ちょっと田舎で暮らしてみよう

将来の夢は超田舎でのんびり暮らすこと...だったのですがいろんな子どもたちと接するうちに、子どもたちの未来の為に自立へと向うお手伝いがしたいと思うようになりました。 まだまだ私の中の小さな夢、ずっと先の話にはなりそうですが...そして妄想の段階...。 大好きな山歩きや野菜づくり、食育を通してこの夢をいつかかなえるか、妄想で終わるのか!! 中途半端な田舎で仕事しながら何が出来るか模索中の私です。 とは言え、まだまだ模索の段階なので日々の出来事や山の出来事を中心に書いています。

スッカン沢

スッカンブルーに会いたくて@スッカン沢 

今日から3月!!

なのにスッカン沢を歩いたのはなんと2月の14日^^;...
DSC_5569
何やらいろいろやらなくてはならない事山積みで中々趣味のお話まで手が回らず今日になってしまいました。

だからスッカン沢の氷柱群も大分小さくなってしまったかなぁ... 

その日、山の駅たかはらへ着いたのは7時半位だったかなと思います。かなり風が強くて少々吹雪いていたのですがてんきとくらすの八方ヶ原の天気はまあまあだったのでじきに回復するかなと信じつつ朝ごはんを食べたり準備をしたり...出発したのは8時半少し前でした。

ちなみに同じ高原山にある釈迦ヶ岳は登山指数Cでした。

白かった空も少しずつ青くなり...
DSC_5347
 吹雪も止んだので心ウキウキ(*^^*)

木漏れ日が心地よい...
DSC_5352

巨大氷柱にたどり着く前に小さな流れに出来るしぶき氷やミニミニ氷柱をとても楽しみにしていたのに今年は雪は多いのに寒さがいまいちの様でちょっと残念...
DSC_5378
シャーベットの棒アイスみたいになっていました。

雷霆ノ滝も昨年より凍っていませんでした。実は一月に咆哮霹靂ノ滝迄行って時間切れになって戻ってきたのですがその時帰りの登りで追い付いてきた方が今年は暖かくて凍るのが遅いから2月に入ってからの方がいいですよと勧めてくださったのですがあれからそんなに寒くならなかったのかも知れません。その時と余り変わりませんでした。
DSC_5390
ちょっとがっかりではありますがこれでも食べて元気出しましょう!!
DSC_5393
なのに...イチゴが入っていなくてこちらでもがっかり...^^;
そういう商品なのね...これ...

甘いものを食べてエネルギーを補給したのでいよいよ氷柱を見に行くとしましょうか。

沢にはトゲトゲアイスキャンディ!!
DSC_5408
この日は咆哮霹靂ノ滝はパスして自己責任の雄飛ノ滝方面へアップダウンを繰り返しながら進みます。

6本爪アイゼンを使いましたが氷柱群手前の最後の登りは6本では頼りない感じでした。

そして氷のクラゲ様~!! 
DSC_5414
どうしてあんな風にポコポコってなるのでしょうか...不思議だなぁ...
DSC_5422
ちょっと露出をいじったらこんな色になってしまいましたがこんな色じゃなかったような...
DSC_5432
アップにするとエイリアンの様で怖いよ~ε=ε=(;´Д`)

クラゲちゃん横のスリリングな壊れかけの階段をゆっくり下りて次の氷柱群へと進みます。
DSC_5442


DSC_5445
よ~く見ると足元に暖かさで溶けて落下してしまった巨大な氷の塊があるからこの下を歩いている途中もスリリング...
DSC_5458
いや、そんなスリル全く欲しくないのだけれど( ̄ロ ̄|||)

スッカン橋迄来たら危険地帯は終了かな?
DSC_5460

こちら画像がなくて説明しにくいのですが橋を真っ直ぐ上がって遊歩道まで行ってしまうと雄飛ノ滝にはいけません。遊歩道を上がる手前に雄飛ノ滝へと降りる道があるので雄飛ノ滝を観たい方はお気を付け下さいませ...
DSC_5465
雄飛ノ滝へ行く途中に青いスッカン沢の流れが始まります...
DSC_5476

