_8097
矢板の最高点に到着。

この辺りまで来ると秋の気配が増していました。
DSC_8100
吐く息も8月なのに白いです。

それでもまだまだ緑の残る森の中...静かだし...綺麗な空気...
DSC_8101

ああ、これだから静かな山を歩くのは止められない...
DSC_8102
そりゃぁ余りに誰にも会わないとたまに怖いな...なんて感じることもあるけれど^^;


剣ヶ峰の看板が出てきたので行ってみると...
DSC_8104


DSC_8105
特に見晴らしがいいわけでもなく...看板だけパチリ。

ダケカンバが益々増えてきました。
DSC_8108
ツツジの葉は紅葉が進んでいました。
DSC_8111

時々ツルンツルンの貝殻の様なキノコちゃんに出会ったりすると...
DSC_8119

きっと食べられないのにかわいいなぁと心がなごみます。
DSC_8120

剣ヶ峰を過ぎるとぐんっと下ってここから少しずつ登りがきつくなり狭いプチ岩場が少しありますがその前の樹林帯もまた青々としていて清々しい空気に包まれていました。
DSC_8123

急な登りを上がるせいか景色も良くなってきました。
DSC_8124

時々小さなキノコさん...
DSC_8125
こんにちは(*^^*)

おやぁ~?近辺のお山も見えてきましたが...
DSC_8126

どれがどれやら...相変わらず^^;
DSC_8127

景色の良い分こちらの登りは少しだけきついです。
DSC_8128

かなりののんびりペースだったので到着したのは11時半位だったかなと思います。
DSC_8129
4時間以上かかってしまった...^^;

きっと早い方は2時間位で来られるのではないかと思います...。

こちらへ到着する前に出会ったのはソロの登山者とトレランの方のみ!!
天気が朝のうち良くなかったのもあるのでしょうがこちらのお山はツツジの時期以外は静かなのかもしれません。

ちなみに...シロヤシオが綺麗なお山です。なのでその頃にまた来たいなぁと歩きながら思いました。
 
DSC_8130
頂上の神様にご挨拶して少し休憩したら戻ります。

何やら空の様子も怪しくなってきましたからね..急がなくては!!
DSC_8131


DSC_8132

お隣の鶏頂山にもあっという間にガスが降りてきました。
DSC_8140

てっぺんに小屋の様なものが見えますが鶏頂山神社のようです。
DSC_8142

何やらあちらの方角も良さそうなお山があります^^
DSC_8144
紅葉の時期はさぞかし美しいのでしょう...

戻る途中で来る時には撮る余裕がなかった苔軍団をパチリ^^
DSC_8153

立派な花のアキノキリンソウちゃん!!
DSC_8155

夏の空から少しずつ秋の空へと...景色も変わりつつ...
DSC_8160

こちらのお花ちゃん...またまたわかりませんでした!!
DSC_8169
似ているのをいくつかピックアップしたのですが...う~ん^^;

ぴったりのが無かったのです。
DSC_8170
なんだろうね?

もう一度緑広がる樹林帯の中へと突入!!
DSC_8172

まだまだ天気はもちそうかしら?
DSC_8173
黒い点はトンボと思われます...この日はホントにトンボが沢山飛んでいました。
DSC_8174

最後の登り返しは少しきつかったけれどあっという間に八海山神社の見える所迄来ました。
DSC_8175

八海山神社に着いたのは2時近くになっていました...2時までに下山したかったのに遅くなってしまいました^^;
DSC_8178

あれは...釈迦ヶ岳かな?
DSC_8180
こうしてみるとそんなに遠く無いのですが...かなりのゆっくりペースだったからかな?

