ちょっと田舎で暮らしてみよう

将来の夢は超田舎でのんびり暮らすこと...だったのですがいろんな子どもたちと接するうちに、子どもたちの未来の為に自立へと向うお手伝いがしたいと思うようになりました。 まだまだ私の中の小さな夢、ずっと先の話にはなりそうですが...そして妄想の段階...。 大好きな山歩きや野菜づくり、食育を通してこの夢をいつかかなえるか、妄想で終わるのか!! 中途半端な田舎で仕事しながら何が出来るか模索中の私です。 とは言え、まだまだ模索の段階なので日々の出来事や山の出来事を中心に書いています。

尾瀬ヶ原

たまにはトランプもいいもんだ@大清水~尾瀬沼~尾瀬ヶ原~鳩待峠

DSC_0247
もう一回尾瀬に行きたかったなぁ...。

そんなつぶやきをしてみたら駒中仲間であり、お山の先輩のみっちゃんからお誘いが...金欠虫のまつおファミリーだけれど自炊でなら行けるかも...?どうする?

少々悩んだのですがまつお君も行きたいと言うので行っちゃいましょう~そうしましょう~!!

当日どうやら日光が物凄く渋滞するらしいと知った私は待ち合わせのバスは9:58だと言うのに家を3時に出発...途中金精峠を下っている途中に路面凍結していたのか?それとも雨でスタッドレスの弱点が出たのかプチスリップ^^;車を運転していると色々ありますが今回ばかりはかなり焦りました...事故らなくてよかったです...そんな事もあったので群馬側へ降りてからはかなりのノロノロ運転。戸倉へ着いたのは7時か6時半頃か?とりあえず雨も降っているし仮眠の時間もありそうなので一時間ばかりうとうと...8時頃に一度おきて車の外へ出たら戸倉の黄葉はまだまだ見頃が続いていました!!

中々起きないまつお君を遅れると迷惑がかかるからとたたき起し、約束の時間少し前にバス停付近の休憩所で待っていると来た来た!!バスの中にはみっちゃんと、山うさぎさん!!

なんだかまた会えた事がとても嬉しくてわ~いってな感じにバスへと乗り込み、お久しぶりの挨拶や、峠でスリップして怖かった話、雨が小雨になってきたとかひとしきりおしゃべりした後は大清水までの紅葉を楽しみながらバスに揺られて行きました。

大清水に10:10着だったのでそれから準備して歩きだしたのは10時半を過ぎていましたかね...?

この後雨量が増えてきたのでカメラの故障が怖くてザックにしまいこんでしまったので小屋近くまで殆どパチリする事はありませんでした。
DSC_0195


じんわりと高度を上げていく一ノ瀬休憩所迄の道のりがお腹も空いたのもあってやたらと長く感じていたので、山うさぎさん作のお弁当が休憩所で食べられると聞いて嬉しいのなんの('▽'*)♪とても感謝のありがたや~なお昼ご飯となりました!!
IMG_5484
こちらはスマホカメラからちらっと撮っただけなのですが詳しくはみっちゃんのレポに載っていますのでチェックプリ~ズ!!どれもこれもとても美味しくて力が出てきたところでさあ、もうひと登り!!
 
三平峠迄の階段でまつお君とみっちゃんの速さに追い付けずゼイゼイ、ハアハアの私と山うさぎさん...三平峠へ着いた時はゴールじゃないのに着いた~って位にホッとしてしまいました...。
DSC_0200
っで、下りで思いっきりすってんころり~んの私^^;左手のひら打撲で痛くて握力が全く無くなってしまいました...雨の日の木道で固めの靴を履いて歩くのはまあ、やはりダメなのねと確信!!

帰りまでに多分4回位転ぶと言う最多記録を作ってしまいました...トホホ(;´Д`)

えッ?!靴のせいにするなって?

