ちょっと田舎で暮らしてみよう

将来の夢は超田舎でのんびり暮らすこと...だったのですがいろんな子どもたちと接するうちに、子どもたちの未来の為に自立へと向うお手伝いがしたいと思うようになりました。 まだまだ私の中の小さな夢、ずっと先の話にはなりそうですが...そして妄想の段階...。 大好きな山歩きや野菜づくり、食育を通してこの夢をいつかかなえるか、妄想で終わるのか!! 中途半端な田舎で仕事しながら何が出来るか模索中の私です。 とは言え、まだまだ模索の段階なので日々の出来事や山の出来事を中心に書いています。

残雪期

輝く新緑と眩しい残雪と@会津駒ヶ岳 駒の小屋迄

今年お初の会津駒ヶ岳へ行ってきました…と、小屋でぐーたらするのが目的の私。

山頂に登らず〜やっぱり登っとけば良かったなっ😅

次回の残雪期、好天なら登ろうと思います。


とは言え残雪とブナの新緑とのコントラストは噂通り✨☺️輝く新緑に、眩しい残雪にとまたまた心癒されるひと時を過ごす事ができました(´∀`*)


写真の整理がつかないままのとりあえずアップとなりますので後日またblogにて書けたらと思います…いつになるかわからないけどorz


詳しい山行はこちらからどうぞ(*^o^*)

https://yamap.co.jp/sp/activity/951482                

続きを読む

残雪の駒旅に行ってきたよ~!!一日目 5月10日@会津駒ヶ岳

やっほ~い!!
DSC_4931
念願かなって初の残雪期登山に行ってきました!!

駒の小屋の姉さんに小屋へ行く度に残雪期がお勧めだよ~と言われ続け...でもでも、雪のお山を登るなんて私達にはそんな技術も無いし、まつお君もまだまだ小さくてしっかりしていなかったから、もう少し大きくなって体力が付いたらいつか行きたいな...と ずっと思っていました。

無理せずゆっくり成長したい...それが私達のスタイル...というかビビりの私のスタイル^^;

だから山に行き始めて10年が経とうとしているけれど雪遊びすらチャレンジしたことが無かった...のが去年までのお話...もう、中学生になりますからねそろそろ体力も私以上にあるでしょうし、山での歩きも上手になってきたのでそろそろ行きたいな~今年こそは雪が水場まで溶けたら行こうかな...なんて少しずつ雪になれるように近場のお山で雪遊びをしながら準備を勧めていました。

でね元旦にこんな年賀状が来ていたのですよ...
CSC_5144
あはは...こりゃぁ行かないとなぁ...絶対に。

でも計画していたのは5月下旬だったわけですが部活も始まるしどうしようかな~と悩んでいた頃、まつお君の卒業旅行中に駒中仲間でお山の先輩の矢車草さん からお誘いが...何々?これまた駒中仲間の山うさぎさんと5月の2週目か3週目に駒へ行くけどまつお君も一緒にどうだろうと...

行く、行く!!行くに決まってるよ~!!皆が一緒なら楽しいに決まってる!!

ところで、もう一人あの駒中さんはどうかな?と思っていたら...ふふふ、良かったお誘いしてくださった!!

というわけで矢車草さん夫婦に山うさぎさんそしてGWに駒に行ってきたばかりの駒中であって、駒ツウでもあるみっちゃんも 一緒に...しかも一緒に登ってくださることに...私達だけだと正直少し不安だったのでお願いしようかなと思っていたら矢車草さんが気を利かせてくださって一緒に登ろうと声をかけてくださった...ホッ^^;

持つべきものは経験豊富な山の先輩に優しい山仲間!!

駒での出会いに感謝、感謝(*^^*)

桧枝岐に9時の待ち合わせをして山うさぎさんの宿泊先の檜扇さんへ向かう頃の天候の悪さと言ったら^^;

いやあ、これはこのままこちらで温泉でも入って宴会しちゃいましょうかねって位に風は吹いてるし、雨は降ってるしで...でも天気予報はすぐそこに高気圧が来ているはず、低気圧は去っていくはず...ひとまずもう少しだけ待ってみましょうとマイタケご飯のおにぎりやらお茶やらコーヒーやら...なんかタダで色々とごちそうになってしまいました...美味しかったです!!このご恩はいつか必ずお返しします!!

9時半を過ぎるころ風も少しマシになり雨も止んできたので天気予報を信じて登ってみましょうということになりました。

何時もズルして林道終点の滝沢登山口にできるだけ近い所に停めて出発しているけれどこの日は桧枝岐村の残雪が多いと言うことでテニスコートと野球場がある駐車場からの初スタート...いやはや、これが結構な急坂で^^;

公共機関で来ている方達はいつもこんな苦労をしているのね...。

さて、10:08林道入口に停めてあるブルドーザー?除雪車?の横を通り出発です。
DSC_4576

雪解け水のせいなのか水量豊富です。
_DSC4586
いつ来ても清らかな流れだな~。

10:43滝沢登山口へ到着
_DSC4598
こちらからの急登がね、結構汗を絞り採られる...