DSC_8182

しかしこちらのお山は紅葉したら...素晴らしいのだろうな...としばし妄想...そんなのんびりしてる場合ではないのに^^;
DSC_8183

H美さんに促され出発です。
DSC_8185
と一度こちらを下り始めるのですが私の提案で行きとは違う林間コースを歩いてもらう事に...登り返させてすみませんでした^^;

もう一回神社...こちらの右奥に林間コースへと下る道があります。
DSC_8186

これまたかなり不明瞭な看板なのですがこちらを右へと降りて行きます。
DSC_8187


DSC_8189

往路の見晴らしコースと比べると更に緑が濃く森の中を歩いているのだなぁと感じます。
DSC_8191


DSC_8192

んッ!?なんだこれは!?
DSC_8194
ハ~テ~ナ~?

下る前はかなり雲行きが怪しくなり始めていたのに森の中へ入るとまた少しずつ陽が射してきました。
DSC_8197
途中暗い針葉樹林へと変わりますが隙間から眩しい光が...。

真っ白キノコちゃんは可愛らしいけれど食べられないやつ...だよね?
DSC_8199

こちら...なんでしょうか?
DSC_8204
なんのお花ちゃんだったのでしょうか?

枯れた沢を渡り...
DSC_8205

また落葉樹の森を歩いて...
DSC_8208


DSC_8211

時々針葉樹の大木...。
DSC_8214

変わった色のキノコちゃん...
DSC_8217
何者かにかじられていた^^;
私達には毒だとしても虫さんには大丈夫だったりするものね...。

小鳥は毛虫食べるけれど私達は食べる事が出来ないように...オエッ...。

最後の頃は楓が沢山ありました!!
DSC_8218

もうこの辺りの美しい紅葉を妄想...いえいえ、想像せずにはいられません。
DSC_8219

そんな美しい森にひと際とんがってるやつ発見!!
DSC_8221
H美さんが思わずスパイキー!!

って呟いていました。

なるほどこういうのスパイキーって言うのね!!

流石!!英語の講師...あッ私もか...あはは~(*´∇`*)

鹿にでもバリバリかじられてしまったのでしょうか...物凄い尖り方しています^^;

そしてもさもさのニョロニョロ軍団...
DSC_8222
何かな...?

ふと下を見るとやや気の早い木の葉ちゃん...。
DSC_8226
もう秋が待ちきれないのね...(*'-'*)
DSC_8228
私もよ...。

やっと出口が見えてきました~!!
DSC_8229

到着~!!3時になってしまった~!!
DSC_8230
この日出会った人数は5名位だったかしら?

静かな静かなお山でのお話なのでした~。
DSC_8232

今頃イイ感じに紅葉してきているかなぁ(*´∇`*)


人気ブログランキング 登山・キャンプへ

また行ってきちゃいました@山の駅たかはら~放牧場

今シーズンから始めた雪遊び、またまた気軽にお安く済む山の駅たかはらへ行ってきました!!

といってもマイワカンまで遂に手に入れたので...中学入学準備も控えているというのに結構なお金を使い込んでいます...なんせ、二人分ですからね^^; 

でもいいんです!!

山道具は高いけれど長く使えますからね...まつお君の足は成長中なのでまだまだ靴代にはお金がかかりそうですが...しかも部活動でほぼ山に行くことも無くなると思うので何か策を考えなくてはいけないのですが...でも考えたらきりがないのでとりあえず今を楽しんじゃいましょう!!

5時ちょっと前に家を出て山の駅たかはらに着いたのは7時半ごろだったかな...登り始めにはまだ雪が残っていて私の2wdの軽で登れるか心配だったのですがゆっくり登ってなんとか到着。上の方がきれいに除雪してありましたがスタッドレスかチェーンは必要です。

さて早速ワカンを付けてみましょうね。
_DSC2249
山の準備はまだまだ私に頼りきりのまつお君なのですがなるべくできることは自分でやって欲しい...なので私の着け方を見ながら一緒にやってもらうことに。

これは山の事に限らず普段の生活においてもそう思うものですが...まっそのうちに、ゆっくり、ゆっくりね...。

あの大雪から一週間経った後でもまだまだ雪の状態はいい感じでした。
_DSC2250
雪に太陽が反射して眩しい~!!
_DSC2251
雪がキラキラ...ダイヤモンドの粒のように輝いていました。