そんなこんなでやっと沼が見えてきたときの嬉しさと言ったらありゃしない...雨の日の山行は大変だけれど小屋へ着いて温かい中で過ごせる事の幸せと言ったらありゃぁしない!!
DSC_0206
着く頃こんなに降っていたのですよ...^^;
DSC_0209
13:30頃に到着だったかな?
DSC_0210
受付を済ませてずぶぬれの衣服を着替えたら温かい談話室でティータイムです。

貧乏まっつん母は帰りのバス代やら駐車場代やらが気になってコーヒーを頼まなかったのですが山うさぎさんとみっちゃんのオーダーしたコーヒーの香りがたまりませんなぁ...
DSC_0211
まあいいさ!!ありがたい事に談話室にはお湯とほうじ茶が置いてあるので持参したティ-パックと一緒に、これまたまつお母作パンプキンケーキでちょっぴり優雅な時間を過ごしましょう...。

しか~し!!この後雨が降り続いていたため風呂に入る4時頃まで延々とトランプ大会開催となりまして...皆さん最初のうちはお上品に周りに迷惑がかからないように小声で盛り上がっていたのですが...

いやぁ~燃えますな...って言ってたわりに一番弱かったアタシ(_´Д`) アイーン

そして親子も何もありませんよ!!仁義なき戦い!!

まつお君隙だらけだからカード丸見えだっつうの!!こっそりカード覗いて試行錯誤...?

ありッ?!おかしいな...ズルしても負けちゃうぞ???

な~ぜ~に~!?!?!?!?もう私のぼろ負けぶりに...と言うかそのタイミングでそれ出すか~!!!

あほ!!あほ!!アタシのあほ!!

親子対決...まんまとワタクシの大敗退なのでありました(T_T)

飲んでもいないのにこれだけ盛り上がってしまうのですからね...。

なんてやっていたら、みっちゃんと山うさぎさんが扉の方に向かって手を振っている...誰だろうとみたらなんと初めましての尾瀬のひだまりさんではないですか~!!ひだまりさんの事を駒中仲間の皆さんから聞いたり何度も尾瀬に関する美しい写真ブログを拝見させていただいたりしていたのでいつかお会いしたいと思っていて...もしかしたら今回お会いできるかな、なんて事も思っていたわけですが...やっほ~い!!ついにお会いする事ができました~!!

この日の夕飯、金欠虫のまつお親子は豆乳肉団子鍋にうどんを入れたもの...一緒のパーティーなのでとお願いしたら一緒に食堂で食べる事が出来ました。笠間のお酒を少し頂きお腹いっぱ~い!!夕飯で同席した方達はこれまた尾瀬に関するブログを書いている方達で何回かネットで拝見させていただいた事もあり、尾瀬の話や動物の話などで楽しい時間を過ごす事が出来ました。
DSC_0213

夕飯後またもやまつお君の

トランプやりますよね?

の一声によりトランプ大会開催...ひだまりさんからの差し入れ渋沢温泉小屋のお酒山女に八海山スパークリングも追加されもう、大盛り上がり...時々ハッと我にかえり静かになると他の部屋でも...

(゚∀゚)アヒャヒャ~!!!

仲間がいるわよ...とホッとしてみたり^^;の繰り返し...。

勿論その夜は消灯と同時に爆睡となるのでありました。


次の朝向かいのみっちゃんと山うさぎさんの部屋からゴソゴソ起きだす音がしたのは5時頃でしたでしょうか...5時半に起きようと思っていたけれど星が見えるかなと外へ飛び出すと多少のガスは残るものの星がちらほら...そして夜明けの気配...。
DSC_0234

沼のほとりからは大江湿原方面のヘッドライトの明かりがちらちら...鹿達の甲高い鳴き声...。
DSC_0236

未熟な私でもこんなに美しく撮れてしまう尾瀬沼の静かな風景...。
DSC_0239

あぁ、来てよかったなぁ...。
DSC_0247

何枚も同じのばかり撮っていたら後ろからおはようございますとひだまりさん...山うさぎさんとみっちゃんも揃ったところでもしかして白い虹が見られるかもとひだまりさんのお勧めの場所に移動...。
DSC_0250

タイミングが合わず白虹は逃してしまいましたが...

