ちょっと田舎で暮らしてみよう

将来の夢は超田舎でのんびり暮らすこと...だったのですがいろんな子どもたちと接するうちに、子どもたちの未来の為に自立へと向うお手伝いがしたいと思うようになりました。 まだまだ私の中の小さな夢、ずっと先の話にはなりそうですが...そして妄想の段階...。 大好きな山歩きや野菜づくり、食育を通してこの夢をいつかかなえるか、妄想で終わるのか!! 中途半端な田舎で仕事しながら何が出来るか模索中の私です。 とは言え、まだまだ模索の段階なので日々の出来事や山の出来事を中心に書いています。

古峰ヶ原

@前日光 横根高原 古峰ヶ原〜井戸湿原ピストン


少し前になってしまいましたが前日光の古峰ヶ原から入り井戸湿原をピストンして来ました。

またまたblogもYAMAPもほったらかし始めたのでちょっと前の記憶を辿りながら〜(´∀`*)

知る人ぞ知る、な前日光ですが静かで美しい広葉樹林の広がる森のハイクは心癒されます。


そんな癒しの森の一部にメガソーラー計画が。゚(゚´ω`゚)゚。


気づいた時には反対運動の署名は終了してしまった様ですが、もしまた募集するならばぜひとも署名したいものです。


山行記録はこちらからどうぞ(´∀`*)

https://yamap.co.jp/sp/activity/906350

霧の道を進めば@古峰ヶ原峠~横根山~井戸湿原

実はこの間の土日は尾瀬にいたのでした...6月の尾瀬...あ~最高だった...。
で、すぐにでもアップしたいところですが...ぐっとこらえて前回の山行アップいきま~す!!

前回こちらのコースを訪れた際に出会ったおじ様、おば様グループからツツジとズミが一斉に咲く珍しい場所なんだよ~^^と教えていただきその頃に行けたらいいな、なんて漠然と思っていました。普段いつも行き当たりばったりでお花ちゃんに巡り合えるのですが今回は相当な期待をしつつ鹿沼へと向いました。

6時半少し過ぎに古峰ヶ原峠を出発です。出来れば横根山を経由して井戸湿原も通りつつ...。
DSC_2678
入口付近からつつじが沢山咲いています。
DSC_2686
今回はまつお君の他に高校時代からの友達ハッチを連れて歩きます。会津駒ヶ岳へ行くのでその前に結構歩いておいてもらわないと滝沢登山口のあの急登は大変ですからね^^;

入り口付近はようやく春が始まったばかりの雰囲気...
DSC_2721
晴れていれば新緑さいこ~!!

と言いたいところでしたがこの日はあいにくの曇天...少々がっかり^^;

DSC_2734
でも杉林なんかに比べると全く暗く感じないせいかまつお君は文句を言わずにサクサクと登ります。
考えてみたら雨かも~なんて思っていたのだから降らないだけでもラッキーかも...雨降ったら山へ行けないわけだし^^

DSC_2743
最初の頃によく見る事が出来たのはこんな感じの薄めの色。パステルな色合いが上品で可愛らしい...。

何故か上へ行くほど濃くなり...
DSC_2746
しかし、立派な株だわ~!!いったいどのくらいの年月を生きているのかしら...。

森の中へ目をやると...
DSC_2769
もわっとしたガスの中にすっと背をのばすツツジ...ツツジってあんなにひょろ~っと伸びるものなのですね。

足元にはこんなお花ちゃんが
DSC_2817
マイヅルソウ

どんどん登って行き平になってくると...
DSC_2976
ボチボチズミのトンネルが!!

足元にはぐんぐん伸び初めのシダ類。
DSC_2981
この伸びて行く様に生命力を感じます。

そしてこの辺りからズミとツツジのコラボが始まります。
DSC_2982
上へ行くほど鮮やかな色が増えてきます。
DSC_2986
同じ様なのばかり撮ってしまいますが^^;
DSC_2991
いやぁ、どれも見逃せない...。
DSC_2992
笠間のツツジも素晴らしいのですがこんな風に山でのツツジを見るのは子どもの頃に母の田舎である霧島の山のミヤマ霧島を見て以来なので...咲き方も大きさも花の種類も違うのですが...きれい~!!きれい~!!としか言葉が浮かばず...しかし緑の中にポッと浮かぶ鮮やかな色がとても新鮮でした。

しばしツツジのトンネルを進みます。
DSC_2998
途中しつこく撮り続けていると...
DSC_3002
あっという間においていかれます^^;
DSC_3004
針葉樹のこういう新芽の出始めって理由はないけど好きなのですよね...。
DSC_3011
三枚石は前回寄ったので割愛...方塞山への道は前回とは全くの別世界明るい色の新緑が広がります。
DSC_3012
気持ちのいい平らな道を下って...
DSC_3019
登れば...
DSC_3046
あっという間に方塞山。
もうバテてしまったのかい?
ここからは大きなズミの木が沢山あるのですがその前に...
DSC_3060
このフワフワなやわらかい白花...アラゲアオダモ...かしらね...只今山野草、花木ともに勉強中間違っていたらごめんなさい!!