さあ、しっかりワカンをとりつけることができたので歩きましょう!!出発~!!
_DSC2252
放牧場方面はすでにいくつかのトレース。
_DSC2253

溶けだした雪から小さな氷柱ができていました。
_DSC2258

しばらく下って登り返すと...
DSC_2261
おやおや足元には...
DSC_2263
なんとまあ!!こんなに深く埋まっていました...。
放牧場へと上がる道には真っ白で不思議な模様の雪原が広がります。
DSC_2275
風の残した不思議な模様...
DSC_2281
とにかく全てが素晴らしい...この時間はまだスノーモービルも登場していなかったのでとにかく静かで寒さもそんなに感じられず清々しい空間。

放牧場へ入りしばらくしてから振り向くと高原山方面がくっきりと見えました。 
_DSC2278
青い空がとにかく気持ちいい~!!

反対側はどこのお山でしょうか...那須塩原方面かな?
_DSC2280

 放牧場は雪原なのでいくつかのアップダウンを繰り返しながら歩きます。
DSC_2287
前回はとりあえず八方湖を目指して歩いたのですが今回は次の日に大きな会議があるので早めに切り上げて帰ることになっていたので2~3時間ふらっとワカン歩きの練習という感じで危なくなさそうな所を選びつつ登ったり下ったりの繰り返しです。
DSC_2299
見通しが利くので好きな所を歩きます。
DSC_2301
誰もいなくて静かで気持ちがいいです。
DSC_2307
わざと下って登りの練習...
DSC_2316
意外と締まっている所が多くて沈みません。
DSC_2318
こうやってみるとどこかのお山に登っているようですが夏の間は放牧場へと変わるそうです。

しばらく登ってもう一度振り向くと...
DSC_2328
結構歩いてきたかしら?

この日の動物君達の足跡はこちら...
_DSC2353
う~ん...
DSC_2349
リスさんかしらね?

こちらは...
DSC_2366
ウサギさんかしらね?

この二種の他にもキツネのような?犬のような?のが沢山ありました。
姿は見えないけれど沢山の動物達が寒い冬を一生懸命に生きているのですね!!

風の芸術またもや登場...
DSC_2338

お昼の用意はしてきたのですがやはり早く引き上げることにしたので展望台を目指して上がることに予定を変更...展望台へ向かって牧場の柵のあたりまで来ると...
_DSC2368
つつじの木がこんなに埋まっていました。

柵の上近くまで雪が来てるのでラクラクにまたげます。
_DSC2371
すっかり埋まってしまった柵もありました。
_DSC2370

後で常連さんらしきご夫婦から教えてもらったのですが普段冬でもこの辺がこんなに積もることはないということだったのでこのあたりもあの大雪の影響は凄かったのですね...ちなみに茨城は雨で前回の雪までほとんど溶けてしまっていました。

しかし天気に恵まれると全てが輝いて見えたりしますね...
DSC_2387
こんなに冬枯れてしまった木でさえも眩しいです。

展望台のすぐ近くにもいろんな低木がどっぷりと埋まっていました。
DSC_2404
春はもうすぐだよ~!!
DSC_2409
がんばれ~!!

なんて応援したくなってきます。

おっ!?展望台が見えてきたぞ!!
_DSC2372
着いたら朝ごはんをほとんど食べていないのでお茶にしましょ~そうしましょう~!!

