ちょっと田舎で暮らしてみよう

将来の夢は超田舎でのんびり暮らすこと...だったのですがいろんな子どもたちと接するうちに、子どもたちの未来の為に自立へと向うお手伝いがしたいと思うようになりました。 まだまだ私の中の小さな夢、ずっと先の話にはなりそうですが...そして妄想の段階...。 大好きな山歩きや野菜づくり、食育を通してこの夢をいつかかなえるか、妄想で終わるのか!! 中途半端な田舎で仕事しながら何が出来るか模索中の私です。 とは言え、まだまだ模索の段階なので日々の出来事や山の出来事を中心に書いています。

奥尾瀬

輝く森のその奥へ~奥尾瀬紀行 後編@渋沢温泉小屋~兎田代~三条ノ滝~燧裏林道経由 御池

温かい布団にぐっすりと私の山小屋史上...あまりないけれど^^;...初って位に熟睡し元気な朝を迎えました。

そうそう、朝の3時にアラーム鳴らしてごめんなさい^^;
切るの忘れていました...あは(´∀`*)

美味しい朝ごはんをたっぷり食べたらこの日のメインを観に行きますよ!!
DSC_9131

7:30頃小屋の前で記念撮影をして森さんにご挨拶したら...「まつお君を見守る会」の皆さんと出発です...ふふふ、タイトルにしようかと思うほど気に入ってしまいました(*^^*)

DSC_9017

さよ~なら~また来ますね~!!
DSC_9025

小屋のすぐ近くの分岐、本日は左手の兎田代へとまず向かいます。
DSC_9031

九十九折の道をジグザグ、ジグザグ...でも皆さんとても良いペースで歩いて下さるのできつい道の割に余り疲れを感じる事はありませんでした...これがまつお君と二人だとね...速過ぎるのよ^^;母ちゃんは何時も疲れちゃうのよ...。
DSC_9045
日が大分登ってきて木々が輝き始めます...ピンボケなのはご愛嬌ヾ(=^▽^=)ノ
DSC_9063
なにやら暗いのもご愛嬌^^;おいおい...

上へ上がるごとに紅葉やら、黄葉やらが少しずつ...
DSC_9070

兎田代はこんなに紅葉が進んでいました。
DSC_9082
今年初の紅葉の道に青い空。
DSC_9092

ナナカマドさんの果実も嬉しそうに輝いています(*^^*)
DSC_9098
おっと~!!こちらでのんびりパチリしていたら皆さんがいなくなってしまった!!
なんとか追いつくとまつお君の姿はもうすでになく^^;

なにやらサルのようにピョンピョン飛んでったようで...相棒さんも追いかけて下さったようで...初めて矢車草さん、相棒さんたちと歩いた高尾山でも似たような事があったなぁと懐かしく...そしてご迷惑おかけしますと心の中で思ったのであります。

帰りに登り返すのこりゃぁ大変そうだって位にガンガン下って行ったら沢の音がハッキリと聞こえてきました。
DSC_9103

最後にこの急な階段を降りたら滝はもう少し。
DSC_9108

見えてきた!!
DSC_9123

まつお君発見!!
DSC_9126

そして遂に着いたよ~!!本日のメイン...
DSC_9131
三条ノ滝でございます...まつお君作の笹舟と一緒にパチリ^^

そしてオヤツタ~イム!!

前の日に絶対に食べて下さいね~と皆さんへお願いしていたスティックデニッシュが要約日の目を見る事に...
DSC_9134
あッ変なハートのテープはオサレテープを買う時間が無くて家にあるのをグルグル巻きに^^;お許しを...

三条ノ滝前で食べるよ~!!
DSC_9135

なんと撮影用に木の葉をご用意...腕が悪いのはご愛嬌...
DSC_9141
おいおい、またか^^;

今度矢車草さんにばっちり指導してもらおう~っと( ̄ー ̄)ニヤリッ

山うさぎさん瑞々しい梨ごちそうさまでした~!!