再びツツジの花が咲く牧場横の道を下って行きます。
DSC_3096
しばらく有刺鉄線沿いに進んで行くと...
DSC_3133
霧の中に何かが...
DSC_3109
これは...
DSC_3131
ズミ...大きなズミが沢山はえていました。

ロッジの前を通り過ぎ横根山、井戸湿原へと続く砂利の道を行きます。
DSC_3168
こちらのズミのほうがまだまだ見頃な感じでした。

横根山への登山道へと入ると...
DSC_3185
こんな感じです。

更に井戸湿原へと入ると...
DSC_3246
シロヤシオとクサソテツがあちらこちらに.。

更に山ツツジのトンネルをくぐり五段の滝を見に行きます。
DSC_3252
途中ひっそりと咲くシロヤシオが印象的で...
DSC_3265
思わずパチリ。
いつ見ても清楚で可愛らしい花。

五段の滝はと言うと...
DSC_3294
あはは~!!上手く撮れませんでした!!

滝って撮るの何気に難しいわね^^;

でも沢の流れと苔むした感じに癒されるステキな場所でした。

DSC_3308
まだまだこれからのお花ちゃんもあり...でもあれからだいぶ経ってしまったので今頃終わってしまったかな...。

井戸湿原から象の鼻へと進む道へと進みます。
DSC_3318
ガスが無ければもう少し鮮やかだったと思うけれどこれはこれでキレイでした。

湿原の真ん中にある木道へと少しだけ寄り道。
DSC_3340
ますますガスがこくなる感じ。

しかしかなりの大株になるツツジが沢山ありました。
DSC_3346
ズミも一緒に。
DSC_3356
あまり変わり映えしないと思いつつ...
DSC_3365
こんなのも...。

シカよけのネットがあるゲートを出るとあちらこちらでこんな物が
DSC_3380
虫の嫌いな方ごめんなさいね^^;
DSC_3392
ハルゼミの抜け殻かなと思います。
もっと大量にくっついている木もあったのですがこのくらいにしておこうかと...こんなに大量にセミの抜け殻がまとまってあるのなんて見たことなかったので驚きで、感動です。

しばらく階段が続き汗が出始めた所で象の鼻に到着。
ランチタイムです^^
今回はそろそろ金欠になり始めたので節約ひき肉料理、豚牛の合びきに刻んだ生姜と小口切りにした青ネギを混ぜ込んで肉だんごを家で仕込んできました。
DSC_3399
まず肉だんごと家庭菜園で採れた絹サヤに火を通し、先日まつお君がオセロ大会に出場した時の参加賞のオセロラーメンのスープを加えます。オセロラーメンは黒い麺と白い麺があったのですが黒い麺を家で食べてしまったので白い麺を持ってきました。

家で下茹でしたものを加えます。
DSC_3408
更に温めたら...
DSC_3416
半熟玉子とネギを加えて召し上がれ(*^^*)

こちらにはまつお君もおいしかったと言っていました。ひき肉料理が好きということもあり、これからはこういうものを家で加工して冷凍してから持ってくると節約できるかな...なんて思ったりして...。

ご飯食べたら出発だよ~!!2時半までには戻るよ~!!
でもその前に展望台からの眺めを...
DSC_3428
曇っていたので晴れていればの素晴らしい山の眺めは無かったのですが、あちらこちらに生えているズミとツツジが箱庭みたいで可愛らしい...新緑も気持ち良かった!!

こんなさびれた感じの牛舎と...
DSC_3442
春になり活き活きとし始めたズミ...対照的な眺め...牛さんはまだ戻って来てないのかしらね?

もと来た登山道へと戻り帰りは写真は撮らないかな...何て言っていたくせについつい...
DSC_3459
帰り道をまた登って行くのが結構きつかったりして...汗がどっとあふれます。

でも帰り道も鮮やかなツツジ達に励まされ...
DSC_3467
ピークはあっという間に通り過ぎ...
DSC_3470
古峰ヶ原が見えてきたよ!!
DSC_3489
到着したのは14:30くらいだったかな?