お手軽ジンジャーレモン...
DSC_2418
お湯を入れたら出来上がり~
DSC_2421

私はサトイモご飯のおにぎり。
_DSC2426
海苔でマキマキ...まつお君はジャムパンをムシャムシャ...。

日差しはあるのに結構寒いこの日の気温...さっさと食べたら歩くよ~!!
_DSC2433
まだまだ歩き足りなくてもう少しワカンの感触を楽しみたくて遊歩道はすぐそこなのに、まつお君には道幅が狭くなっていて雪の壁ができているからと言い訳しつつワザワザ木々の間の雪が沢山の所を歩きます...まつお君には内緒だよ~!!ってレポ見てるからバレバレだけどね~^^;

でもねこれ見てください...
_DSC2427
除雪してあるけれどこんな感じなんです...スノーモービルや車も進入してくるのでいちいち避けるの面倒くさいでしょう?

それに木々には少しだけれど大雪の忘れ物...
_DSC2438
エビちゃんじゃなくてヘビちゃんになってしまった...

_DSC2437
溶ける途中で氷柱になったり...
_DSC2445
薄い氷の膜になっていたり...断然雪の時にしかつっきれない場所を歩いたほうが楽しいに決まってる!!

有刺鉄線もこの通り...
_DSC2430
まつお君たら、僕達浮かんでいるんだね!!

だってさ!!

実際は浮かんでいるわけではないのだけれど、そうだね有刺鉄線のこんなに上へ来たら浮かんでいるようだね(*^^*)

楽しい雪歩きはあっという間...
_DSC2448
山の駅も見えてきたらこの日の歩きも終了~

いつかはあのお山にも登ってみようかな...
_DSC2446
雪の無い時にまた来ましょう!!

楽しいお気軽ワカン練習でのお話なのでした。

帰りは高根沢町の元気あっぷ村のお湯に入ってから帰ってきました。帰り道にあるのでぜひまた寄りたい良いお湯でした(*^^*)

 
人気ブログランキング 登山・キャンプへ

とんがってるのと丸みのあるのといろいろだから面白い@スッカン沢

前回山の駅たかはらでスノーシューハイクをした時にスッカン沢の氷柱と氷瀑への道を発見したので行ってみようと家を出たのは6時半頃...本当は5時半に出てゆっくり歩いてみたかったのだけれど前夜に準備をしたり下調べをしていたら寝るのが遅くなってしまい、家を出るのも遅くなり久しぶりの寝不足ハイク...道の駅に着いたのは9時になってしまいました。

急いで支度をして家を飛び出しハイクがはじめられたのは9:28
DSC_1044
そこから緩やかな真っ白な道を進んで行きます。
DSC_1049
木々の葉が落ちてしまうと森の中はすっきりしてしまいますね。

フムフムなるほど...
_DSC1053
目標は雄飛滝だけれどとりあえず咆哮霹靂の滝と雷霆の滝位は距離的に大丈夫そうかな...しかしこちらをピストンで折り返すのは...疲れるだろうな^^;

そんなことを思いながらも今季始めたばかりのスノーハイクは目新しい物ばかり...少し歩くとすぐに立ち止まり...
DSC_1057
パチリとしたり...まつお君の軽アイゼンが上手く装着できていなくて何度も立ち止まって直したり...

ありっ?これは前回のスノーシューハイクのパターンと同じではないか?


雪のある道にはまだ慣れていないので普段よりも多めに時間配分を考えなくてはいけないかもしれません。

下へ降りる程に小さな沢が現れてきて...
DSC_1075
遂にはガチガチに凍りついた沢が現れました。

ただ雪が積もっているように見えるかも知れませんがこちらの盛り上がっている部分には氷の塊があるのです。
DSC_1080
橋の下から覗きこむとちらっと見えるでしょうか?
 