11:36雪が見えてきましたよ~
_DSC4601

実はこの先急な斜面をトラバースしていくのですが上手く撮れていなかったので後ほど...。

ヘリポート跡位までが結構気を抜けない感じでしたがゆっくり一歩一歩を歩めばその先はそんなに急な感じではなくなりました。
_DSC4605
ブナの実が沢山落ちている森を通りすぎて...

_DSC4612
へろへろになってきても楽しい仲間と登れるから辛さも半減!!

風はまだまだ強いけれど...
_DSC4616
少しずつ晴れてきた!!

 ダケカンバが増えてきた頃...
_DSC4617
青い空が広がってきました。

そして徐々に眺めも良くなり...
_DSC4620

わッ...
_DSC4622
凍ってる!!

お山が右手に見えてきたからかなり上がってきたはず。
_DSC4623
ガスももう一息で吹っ飛びそう!!

風よガスを吹っ飛ばしておくれ...なんて呟いてみる...。

やった~!!お日様こんにちは!!
_DSC4637
まっぶしぃ~!!

木々には沢山の水晶...
_DSC4640
でも太陽の温かさとまだまだ強い風に吹き飛ばされてバラバラと落ちてきて顔に当たる~いたたたた~!!

下を向いていれば当たらないしそんなに痛くないけれど余りの美しさについつい上を見上げてしまう...
_DSC4645
写真でしか見たことの無かった霧氷に樹氷...ずっと自分の目で本物を見たかった...スキー場のとかじゃなくてねお山にあるやつ。
_DSC4653
そうか、だから雪の季節の山は病みつきになるのだねきっと...。
_DSC4654
まつお君はどんな事を感じながら登っているだろうか?
_DSC4657
五感をフル回転させてこの大自然を思う存分感じて欲しいな...

しっかし...なんて歩くの速いのかしら^^;俊足チームにしっかりついて行ってる。そしてゆっくりチームを時々気遣ってくれたりして...あんた、すんごい成長したのね!!

母は嬉しいぞ~!!初めて駒に登った時は軽い荷物しか持っていなかったのにこの日は酒瓶をザックに忍ばせて...私が勝手に入れておきやした...あは^^;...40リットルのザック。

母は今回かなり助かりました~ありがとう~!!

 小屋へのポールが見えてきた頃山頂のガスが風に押されるように流されていくのが見えてきました。
_DSC4659
そうだ!!このまま風に飛ばされて消えますように!!

うーぶるぶる(; ̄Д ̄)
_DSC4661
 風の強さで体感温度が低く感じられたけどそんな事はどうでもよくなるような景色が次から次へと現れてきます。
 _DSC4665
青空もちらり...
_DSC4667
もう少しだけれど忙しく移動していく雲の流れが素晴らしくて思わず立ち止まってしまうゆっくりチームの山うさぎさん、矢車草さんと私の3人。

ゆっくり行こうよ...
_DSC4668
だって燧ケ岳も左手に見えてきたよ...。

俊足チームがどんどん先へ行ってしまうけれどこんなに好天へ向かっているし小屋は目の前...
_DSC4672
もう大丈夫!!もう、あはは、おほほが止まらない...。

先頭を行くまつお君の先には...
_DSC4674
確認しなかったけれど小屋番の三橋さんかしらね?
私達雪山初心者も同行だったからご心配おかけしたかな?

柔らかな稜線が見えてきた...
_DSC4688
あともう少し!!
_DSC4693

素晴らしい景色に中々進まない3人を一足先に着いたみっちゃんがまっていた...
_DSC4695
なんかこういうのいいよね...皆で楽しく登るのっていいものだ...。

とにかく天候も予報通りに快方に向かい無事に辿り着けて良かったよ...みっちゃん、しっかりとリードしてくださってありがとうございました。

小屋の前は前日の吹雪のせいか雪上レストランがしっかりと埋まっていました。
_DSC4698

そして...
_DSC4700
ただいま~!!また来たよ~!!
_DSC4719
小屋到着15:17...山の夜は早い...だから三橋さんにご挨拶して受付を済ませたらすぐに夕飯、宴会の準備...えっと~今回矢車草さんの美味しいケークサレやレバーペースト、山うさぎさんの山形牛のステーキとかみっちゃんのキュウリのさっぱりとしたおつまみとかいろいろあったのだけれど、作りながら飲み始めてしまったので写真は撮ってる場合じゃなかったのでお料理は矢車草さんのレポをご覧ください...あはは^^;

ちなみに私は牛筋シチューを作りましたが、画像はありませ~ん。
食べるのに、飲むのに忙しいのであった...。

というわけで早めの宴会が落ち着いて日も暮れ始めてきたので風はまだ吹いているけれど外に出て絶景を拝みましょう。
_DSC4727
いいね、この沈みかける瞬間がとても大好きです。
_DSC4731
駒も少しずつ色が変わり...
_DSC4739
燧ケ岳の周りも夜の気配...

双子の太陽が...
_DSC4759

一つに重なったら...
_DSC4764

また明日約束された素晴らしい朝に会いましょう...
_DSC4768
月も出て楽しい夜はまだまだ続くのでありました...
_DSC4770

長くてすみません...次の日へと続きます...。


 

人気ブログランキング 登山・キャンプへ
QRコード
QRコード
最新コメント
記事検索
livedoor 天気