この燧さんたらもう...こんなに幻想的なの初めてです。
DSC_0260

まだ完全に夜が明けきらないような明るさのこの時間...目には見えない空気が澄んでいるのを感じる事が出来ます。
DSC_0261

そして明るさが増すと共に水鳥さん達も活発に行動し始めました...。
DSC_0266
町の中の人工池では彼らのワイルドな羽ばたきの音を確認する事も時として困難だけれどこちらはもうすぐシーズンオフに入る静かな尾瀬...彼らの力強い羽音がスッと耳の奥へと入って行きます。

そしてやっと少しだけ朝焼けの燧ケ岳...
DSC_0277
今日も素晴らしい朝を迎える事が出来た!!


さて、朝ごはんを食べてからまつお君がパッキングを余り手伝ってくれないので...イライラしながらなんとか作業を終え談話室に要約降りて来られたのは8時をとっくに過ぎてしまい^^;歩き始めたのは8時半頃だったのですね...またお待たせしてしまった。すみません('A`|||)そんな私達にも、コーヒー飲めてゆっくりできたよ~ととても優しい声をかけて下さるお二人に...これだけじゃなくて本当に何時もお世話になりっぱなしで本当に感謝です。
DSC_0291

前日の雨が木々に残って青空のもとキラキラ...清々しい...
DSC_0292 (2)

沼の湖面は空の色が反射して海の様...。
DSC_0294

取り外された看板を通り過ぎ沼尻へと向かいます。
DSC_0295


DSC_0297


DSC_0301

前々日に白オコジョちゃんの目撃情報があったのでウキウキしながらオコジョ出ておいで!!なんて声をかけながら歩いてみたけれど会えなかった~残念!!でもいつか会えるよね...そしてこの日超レアな白虹が出ていた事を後から知り愕然とするのでありました...おたおいでと尾瀬が言っているのですねきっと...。

沼尻が近づくと水鳥さん達が思い思いに温かな日射しを楽しんでいました。
DSC_0303

暖かくて気持ちいい日だね~(*^^*)
DSC_0308

向こう岸では藻の大発生か?湖面が薄っすらと緑に...。
DSC_0309

そして9時過ぎに沼尻へ到着...みっちゃんは燧ケ岳へ....
DSC_0312
うそうそ...^^;

まつお君は休憩所へ...
DSC_0314
閉まってるけれどね...。

私と山うさぎさんはまずこちらから...
DSC_0315
この分岐の先は燧ケ岳しかないのかと思っていて行った事が無かったのだけれど...
DSC_0317

あら~!!なんとまあ!!
DSC_0326
池塘が沢山!!

そして怪しげな物体...?
DSC_0339

大好きなヒツジグサちゃん!!
DSC_0340

いい感じに紅葉していましたよ~!!
DSC_0346
少し行動食を補給したら出発です。

白砂峠はあっという間に越してしまったけれど...
DSC_0352
そのあとすってんころりんしてしまった私にそのあとの下りは異様に長く感じるのでありました^^;

それでも夏の緑が生い茂ってしまっていた景色と一変している冬枯れの景色に懐かしさを感じたり...
DSC_0354


DSC_0355

ゴーストタウンのようになってしまった見晴の風景が物珍しくて転んだ痛さなんか尾瀬が原へぬける頃には忘れてしまいました。
DSC_0357

尾瀬ヶ原は春のそよ風の様な少し暖かい風が吹いていて平らな木道を歩いているのにポカポカ暖かく周りのお山もよく見えていました。

景鶴山かな?
DSC_0360

雄大な至仏山...来年こそはチャレンジしたい...。
DSC_0363

そしていつ見てもかっこいい~燧ケ岳...。
DSC_0365

あちらこちらには次の春に備えて冬装備に切り替えている木々の芽...
DSC_0366

野草の芽...
DSC_0371
これから降る大量の雪に埋もれてもなお生きているなんて植物達の強さに圧巻!!