そしてこちらから歩くこと数分...あれは?
DSC_1085
右の奥に滝らしきものが見えてきました。

雷霆の滝へ到着10:17 
DSC_1097
右半分だけ凍っています。

氷瀑の上に雪が積もっていました。
DSC_1103

お腹が空いてしまったのでオヤツタイム~!!
DSC_1113

また来るね~
DSC_1116

雷霆の滝を出てすぐにすれ違ったおじ様に35分くらいで雄飛滝だよと教えていただき吊橋を渡ったのは10:39
DSC_1123

咆哮霹靂と雄飛滝の分岐迄来たらこんな看板が...10:50
DSC_1131
ヤマレコで確認していたけれど...はて?どこから雄飛滝へ行けるのだろう?先に咆哮霹靂の滝へ行ってしまうべきかと迷っていると、私の目が泳いでいて心配だったのか親切なハイカーの方たちが声をかけてくださってこちらの看板の先が雄飛滝だと教えてくださいました。

その時点でピストンで帰る予定でいたので咆哮霹靂は戻ってくるときによればいいかなとひとまず雄飛滝へと向かうことにしました。

ほとんどの道は軽アイゼンでも余裕の場所でしたが一か所だけ石段の部分がかなり凍りついていて、少し傾斜もあったので帰りはちょっと怖いかな~とまつお君と話しながら歩きました。

そして...10:58
DSC_1140
木製の階段の上まで来ると巨大な氷瀑の始まりです。
DSC_1143
どこから見てもすごい迫力...
DSC_1154
なるほどこれは渋滞するはずだ...でも私が見てみたいのは雄飛滝の氷柱群。
まだまだ先を歩きます。

あちらにも...
DSC_1176

こちらにも...
DSC_1180
凄いね~!!

なんて言ってるからなかなか進まない...^^;

こちらのあたりには溶けて落ちた岩のような氷が沢山落ちていました。
DSC_1198
暖かくて何時落ちてくるかわからないから油断はできません。

スッカン橋の下まで来ると挨拶したおじ様に...

何時まで一緒に歩けるかわからないから写真を撮ってあげよう!!

と声をかけられ写真を撮っていただきました...後でみてびっくり...すんごいまん丸なお顔になっていたわ(T_T)

こりゃあマジでダイエットしないと七峰縦走やばいな...。


で、話は戻るのですがおじ様もよくお孫さんを食べ物で釣ったりして山へ連れ出したそうなのですが...最近は一緒に行ってくれなくなったそうで...中学生は忙しいから中々山へ出かける気力はないよな~そうだよな~うちのまつお君ももうすぐ中学生...本人はすっかり山行が好きになってはいるものの...部活も始まるしそうはいかないよな...。なんて思ったりするのであります...。

実はまつお君も山があまり好きではなかった時期がありまして...ではなぜ山が好きになったかというと...あの大好きな小屋へ通うようになったのがきっかけの様で...なんと小屋番さんになりたいと...卒業文集の下書きに書いてありました...親以外の人との出会いって重要ですよね...ホントそう思います。

高校生になったら山岳部のある高校へ行きたいそうですが中学の間は部活があると思うようには行けないよね...彼の将来の夢は山に関わる仕事だからなるべく経験を積みたいと思っているらしいのですが...まっ、あせらず中学3年間は部活で足腰鍛えてもらいましょう!!

となんだか話がずれてしまいましたがいよいよ氷柱群...その前にスッカン橋を渡って...
DSC_1202
スッカン沢の流れを楽しみ...
DSC_1232
雄飛滝へいくぞ~!!と思っていたら間違って遊歩道方面へ上がってしまい危うく絶景を逃す所でした。

遊歩道への階段を上がりふと振り向くと朝同じころに入山した方たちが下のトレースが付いている所から左に入っていくではないですか...。

間違いだ!!とすぐに気付き3メートル程下ってそちらのルートへと入っていくことに...こちら間違いやすい所らしいのね^^;あぶない、あぶない。
DSC_1241
狭いから慎重に滑らないように進みます。
DSC_1247


そして...
DSC_1259
きた~!!