当たり前なのだけれど花があるのと無いのとではこんなに道って変わるものなのだね...と思いながら歩いた山でのお話なのでした。

タイムリーではない私のブログもようやく追いつきそうです。

一気に書くのは難しいので少しずつ今週末までには...どうにかしたい...毎朝仕事前にテレビを見ずにブログを書くのが日々の習慣になりつつあります...あまちゃんと奥様は魔女はしっかり見ているのだけどね^^;





ハプニング続きだったテント泊練習の旅@古峰ヶ原~象の鼻ピストンハイクの巻

昨日は久しぶりに家庭菜園に力を入れて一日庭をうろうろしていたせいか今日はいつも筋肉痛にならない所がいたたな状態で、背筋とかもう少し鍛えないといけないかなと感じる今日この頃です。

連休後半、そろそろテントの組み立て方とか練習しておかなくては...じゃ、せっかくだからキャンプ場泊して山も歩きましょうと言う事で古峰ヶ原の辺りを歩いて来ました。
今回の旅は母も同行するということで短めのコースを考えていたのですが足が痛いと言う事で一日目は、母には温泉に入ってもらいまつお君と私だけで少し長めのコースを行ける所までいこうと言う事になり古峰ヶ原峠でおろしてもらい出発となりました。

登山口出発8:22
IMG_7929
井戸湿原迄行けたら行こうと話していると近くで出発しようとしていたグループの中のおじ様が、辛いのは三枚石迄だから象の鼻まで行けるかもしれないよと聞き象の鼻も考えに入れながらの出発です。
IMG_7931
やる気満々です。

こちら以前反対側にある地蔵岳を途中で降りて来た時...雪と道がわかりずらくて危険なので敗退^^;勉強不足だったのですが...あまりにも早い時間でこのまま帰るのはつまらないので三枚石迄行った事があるのです。
その時は少しだけ雪が残っていたのですが今回は完全に溶けた様子。

実はこちら里山トレーニングをしている時に出会ったおじ様に教えていただいたお勧めコースでもあります。

こちら標高1000メートルちょいなのでまだまだ冬枯れている登山道を歩きます。
IMG_7934
しかしよくみると...
IMG_7935
ツツジの花芽が頑張っています。あと1カ月もすれば咲くでしょうか...ツツジとズミが一斉に咲くんだよと登山口でお話ししたおじ様が仰っていました。

しばらく歩いて振り向くと...
IMG_7937
男体山が木々の隙間からこんにちは^^

そしてまだまだ冬の気配...
IMG_7938
寒いわけです。

それでも小さな命たちは...
IMG_7943
懸命に春を待っているようで...
IMG_7950
新しい命の誕生や
IMG_7952
春の支度をしている木々達。
IMG_7945
せっかちなお花ちゃんもチラホラ...。

下らない話を二人でしながらぐんぐんとあがって行くと...
IMG_7946
時々日光ファミリーも見えてきました。

前回余り鮮やかでは無かった苔も...
IMG_7953
復活中。

足元を良く見れば...
IMG_7954
沢山の芽がお目覚めの様子。

下界よりも遅い春が進行中です。

こちらは
IMG_7955
皇海山...あちらにもいつか...。

ピークも近くなってくると
IMG_7957
ひっろびろ~な登山道脇、天気もいいので寝ころびたくなってしまいます。

ゆっくり歩いてもコースタイムとほぼ同時刻に三枚石に到着9:20
IMG_7959
三枚石は帰りにちょこっと撮ったものなのでイマイチ迫力が伝わりませんが...
IMG_8103
こんな感じです。

勝道上人がこちらにのって修行したと言う事で...登らないように針金で囲ってあります。
神聖な場所なのですね。

こちらをすぎるとすぐに
IMG_7963
寄ってみます。
IMG_7964
登山道脇は広々としていてこれまた寝ころびたい雰囲気。
IMG_7965
到着...近付いてみると...
IMG_7968
開けていいのかしらね?

水量はまだまだ少なめなのかも知れません。
IMG_7971
水路はからからになっていました。

再び登山道に戻り出発です9:28
IMG_7973
しばらく平らな道を進みます。

途中の木に...
IMG_7976
不自然なキズ...シカ?それとも、くまちゃんかしら?

地蔵岳には沢山いそうだったのでこちらにもお出かけするのかも知れませんね。一応熊鈴は付けた方がよさそうです。

一回下って登り返すと
IMG_7979
何やってるのですか...。

方塞山到着9:46
IMG_7981
標高1388m、まだまだ冬枯れてます。

頂上は...
IMG_7984
これまた広々としていて気持ちいい眺めが広がっているのですが...実はこの先もっとナイスな眺めがまっているのです。

とりあえず井戸湿原方面へ
IMG_7982

こちらからしばらく下るのでこれは行きはヨイヨイのパターンかなと思いつつどんどん下ります。

少しだけカメラマン交代。
IMG_7990
お~いい感じじゃないの~!!