このこたちもこれから来る冬を乗り越えて行けますように...。
DSC_0375

こんなにドライになってしまったけれど
DSC_0378
また来年新たな命として再会出来るのを楽しみにしているね...。
DSC_0379

龍宮小屋まで行ったら休憩しましょうと言う事なのでグングン歩きます。
DSC_0380
時々まつお君がちらちら振り返る...ちゃんと心配してくれているのね...。

さあ、福島が終わって群馬に出たら...
DSC_0384

龍宮小屋はもう少し...
DSC_0386

龍宮へと続いているかも?な渦巻き...。
DSC_0388
写真じゃいまいちわかりづらいでしょうか...?

龍宮小屋へ到着したら前日の残りのおにぎりを頂いたりお茶を飲んだり...20分程休憩してまたひたすらゴールを目指します。
DSC_0390

終わりがどんどん近付いてなんだか寂しくなってしまうけれどここから先は行った事のない未知の世界でもあり、ワクワク(*^^*)
DSC_0394


DSC_0401


DSC_0402


DSC_0403

そして...こちらからは風がやめば逆さ燧が見えるそうです。
DSC_0407
今度は原からぐるっともいいかもな...。

こちら側はヒツジグサちゃんの宝庫でした!!
DSC_0413
お花ちゃんがある頃に来たら凄いんだろうなぁ...。

何やら空が怪しくなり始めた頃に山ノ鼻へ到着。
DSC_0414
山うさぎさんのドラえもんポケットからはなんと草大福!!

生き返る~!!

そしてこちらはガマ岩なのか?ガマ石なのか?かえる君にみえるかな?
DSC_0415

最後はまつお君にガンガンラストスパートをかけられ翻弄され...途中出会った人たちに腹立ちますよ~と愚痴りながらも本当はそんな逞しくなったまつお君を誇らしげに思ったりして...。

あ~!!もっとまつお君のザックに私の荷物入れとくんだった~!!

なんて事も思ったりして...アハ(´∀`*)
DSC_0417
14:00鳩待峠着!!

トイレに行っている間になんと戸倉までのバスチケットをみっちゃんと山うさぎさんが用意していてくださいました...帰りは日光の渋滞が恐ろしかったので沼田経由で帰るので事前に二人を沼田まで乗せる約束をしていたのですが...まさかバス代払って下さるとは~!!!なんと感謝していいやら...これであの例のあれ、食べる事が出来ました。

ありがとうございました!!!

そしてもう一つ...なんと戸倉の第一駐車場へ着くとゲートが外されていて運転手さんが言うには駐車料金払わないで出られるよ~と言う事で!!二日分払う予定だった2000がなんとタダ!!

ダブルでラッキーなのでありました( ̄ー ̄)ニヤリッ


小さな小さなまつお君と尾瀬へ行き始めた頃沼から原への縦走なんて夢のまた夢だったけれど思いがけずその夢もかない...終わってみたらとってもお得感満載のラッキー山行のお話なのでありました...。

私の小さなつぶやきにすかさず反応してくださって誘ってくださったみっちゃん、美味しいものを沢山用意して下さった山うさぎさん...。

今回も色々とお世話になりました...そして、本当にありがとうございました!!






登山・キャンプランキングへ

尾瀬でキャンプするよ2日目@尾瀬沼~見晴~竜宮~ヨッピ吊り橋

やってしまいました...尾瀬キャンプ二日目のレポ間違って消してしまいました。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

潔く...いいのか?...書き直そうと思います。

一度読んだ方2度楽しめますね( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \ラッキ~!!


はい、では二日目いこうと思います!!

お腹も一杯になったので沼を出発です。8:36
DSC_9054
前日よりも少しだけ天気が回復してきました。
DSC_9055
よかった~!!