これでも今年は氷が少ないらしい...でも初めての私達にとっては見ごたえ十分です。
DSC_1267
沢の向こう側に沢山の氷柱。
DSC_1305
刺さったら大変(((( ;゚д゚)))

下の方には岩のような氷の塊が...
DSC_1273
こんなのが直撃したらたまったものじゃありません...。

そして今回の一番のお目当て...
DSC_1309
雄飛滝11:30

少し下がって撮ってみると...
DSC_1290
こんな感じです。

実際はもっと美しいのだけれど今の私の腕前だと...^^;

このあたりでお腹が空いてきましたが日陰で寒いので遊歩道を出てからご飯にしようということで先ほどの間違えて上がってしまった道へと戻ります。
DSC_1323
雪は少なく溶けてどろどろの場所もありました。

こちらの道からもスッカン沢の碧い流れを楽しむことができます。
DSC_1331
任三郎の滝かな~?もっと違う角度から見ると美しいのだけれど...何故この角度?

不思議な色をしているのは石灰や炭酸などの成分が含まれているからだそうです。
_DSC1344
そのため昔は酢っ辛くて飲めないということで酢っ辛い沢と呼ばれていてそれが訛りスッカン沢になったそうで...面白い名前ですよね^^

しばらくそのスッカン沢の流れを楽しみながら歩きます。
_DSC1346

もっと近くに寄ってパチリしたいものですが...
_DSC1381
怖いからやめておきました。
DSC_1353
しかし...実際にはもっと美しいので足が進みません...
DSC_1384
季節を変えたらまた違う美しさがあるのでしょうね...きっと
DSC_1400

_DSC1393
季節を変えて是非再訪したいです。
_DSC1394
それにしても快晴とまでも行かなくてもそこそこお日様の出る日で良かったです。

光が水面に反射してこれまた美しい...。

12:35お腹が空いてもう限界!!という頃に雄飛橋へ着きました。

今回は時間短縮したかったので途中のコンビニで買ったカップラーメン
DSC_1403
ラーメンにっこう...っていうから日光のご当地ラーメン?と思ったらなんと彦根の方のラーメン屋さんだそうで...まっ別にこだわって買ったわけではないのでいいのだけれど...チョイ紛らわしい...。

これだけだと寂しいので家で作ってきた豚の唐揚げと畑の小松菜をゆでたものを加えていただきま~す!!
DSC_1407
よ~し!!カロリー充填オッケー!!

なが~い道を歩くよ~!!
DSC_1416
その前にアイスリンクのようにガチガチになってしまった氷の上に乗って楽しむまつお君。

こちらの道は塩原と矢板を結ぶ道なのですが冬季は通行止めということで道路の真ん中を堂々と歩くことができます。
DSC_1420
始めはこちらの道を歩かないで氷瀑だけを見たらピストンしようと思っていたのですが...意外と氷ガチガチだった雄飛滝までの石段を軽アイゼンで下るのはなんとなく恐ろしく少し遠くなるけれど簡単に歩けそうなこちらの道をぐるぐる行くことに変更しました。

なので咆哮霹靂はまた今度...。

ご飯を食べ終わり歩きだしたのは13:08だったので2時間半もあれば3時チョイ過ぎくらいには到着しそうかなと...。

滑る個所も無かったのでアイゼンを外してひたすらぐるぐる、ぐるぐる...。

時々動物君の足跡...
DSC_1430
なんの足跡でしょうね?

初めのうちは道路脇に楽しいミニ氷瀑の世界...
DSC_1436

規模は小さいですが中々のもの...
DSC_1437

時々お山が見えてきて...
DSC_1443

またミニ氷瀑
DSC_1448

氷柱折ってみたかったそうで1本だけいただきました...
DSC_1462
わ~!!すんごいとんがっているのね~!!

こんな光景も...
DSC_1475
どうしたらこんな風に波打つのでしょうね...
DSC_1478
不思議です。

もうひとつ不思議な光景...
DSC_1502
鳥の巣のようなのは宿り木...早春に黄色の小さな花を付けるそうです。

最後のミニ氷瀑...
_DSC1497
南極の氷はこんなのかな...?
_DSC1496
なんて乗っかったらツルンツルンΣ(´д`;)

怖い怖い...。

柔らかな空の色にスッと伸びる飛行機雲...
DSC_1518

時々赤みが出ると何故かホッとする...
DSC_1530
ツルウメモドキの果実が沢山!!