そして去年より氷が育っていないような気はするもののやっぱり大迫力の氷瀑に氷柱...
DSC_5489

青い雄飛ノ滝も見えてきましたよ~!!
DSC_5508
やっぱり来てみて良かったなぁ...
DSC_5509

先端恐怖症の人!!要注意!!
DSC_5517
トゲトゲは健在でした~!!
DSC_5523

どうしてこうなったのか?不思議な形の氷のかまくら...
DSC_5526
自然て凄いな...
DSC_5534
偉大だなぁ...
DSC_5536
そんなありきたりの言葉しか浮かんでこないのだけれど...
DSC_5544
とにかくこの氷の塊を、スッカン沢の不思議な青さを心の底から感動しましょう...
DSC_5559
遊歩道に出て素簾ノ滝を上からパチリ...

この青い流れを眺めながら沢沿いの遊歩道を一番乗り!!ノートレースのなか歩きます...気温が上がって雪が溶けだしたせいか少し重く感じました。
DSC_5569


DSC_5582
今年こそもっときれいに撮りたかったけれど思ったようにこの美しさを伝えるのは難しいねぇ...

途中この分岐を左に進みます。
DSC_5587

DSC_5591
きっと、もっと近づける場所があるはずなのですが...^^;
DSC_5594
これが私の限界かしらね...一人だから慎重に、慎重に...
DSC_5597


DSC_5605


DSC_5618
立ち止まって何時間でも眺めていたくなりますがこの先長いからね...油断は禁物!!

冬季車両通行止めの県道へ出る前の階段は直前に積もった雪がもふもふ~
DSC_5625

登ったら簡単にランチタ~イム!!
DSC_5635
カレーにカレーって^^;おい、おい、なんにも考えてないねアタクシ...

ご飯を食べてる間に栃木在住だと言う御夫婦があとから現れて少しお話した後に再出発...12時位だったかなと思います...ここからが異様に長く感じました。そしてこのコースを前年と同様に歩くと決めてしまってやや後悔...
DSC_5637
県道といえど...ノートレース~!!深いところは膝まで...ワカン履いてるけど辛いのなんの...一人ラッセル(;´Д`)

期待していた道路沿いのミニ氷瀑群も雪で埋まっているのか暖か過ぎて育っていないのか...
DSC_5640
ちょっと後悔しながら黙々と歩く私をミソサザイちゃんらしき小鳥ちゃんが励ましに来てくれました(*^^*)
DSC_5647

どはっ!!!こんなに埋まってますが...このまま一人ラッセル...いや、膝位とはいえ...辛いなぁ...
DSC_5648
不安だ~!!なんて思っていたら突如現れた救世主!!

なんと私の後ろから先ほどお話したご夫婦がグングン追い上げてくるではありませんか!!

あっという間に私に追い付き、

ラッセルおつかれさま~!!

なんて軽やかに声をかけながら先を行ってくださいました(T_T)

なので一人ラッセルはとりあえず終了...その先も決して短い道ではないのですが一人でまっさらな雪を踏み踏みするよりは断然楽になりました...ありがとうございました!!
DSC_5652
一人ラッセルの心配も無くなり、歩き始めよりは雪も積もっていなかったり、全くないところもあったりで少し心の余裕も出来たのでこんなのをパチリしたりして...
DSC_5653

風に粉雪が舞い上がってクルクルクルクル^^
DSC_5655


DSC_5663
粉雪のダンス(*゚▽゚*)
DSC_5676
氷瀑は少なかったけれど雪が多いので去年とはまた違う風景...蜂の巣のようね...
DSC_5687
県道の標高が上がってくる途中、少し風が強くなってはいたけれどゴールが近くなるにつれて穏やかに...
DSC_5694
でも日射しは早くも夕方の気配に近づいています。
DSC_5701


DSC_5703

矢板に入るとホッとしました...
DSC_5708

あっそうそう、ゴールも間近のある場所で、

おしらじの滝と矢印、山の駅と矢印...だったかな?ちょっと記憶があいまいなのですが...

雪面にストックで書いてありました。

あっという間に見えなくなったご夫婦は滝方面に下り山の駅方面のトレースが無くなるのであとから来る私が山の駅方面へ迷わず行けるようにという目印として書いて下さったと言う事で...なんて素晴らしいお気づかい!!