余りアップダウンのない道のり、荷物は少々重いけれど湖面に少しだけ青空が映ったりして前日とは違う表情を見る事が出来ました。
DSC_9057
真っ直ぐな木道が出てくるとすぐそこは沼尻です。
DSC_9058
40分程で沼尻へ着きました。
DSC_9060
また曇って来てしまいました。

白砂峠を越す前に少々お腹が空いてしまったので休憩しつつ燃料補給です。
DSC_9061
私はお汁粉、まつお君は饅頭サイズのミニメロンパン。
余り休むと体が冷えてかえって疲れてしまうので少しだけ休んだら出発です。

DSC_9068
尾瀬は実りの季節が始まっています。長く続いた梅雨がようやく終わりそうだと思ったらあっという間に秋が来てしまうのでしょうね。

雨が多いと嫌なことも多いのですが、雨が多いおかげでゆったりとした澄んだ水の流れに癒されながら歩くこともできます。
DSC_9097

こちらは白砂峠下の田代。
DSC_9114
まつお君がまだ小学1年生だった頃に反対側から白砂峠を越えてこちらへ降りた事があるのですが結構きつかったのを思い出します。今より山歩きをしていなかったのもありますがこちらの道はもしかしたら沼から降りて行く方が辛くないのかも知れません。
DSC_9120
その時辛い登りを終えてこちらの湿原に降りた時なんてキレイなんだろうと感動したのですが、今回後ろから人が来ていたのでうまく撮れなかったのもあるけれど植物が少ないような...気のせいかしら?

DSC_9132
白砂峠は岩がごろごろしてはいる物のそんなに危険な個所ではないのですが湿気が多いので木道などが滑りやすくなっているので下りも滑らないように気をつけて降りなくてはいけません。

湿気が多いのでこんなに大きなキノコの株。
DSC_9142
ナメコに似ているけれど違うかな?

きのこの手前にはオオマルバノホロシちゃん。
DSC_9140
ナスの花に似ているので尾瀬ナスとも呼ばれクコのような実を付けるのですが毒があるそうです。

低山で見かけるようなお花ちゃんも見かける事があります。
DSC_9178
こういう可愛らしいお花ちゃんを見たり...
DSC_9183
すんごい曲がった木を見たり...雪の重みでこんなに曲がってしまったのかしら?
DSC_9192
森の中は楽しいものが沢山です。

見晴が近くなってくると益々水が多くなってきます。
DSC_9200
滑らないように気を付けて歩いてね!!

あっちもこっちも水が多くなってくるので湧き水や小さな滝もそんなに珍しく無くなって来るのですが、
DSC_9203
何故かまつお君にこの場所撮ってねと言われたので撮ってみました。

どうでしょう?

あっという間に見晴分岐。
DSC_9211

燧小屋でテントの受け付けを済ませ設営し終わったのは11:30頃。まだまだ時間があるのでご飯を済ませたら尾瀬ヶ原を歩いてみようという事になりひとまずランチタ~イム!!

乾燥野菜と早ゆでパスタを茹でて...
DSC_9215
こちらを加えて...
DSC_9216
クリームパスタのルウを加えたら...
DSC_9217
出来上がり!!
DSC_9219

さあ、食べたらお散歩いくよ~!!
DSC_9220

お散歩でかけるよ~!!
初めは真っ直ぐな道をひたすら歩きます。
DSC_9226
13:23竜宮小屋付近に到着。
DSC_9234
ゆったりとした水の流れ...
DSC_9236
この水はどこから来てどこへ流れて行くのか...
DSC_9259
ホントに尾瀬は水が豊富だね^^
DSC_9265
まだまだお散歩は続くので休憩せずに先を急ごうと思ったのですが...
DSC_9266
すぐに竜宮十字路13:30

眺めがいいのでちょっと休憩。
こちらでランチした方がよかったかな~!!
DSC_9272
思いがけずヒツジグサちゃんに御対面^^
DSC_9281
見た目は蓮の花に似ているけれど蓮よりもかなり小ぶりで清楚な花。

この時期は華やかな花に溢れる季節ではないけれど時々...
DSC_9298
アオヤギソウちゃん^^

こちらのお花ちゃんは...
DSC_9302
なんでしょう~?

さて、ヨッピ吊り橋前の分岐迄来ると...
DSC_9307
何だか軽装の二人のお姉さんが橋の上で吠えていました^^;
DSC_9314
なにやっていたのでしょうか...?