お腹も少し満たされたのでさあ、登り返すとしましょうか^^;

滝を観ながら歩き始めます。
DSC_9145

苦しい登りも美しい紅葉を撮るふりをしてのんびり登ってしまいます。
DSC_9166

DSC_9181

オオカメノキさんかしらね?
DSC_9185
こちらの木は初夏には白い可憐な花、秋には美しい紅葉と季節毎に楽しませてくれる素敵な木。

わ~お~!!
DSC_9188
真っ赤では無くてもこういう色もまた素敵(*^^*)

どこもかしこも紅葉の始まりつつある道に思わず足が止まります。
DSC_9192

そしてやっぱりお天気の森は最高に輝いています!!
DSC_9197

苦しいきつめの登りもあっという間に終了...さあ御池へと戻りましょう。
DSC_9212

燧裏林道の道には燧ケ岳を木々の間から望むことが出来ます。
DSC_9213
今まで気付かなかったけれど皆さんと歩くとこういう新発見を教えていただいたりしてそれがまた嬉しい。

時々ぶら~んとしてる朱色の葉っぱちゃんに立ち止まり...
DSC_9215
また歩き...

裏燧橋を通りシボサワを渡るとしばらくアップダウン...
DSC_9225

それでも鮮やかであったり、優しい色の紅葉に何度も立ち止まっていたせいか...
DSC_9234
田代へ着くのもそんなに長く感じませんでした。

きっと楽しい山の友達が一緒というのもあるのでしょう。
DSC_9254

天神田代を過ぎたらこちらは西田代辺りですかね?
DSC_9268

木道に池塘が現れると...
DSC_9275
あぁここは尾瀬なのだなぁと旅の最後に思い出しました。
DSC_9279

木道から見えるカッコイ~山並み...
DSC_9283
なんてお山なのかしら?

そしてこちらは多分ノメリ田代。おや?何かやってるぞ!!
DSC_9288
私も一緒に手を挙げてみる...でも何か違うかも?
DSC_9289

わお~ッ!!ジャ~ンプ!!
DSC_9290
そっかぁ、これを撮るためだったのかぁ~!!

ジャンプの後は皆さんと心地よいベンチで休憩タイム。
DSC_9292

旅の終わりは近付いているけれど余りの美しさに何度も振り返る、振り返る...。
DSC_9297
思えば草紅葉の頃に尾瀬に来たの初めてかも...
DSC_9309
今年は尾瀬を何回も訪れた年だったなぁ...。
DSC_9316
フィナーレは青空に高く映える黄葉に紅葉...
DSC_9317
また来年も元気に来れるといいなあ...。

御池田代に着いちゃった...
DSC_9326
13:37御池に到着。

楽しかった山旅終了です...なんか書いていて寂しくなってしまった...。

キラキラ輝く森のその奥へと歩いた奥尾瀬でのお話なのでした。

帰りに桧枝岐あした天気さんで皆さんと遅いランチを食べさよならをして燧の湯に入り帰路へと着きました。

今回の旅のガイドに宿とバスの手配等をしてくださりカッケーまつお君の写真を撮ってくださったみっちゃんのブログはこちらから、勉強家で美しい写真が満載の矢車草さんのブログはこちらから、何時も私達親子に優しい声をかけて下さる心優しい繊細な世界の広がる山うさぎさんのブログはこちらから観る事ができますよ~!!

みっちゃん、山うさぎさん、矢車草さん、相棒さん、今回も大変お世話になりまして、ありがとうございました~!!

山では何時でもいろんな事が起きますがまた元気な皆さんと歩ける日を楽しみに安全な山歩きを心がけていきますね 。

それでは皆さん、また会う日までお元気で ('▽'*)ニパッ♪

人気ブログランキング 登山・キャンプへ

輝く森のその奥へ~奥尾瀬紀行 前編@小沢平~渋沢温泉小屋プラス渋沢大滝

あれは確か5月か6月か...twitterのやり取りで駒の小屋繋がりのみっちゃんが奥尾瀬が素敵だというレポに盛り上がり、これまた駒の小屋繋がりの山うさぎさん、矢車草さんご夫婦と秋に行こうと言う話に...