素敵な山人にあえてとても感動しました(*^^*)
DSC_5710
私も雪面にありがとうございましたと返事を書いていたら旦那様が上がってきたので挨拶をして先へと進みます...しばらくまたノートレースでしたがあっという間にお二人に追い付かれしばし立ち止まっておしらじの滝について教えていただきました。

幻の滝だそうなので雪が溶けたらまた再訪したいななんて思います...どこから降りるかもわかったし!! 

長く感じる最後の県道歩きでしたが素敵な山人の温かい心遣いにめぐり逢えこの日の山行は終わりとなるのでした...14:20頃到着...
DSC_5713
スッカンブルーにも再会できたし、素敵な出会いもあったそんなスノーハイクでのお話なのでした...

またいつの日かお二人に再会出来ますように(*´∇`*)


 
登山・キャンプランキングへ

とんがってるのと丸みのあるのといろいろだから面白い@スッカン沢

前回山の駅たかはらでスノーシューハイクをした時にスッカン沢の氷柱と氷瀑への道を発見したので行ってみようと家を出たのは6時半頃...本当は5時半に出てゆっくり歩いてみたかったのだけれど前夜に準備をしたり下調べをしていたら寝るのが遅くなってしまい、家を出るのも遅くなり久しぶりの寝不足ハイク...道の駅に着いたのは9時になってしまいました。

急いで支度をして家を飛び出しハイクがはじめられたのは9:28
DSC_1044
そこから緩やかな真っ白な道を進んで行きます。
DSC_1049
木々の葉が落ちてしまうと森の中はすっきりしてしまいますね。

フムフムなるほど...
_DSC1053
目標は雄飛滝だけれどとりあえず咆哮霹靂の滝と雷霆の滝位は距離的に大丈夫そうかな...しかしこちらをピストンで折り返すのは...疲れるだろうな^^;

そんなことを思いながらも今季始めたばかりのスノーハイクは目新しい物ばかり...少し歩くとすぐに立ち止まり...
DSC_1057
パチリとしたり...まつお君の軽アイゼンが上手く装着できていなくて何度も立ち止まって直したり...

ありっ?これは前回のスノーシューハイクのパターンと同じではないか?


雪のある道にはまだ慣れていないので普段よりも多めに時間配分を考えなくてはいけないかもしれません。

下へ降りる程に小さな沢が現れてきて...
DSC_1075
遂にはガチガチに凍りついた沢が現れました。

ただ雪が積もっているように見えるかも知れませんがこちらの盛り上がっている部分には氷の塊があるのです。
DSC_1080
橋の下から覗きこむとちらっと見えるでしょうか?
 
そしてこちらから歩くこと数分...あれは?
DSC_1085
右の奥に滝らしきものが見えてきました。

雷霆の滝へ到着10:17 
DSC_1097
右半分だけ凍っています。

氷瀑の上に雪が積もっていました。
DSC_1103

お腹が空いてしまったのでオヤツタイム~!!
DSC_1113

また来るね~
DSC_1116

雷霆の滝を出てすぐにすれ違ったおじ様に35分くらいで雄飛滝だよと教えていただき吊橋を渡ったのは10:39
DSC_1123

咆哮霹靂と雄飛滝の分岐迄来たらこんな看板が...10:50
DSC_1131
ヤマレコで確認していたけれど...はて?どこから雄飛滝へ行けるのだろう?先に咆哮霹靂の滝へ行ってしまうべきかと迷っていると、私の目が泳いでいて心配だったのか親切なハイカーの方たちが声をかけてくださってこちらの看板の先が雄飛滝だと教えてくださいました。

その時点でピストンで帰る予定でいたので咆哮霹靂は戻ってくるときによればいいかなとひとまず雄飛滝へと向かうことにしました。

ほとんどの道は軽アイゼンでも余裕の場所でしたが一か所だけ石段の部分がかなり凍りついていて、少し傾斜もあったので帰りはちょっと怖いかな~とまつお君と話しながら歩きました。

そして...10:58
DSC_1140
木製の階段の上まで来ると巨大な氷瀑の始まりです。
DSC_1143
どこから見てもすごい迫力...
DSC_1154
なるほどこれは渋滞するはずだ...でも私が見てみたいのは雄飛滝の氷柱群。
まだまだ先を歩きます。

あちらにも...
DSC_1176

こちらにも...
DSC_1180
凄いね~!!