長いね~もう、お母さんうんざり...なんて私の方が滅入ってしまいそうだったけれどまつお君は文句も言わずに...そんなことは言わないと心に誓っていたらしく...強くなったもんだ(*^^*)

やっとここまで来たよ~!!
DSC_1565
14:28矢板と...
_DSC1568
那須塩原の境。

こちらを30分程歩いたら...
DSC_1571
ゲートが見えてきた!!

意外と登りが多くてくたくたになってしまったけれど七峰縦走のいい練習にもなったかな...

15:00到着...
DSC_1575
1分くらい座ったら来るというので置いて行きました。

良く頑張ったね!!

...私がね...だって、どう考えたってもう、まつお君の体力には負けていますよ...。


思いがけずに10キロ程歩くことになったのかしら?

とんがってるのと、丸みのあるのといろいろあるから面白い...自然の美には驚かされるばかり...スッカン沢の流れにも癒されたスノーハイクでのお話なのでした...(*゚▽゚*)

人気ブログランキング 登山・キャンプへ

今すぐに白銀の世界を見たくなったら@山の駅たかはら

那須へ行くも良し...日光へ行くも良し...でももっと気軽にお安くスノーシューを楽しめそうな所があるということで以前から気になっていたあちらへと行ってみました。

スノーシュー初心者の私達...消費税が上がる前に今年買ってしまうか...普通は車とか大きなものを買うものだろうけど^^;...それともこの先使わなくなってしまうともったいないので今年はレンタルで済ませるか...迷っていたのですが とりあえず気軽に楽しめそうな場所を知っていたので行ってみることに...。

矢板の山の駅たかはらへ着いたのは8時頃だったでしょうか。こちらレンタルがなんと...ワンコイン~500円でできるのです!!まだ購入を迷っている方やいきなり雪山なんて無理!!という方にもお勧めの危険の少ない放牧場のコースもあるということでこれはお勧めです...慣れないスノーシューに疲れたら外して林道から普通に歩いて戻ってくることも可能です。

山の駅は冬期は10時からということであらら...かなり早く着いてしまった^^;

駐車場の隅にはこんなに雪があったので...
DSC_0816
まつお君大はしゃぎで鎌倉作るんだい!!

と言っていたけれど氷の粒々が集まったような雪は一回崩すとパラパラになってしまい固まらず...なんだかひたすら掘りまくっていました^^;
DSC_0815
掘るの男の習性らしいからね...しばらく放っておきました...。

 しばらくして山の駅をふと見るとまだ9時前なのに電気がついています。

おっ!?これはもしや早く借りられるかもと思い行ってみると...土日は早く来るお客さんもいるのでレンタルも9時頃からできるということで...ちょっと早く来て良かった(*^^*)

受付で名前と住所を記入して時間多めに2時まで借りることに。

さあ!!いざ雪原ハイクへ出発です。
DSC_0825
雪は締まっているのでガシガシと進みます...前回とはかなり違う感じ。

気軽に来れる場所なのですでにトレースがあちらこちらに...
_DSC0826
うっきうきなまつお君...わざとトレースから外れてガシガシする雪を楽しみます。

一回下って牧場へ向けて登って行ったら小腹が空いてきたのでオヤツタイムにしましょうか。
DSC_0834
久しぶりにミスタードーナツ...

わたしゃフレンチクルーラー大好きなのよ...。
DSC_0842
冷えっ冷えだけどおいし~!!この甘さ。

あまりゆっくりしすぎると温まったからだがすぐに冷えてしまうので出発。
DSC_0846
牧場のゲートが見えてきました。

雪のない期間は立ち入り禁止なのですがこの時期はオッケーということで...
DSC_0852
ワオ~!!ひっろびろ~!!