そして何カ月も前から楽しみにしていたその道を遂に歩いてきました!!
DSC_8900


9:20御池発の小沢平(コゾウダイラ)行きのバスにゆらゆらと揺られながらいざ出発!!
DSC_8750
バスの窓からは燧ケ岳さんおはようございます。

バスを降りて小沢平を出発したのは確か10時ちょっと前。
DSC_8759

なんて素晴らしい天気!!
DSC_8765

森の中は木漏れ日で溢れていました。
DSC_8769

上を見たり下を見たり、あちこちきょろきょろしてゆっくりと輝く森のその奥へと進んで行きます。

足元にはまん丸栃の実も時々落ちていたり...
DSC_8789

目の前には突然現れるどっしりとした大木...。
DSC_8792

沢の水も豊富に流れていて...
DSC_8800
とにかく命溢れる豊かな森...。

お花の季節も終盤ですがその姿もまた楽しかったりして...
DSC_8804
こちらはおそらくカメバヒキオコシの果穂。

そしてお花ちゃん(*^^*)
DSC_8817
ヤマハッカの仲間のようで似たような花が沢山あって迷いましたが東北分布なのはこちらかなぁと...シソ科もまた見分けるの難しいですね^^;

突然足元に現れるパンケーキキノコちゃん、ハロ~
DSC_8819
多分食べられないと思われます...だってキノコ採りのおじさんとすれ違ったのにこんなに堂々と残っているのだから...。

標高の低い小沢平からはまだまだ緑濃い道のりでしたが時々ぽつんと現れる気の早い葉っぱちゃんがい~ね~!!
DSC_8822

おっ!!何やら渋沢だけに渋い看板が登場...読み方はシボサワ、シボッサワ?どちらなの?
DSC_8820
フムフム...銀山湖のお船にも乗ってみたいものだねぇ...。

こちらは多くの釣り人さんが訪れる場所でもあるのですが、こちらのお魚ちゃん何だと思います?
DSC_8824
なッ、なッ、なんと岩魚~!!

え~!!!!!???

大きくなるのは知っていたけれどこんなに大きくなるとは~!!

マスや鮭の大きさ^^;

時々お花ちゃんにごあいさつ...アキノキリンソウちゃんおはよう~!!
DSC_8827

水量豊富な大きな沢もあるのですが細い一枚岩の滑(なめ)のある沢を私は余り見たことが無いのでウキウキしてしまいます。
DSC_8831
こういった沢は浅いので落ち葉が全て流されるのではなくそこへとどまる姿もまた風情があっていいですね^^

何やらウォータースライダーの様にも見えたりして楽しい限り!!

そしてまるでスポットライトのようにそこだけポッと浮かび上がる紅一点...
DSC_8833
これもまた美しい...

殆ど木々に覆われているその空の隙間から時々覗く青い空に映える赤い椛にこれまたウキウキ...
DSC_8838

素敵な優しい山友さん達との楽しいひと時にまた心ウキウキ...
DSC_8845
もう、ウキウキしっぱなし...思えばこんな楽しいひと時は久しぶりだわ...一人山行が増えてきたのでバタバタと歩く事も多いこの頃、久しぶりののんびり癒され山行...

んもう~最高!!

キノコ軍団にまたもやウキウキ...ウッキ~!!(サルではありません)
DSC_8865

そしてあぁ...未熟な私の写真では伝わらないけれど...この輝く森の木々はスッと天を目指して高く高く伸びている...。
DSC_8869
この森はどのくらいの年月をかけてこの美しい木々を育て上げたのでしょうか?