じゃあこれも撮ってよ~!!
IMG_7993
荷物重いがガンバルの図...帰りに少々へばるのですが^^;

チラホラ可愛らしいスミレちゃん...
IMG_7999
ニョイスミレ...かしらね...。

ぐんぐん下って
IMG_8002
なにやってんのさ...。

言い訳ですが私はやれと一言も言ってません...。

ブログを見て下さる方へのサービスだそうで...。

撮らないでいたら...撮った~?と聞かれたので撮った次第であります...。


そんなこんなで...どんなこんな...。
更に下ると...
IMG_8014
ド~ンと牧場です。

牧歌的...というかまさに牧場がしばらく続きます。
IMG_8012

IMG_8018
真っ青な空も好きですが雲が適度に入っているのも好きです。

IMG_8021
分岐に到着10:19
IMG_8025
ハイランドロッジへとすすみます。

井戸湿原、象の鼻へはハイランドロッジの駐車場へ停めて歩く事が出来ます。
IMG_8026
牧場らしい風景ですね...。

ふと横を見ると
IMG_8027
ああ、なんか懐かしい風景だな...。
IMG_8029
どこかでみたような...あっそうだ!!タスマニアに似ているね(*^^*)

帰国してから何だか色々あって一度も行ってないんだよな...貧乏だし...行きたいな...。

なんかちょっとおセンチになってしまいましたが後ろを振り向くと...
IMG_8031
お~!!おっきな男体山!!

こんなのまだまだ、象の鼻へ行けば...
IMG_8038
日光ファミリー丸見え...ごめんなさい...男体山以外のお山が何となくしか分からないので説明できません...。
とりあえず一番左は男体山...そんなの知ってるよって?

真ん中は...大真名子山かしらね...右はおそらく帝釈山、女峰山、赤薙山の順かしら...^^;てきと~ですみません...。

小真名子山は見えないのかしら...。

ちょこっと左へよると...
IMG_8047
とんがってる皇海山もはっきりと...。

そして...
IMG_8077
日光白根山かと思われ~

間違っていたらご指摘お願いいたします...。と先に書いておく...。

とにかく天気が良かったのもありこの日の眺望は最高でした^^

お昼御飯ですよ~!!

今日のランチはちゃんと家で仕込んで来たわよ~。
トマトソースは買ってしまったけれど...牛スジ肉はしっかり柔らかく煮込んで...
IMG_8067
ソースがふつふつしてきたら...
IMG_8069
ピーマンを加えてラタトゥーユ風にしてから...南仏風牛煮込みソース。

勝手に名前つけてみました^^;

IMG_8070
いい感じに火が通ったら...
IMG_8071
茹でてきたパスタを加えて混ぜ混ぜ。

できあがり~
IMG_8073
絶景と一緒にいただきま~す(*^^*)

おいしかった~!!

まつお君も勿論文句なし...またもや上手いもなし...。

お腹も満たされたので出発です12:09
IMG_8079
ちなみにこの日はなんと北アルプスも確認できたのですが...オンボロカメラの映りがイマイチでね...。

帰りの道は怖い、怖いで...。
IMG_8090
意外とこちらの階段が疲れました^^;

それでも
IMG_8096
可愛らしいお花ちゃんに励まされながら...
IMG_8104
春の気配を感じつつ...。

朝見た風景が見えてくると...
IMG_8108
あっという間に登山口14:09
IMG_8115

14時前後に戻って来る約束を母としていたので大体時間通りの到着^^
次回は是非ぜひツツジとズミが咲き溢れる頃に来てみたいものです。

夜はゆっくり...したかったのだけれど...食材の調達はキャンプ場の近くで~なんて考えていたら山深い所で母とまつお君にテントの設営を頼んで車で片道30分の道を食材ゲットに...。

お~まいがっ(**)

そして戻ったら簡単にガスで調理しようと思っていたのに、まつお君がキャンプなので火を焚きたいと...しかしこちら、山の神バンガローの奥様も旦那様も本当に優しい方たちで色々心配して下さって...。
IMG_8123

IMG_8119

IMG_8127

本当にお世話になってしまいました...。

後編では山の神バンガローの話ももう少し詳しく書いていきます...それ以外にも鹿沼市...旧粟野町...の方々には
お世話になってしまう出来事が...。

人の優しさをしみじみと感じる事になる山旅まだまだ続きます...。



QRコード
QRコード
最新コメント
記事検索
livedoor 天気