尾瀬は木道が多いせいか軽装の方をよく見かけます。

実は沼尻でハイヒールのお姉さんを見てかなり驚いてしまいました(つд⊂)ゴシゴシ
話には聞いていたけれど本当にいるのですね...。
確かに子どもも歩ける安全な場所が多い尾瀬なのですが、木道の無い場所には石がごろごろしていたり木の根もあるし、木道だって雨の後は滑りやすい...。

今回は見晴のテン場で(#`皿´) ムキーーーー!

...な出来事もあり^^;それについては後ほど...。

誰でも来やすい場所かも知れないけれどもう少し山の中を歩いているのだという意識を持ってほしいな...なんて...思ったりして!!

私...厳しいかしらね...?


ちょっと愚痴になってしまいましたが気分を変えて...。
DSC_9316
ヨッピ吊り橋の下の川もゆったりと流れていました。

こちらのお花ちゃんは...
DSC_9331
トモエソウ

オトギリソウに似ているけれど花はかなり大きめで色も可愛らしいレモン色(*^^*)

東電小屋の近くにはこんな看板があります。
DSC_9347
自然をお借りして歩かせていただいている事を忘れないでいたい。

東電小屋に到着14:17
塩ソフトのポスターの誘惑に負け^^;
DSC_9352
ん~ま~い!!

山へ行くとこういう訳で太ってしまう...気をつけねば...。

甘いの食べたし3時までには戻りたいので出発。
DSC_9358
ちびっこかったまつお君がこちらの橋を渡ったのは随分前の事...懐かしいなあ。

川は只見川。
DSC_9365
手前は新潟だったのね!!
DSC_9370

湿原へ戻って来ると...
DSC_9377
イワショウブちゃん

DSC_9382
サワギキョウちゃん

はじめましての
DSC_9384
カキランちゃん

こちらは...
DSC_9386
調べたけれどわからなかった...ギブア~ップ!!

14:56見晴へ帰ってきました。
DSC_9387

夕方早目にディナータ~イム!!
DSC_9388
この日の夕飯はマーボ春雨...乾燥ネギとささみを加えたら...
DSC_9389
あっという間にに出来上がり!!
DSC_9390
キクラゲが入っていたので少々クレームがありましたが...(`ε´)ぶーぶー

親の権力をふるい今回は我慢して食べてもらいました。

でも、小さかったので意外と気にせず食べられたようでした。

寝るまでにはまだまだ時間があるのでまつお君は燧小屋へお風呂に入りに行き私はその間湿原迄お散歩です。
DSC_9391
クガイソウがゆらゆらと揺れる中...
DSC_9392
ある小屋の前で合コンの雰囲気!?

丁度席替えのお時間だったようでかなり盛り上がっていました^^

湿原は思ったよりも人がいなくて静かでした。
DSC_9394
かなりお天気も回復してきて日差しが植物へあたり始めてキラキラ輝きだしました。
DSC_9395
同じ花でもお日様があたると違って見えてきます。
DSC_9396

こんな小さなお花ちゃんにも名前があるのです。
DSC_9397
ヒメシロネ

湿原のグリーンもキラキラです。
DSC_9401

ヨツバヒヨドリちゃんの花の蜜はどうやらアサギマダラのお気に入りらしく帝釈山の登山道付近に沢山咲いていた所へ沢山とまっていたのを見た事があります。
DSC_9405

オゼミズギクはまだこれからでした。
DSC_9408

日があたったのでもう一度撮り直し...
DSC_9411
かなり華やかに見えてきます。

こちらのモウセンゴケは細長い。
DSC_9420

少しずつ日が沈み始め...
DSC_9424
夕日を見ようと人が集まってきます。

DSC_9425
でも、山の裏側へ沈む迄眩しいくらいに輝く太陽!!
DSC_9429
周りが赤く焼けないかとかなりまっていたのですが...
DSC_9445
うっすらとピンクに焼けて終了なのでした...。

書き直し終了~!!

3日目へと続きます...ホっ...^^;



QRコード
QRコード
最新コメント
記事検索
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。