時々ぽかんと空に向かって空いた穴...こんな素敵な景色を見られるのは好天になったから。
DSC_8872
この日に入山出来た事に感謝。
DSC_8873

皆さんと一緒なのと距離もそんなに無いので余り時間を気にせずに歩いたからどの位歩いたのか忘れてしまったけれど、ようやくシボッサワの流れに出会う事が出来ました。
DSC_8880
温泉成分流れる白く輝く沢を、見た目は怖いけれど意外にしっかりとした手前の橋を渡ったら今夜のお宿はもう少し。
DSC_8896
向こう側は只見の流れ、手前の白いのはシボッサワの流れ...こちらは二つの流れの合流点。

振り向いたら見えてきたよ!!
DSC_8898
そして渋沢温泉小屋に到着。
DSC_8900
三角お屋根が可愛らしい(*^^*)

そしてこの渋い看板とのギャップもいいねぇ~。
DSC_8903
小屋で各自優しい雰囲気の小屋番さん、森さんへごあいさつしたらこの青空のもとシボッサワの河原に降りてご飯ご飯!!
DSC_8906
おっと~!!

余りに食い意地が張っていて矢車草さん作の美味しいむかごご飯に塩コンブのおにぎりやら、味のしみた唐揚げやら、ほんのり甘い玉子焼きやら、みっちゃんの持ってきたシャインなんとかと言う皮ごと美味しい緑の葡萄やら...全てパチリするのを忘れてしまったのでした( ̄▽ ̄;)!!ガーン

今思い出してもお腹グ~グ~なりそうになる美味しいご飯にフルーツ、ごちそうさまでした!!
DSC_8911

お腹がすっかり満たされて何やら眠気が...しか~し!!

みっちゃんは眠らせてくれませんよ~!!やっぱりあれを見にいかないとね!!
DSC_8914
シボッサワを渡って危うい梯子を登ってそこへと向かいます。

目的の場所の途中には柔らかく色づき始めたツル性の植物に...
DSC_8921

青々としたシダ類の茂る足元。
DSC_8930

そしてやっぱりまだまだ輝き続ける太陽...。
DSC_8941
う~ん...これまたなんて美しい場所なのでしょう...。
DSC_8946

掌サイズの美味しそうなキノコ軍団...いや、食べちゃだめだよね...きっと^^;
DSC_8948

そして、見えてきた!!目的の場所!!渋沢大滝に到着。
DSC_8960
滝壺まで行くためには渡渉をしないといけないのですが、渡れるのか自信が無く躊躇...以前大峠~三斗小屋まで歩いた時怖い思いをしたのでちと怖い...。

すると山うさぎさんが渡れそうな所を教えて下さりなんとか渡る事が出来ました。

ありがとうございます!!

滝つぼへ着いたらまつお君がナイスな場所を陣取っていました。
DSC_8965
私の写真いまいちなのですが、みっちゃんがこれまたうちの子かい?
って位にカッコよく撮ってくださって...余りにも素敵に撮れているので後でコピーしてお部屋に飾ろうかしらって思ってます。

思っていた以上に迫力のある大きな滝。
DSC_8972
お昼寝なんてしないでみっちゃんに着いてきて正解!!

大滝手前の滝は白糸の滝?
DSC_8989
こちらも控えめでありながら美しい滝でした。

大滝迄行くのは長く感じましたが帰りは下りが多かったせいかあっという間に戻ってきました。
DSC_8999
何時しか日の光も夕暮れに近づいている気配...。

部屋に戻って山うさぎさんの持ってきた美味しい梅酒を頂きそのあと温泉に入り温まったら眠気が...楽しいお話を聞きながらも目がもう虚ろだったと思われる頃夕飯の時間になりました。

癒され系の小屋番さん森さんのお話をうかがいながら山女、山男と言う日本酒をいただき美味しいご飯にお腹いっぱ~い...よはまんぞくじゃ...。
DSC_9009

あッ...私の言葉足らずでキノコ意外にシーフードもNGと伝えていなくて折角ご用意してくださった立派なエビフライは私と矢車草さんの旦那様、通称相棒さんの胃袋へ...ごちそうさまでした!!
DSC_9015
以後気を付けます!!

ご飯の後は消灯の8時まで相棒さんの担いできた久保田のお酒を頂きながら楽しい夜は更けていくのでした~。

後編へ続く...(*´∇`*)



人気ブログランキング 登山・キャンプへ
QRコード
QRコード
最新コメント
記事検索
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。