そしてこの日は歩いている人ゼ~ロ~
_DSC0858
ひたすらザクザク、ガシガシ...モフモフではないけれどそれなりに楽しい雪道...でもスノーシュー少し重かったかな...まつお君の靴に上手く合わず何回も外れて少々イライラ...だってまつおはさ~自分で直せないんだよ~(`ε´)

でもさ~あの先を超えないとこの日の目標地点八方湖へ行けないんだよ~!!
DSC_0864
という調子に少々疲れてきたので予め調べておいたヤマレコを思い出しつつそういや林道があったよな...と牧場の柵を飛び出してみると...

_DSC0865
分岐発見!林道かと思っていたけれど遊歩道なのね。

この道をもうひと踏ん張り上がっていきます。

そして遊歩道に到着。
DSC_0866
どこまでも~つ~づくみ~ち~

なんて頭の中に流れてきそうな真っ白な歩きやすい道が待っていてくれました。

重いスノーシューを外して再出発。
DSC_0872
スノーシューの重さにくじけそうになっていたまつお君少しやる気を取り戻しました。
DSC_0876
余計なことまでしたくなっちゃいます...

DSC_0881
普段ほぼ積雪のない場所で生活しているので楽しくてねぇ...。

途中の展望台からの眺め...
DSC_0889
足跡いっぱいだな~!!

残念ながら暖かいのと積雪が少ないせいか霧氷は見あたりませんでしたが...
DSC_0915
埋まってしまった枝が持ち上がって雪の付いているものが少々...
DSC_0920
霧氷って言わないけどさ...^^;

DSC_0936
山の駅のおじさんが自由に歩いて大丈夫って言ってたけれど...こちらも大丈夫なのかしら...?

そして八方湖へ到着。
DSC_0940
凍ってたのですがあの上を歩く勇気はないな~

小動物の足跡がいくつも付いていました。

こういうの見るの初めてなのでそれなりに感激したりもします。
DSC_0944


さて、温かいものでも食べてお腹を満たしましょう。
DSC_0957
雪雲が出てきて粉雪が舞い始めたので寒くて我慢できずオヤツの残りのポンデリングを頬張りながら作ったので途中撮影の余裕なくいきなりの出来上がり~あは...

最近はまっている丸ちゃん製麺のうどんを使って鶏を味噌で味付けしたもの、ネギ、揚げ玉をのせたら出来上がり。

うどんの下の目の覚めるような色合いのテーブルクロスは水戸のLA ROSA MEXICANAでゲットしたもの...色鮮やかな雑貨やアクセサリー洋服のある楽しいお店です。

お腹も満たされたので八方湖にさよならを言って戻るとしますか。
DSC_0969
また来れたら来ようかな...
DSC_0986

黒い雪雲がぐんぐん迫ってきて雪がますばかり...ふぶいてくる前に帰らないとね。

それでも一瞬太陽の光が雪に反射して眩しい!!
DSC_0991


戻る前に放牧場をもう一度覗いてみると...
DSC_1007
こちらの景色も中々のものだねぇ...

発泡スチロールの粒のような雪が沢山落ちていました。
DSC_1019
また積もるかな...積もってモフモフになってくれるといいんだけどなあ...。

こんな状態だからね...。
DSC_1023

あっという間に山の駅たかはらへ到着。
DSC_1027
氷柱は大分溶けてなくなっていました。

静かな雪原ハイクが楽しめたお手軽スノーシューハイクでのお話なのでした(*´∇`*)

実はこのあたり氷瀑を見られるコースがあるそうで...軽アイゼンで大丈夫そうなので溶けてしまわないうちにもう一度行ってみたいななんて思っています(*'-'*)

温泉は矢板温泉まことの湯栃木って那須以外は温泉安くて助かるわ~!!


人気ブログランキング 登山・キャンプへ
QRコード
QRコード
最新コメント
記事検索
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。