なんて言ってるからなかなか進まない...^^;

こちらのあたりには溶けて落ちた岩のような氷が沢山落ちていました。
DSC_1198
暖かくて何時落ちてくるかわからないから油断はできません。

スッカン橋の下まで来ると挨拶したおじ様に...

何時まで一緒に歩けるかわからないから写真を撮ってあげよう!!

と声をかけられ写真を撮っていただきました...後でみてびっくり...すんごいまん丸なお顔になっていたわ(T_T)

こりゃあマジでダイエットしないと七峰縦走やばいな...。


で、話は戻るのですがおじ様もよくお孫さんを食べ物で釣ったりして山へ連れ出したそうなのですが...最近は一緒に行ってくれなくなったそうで...中学生は忙しいから中々山へ出かける気力はないよな~そうだよな~うちのまつお君ももうすぐ中学生...本人はすっかり山行が好きになってはいるものの...部活も始まるしそうはいかないよな...。なんて思ったりするのであります...。

実はまつお君も山があまり好きではなかった時期がありまして...ではなぜ山が好きになったかというと...あの大好きな小屋へ通うようになったのがきっかけの様で...なんと小屋番さんになりたいと...卒業文集の下書きに書いてありました...親以外の人との出会いって重要ですよね...ホントそう思います。

高校生になったら山岳部のある高校へ行きたいそうですが中学の間は部活があると思うようには行けないよね...彼の将来の夢は山に関わる仕事だからなるべく経験を積みたいと思っているらしいのですが...まっ、あせらず中学3年間は部活で足腰鍛えてもらいましょう!!

となんだか話がずれてしまいましたがいよいよ氷柱群...その前にスッカン橋を渡って...
DSC_1202
スッカン沢の流れを楽しみ...
DSC_1232
雄飛滝へいくぞ~!!と思っていたら間違って遊歩道方面へ上がってしまい危うく絶景を逃す所でした。

遊歩道への階段を上がりふと振り向くと朝同じころに入山した方たちが下のトレースが付いている所から左に入っていくではないですか...。

間違いだ!!とすぐに気付き3メートル程下ってそちらのルートへと入っていくことに...こちら間違いやすい所らしいのね^^;あぶない、あぶない。
DSC_1241
狭いから慎重に滑らないように進みます。
DSC_1247


そして...
DSC_1259
きた~!!

これでも今年は氷が少ないらしい...でも初めての私達にとっては見ごたえ十分です。
DSC_1267
沢の向こう側に沢山の氷柱。
DSC_1305
刺さったら大変(((( ;゚д゚)))

下の方には岩のような氷の塊が...
DSC_1273
こんなのが直撃したらたまったものじゃありません...。

そして今回の一番のお目当て...
DSC_1309
雄飛滝11:30

少し下がって撮ってみると...
DSC_1290
こんな感じです。

実際はもっと美しいのだけれど今の私の腕前だと...^^;

このあたりでお腹が空いてきましたが日陰で寒いので遊歩道を出てからご飯にしようということで先ほどの間違えて上がってしまった道へと戻ります。
DSC_1323
雪は少なく溶けてどろどろの場所もありました。

こちらの道からもスッカン沢の碧い流れを楽しむことができます。
DSC_1331
任三郎の滝かな~?もっと違う角度から見ると美しいのだけれど...何故この角度?

不思議な色をしているのは石灰や炭酸などの成分が含まれているからだそうです。
_DSC1344
そのため昔は酢っ辛くて飲めないということで酢っ辛い沢と呼ばれていてそれが訛りスッカン沢になったそうで...面白い名前ですよね^^

しばらくそのスッカン沢の流れを楽しみながら歩きます。
_DSC1346

もっと近くに寄ってパチリしたいものですが...
_DSC1381
怖いからやめておきました。
DSC_1353
しかし...実際にはもっと美しいので足が進みません...
DSC_1384
季節を変えたらまた違う美しさがあるのでしょうね...きっと
DSC_1400

_DSC1393
季節を変えて是非再訪したいです。
_DSC1394
それにしても快晴とまでも行かなくてもそこそこお日様の出る日で良かったです。

光が水面に反射してこれまた美しい...。

12:35お腹が空いてもう限界!!という頃に雄飛橋へ着きました。

今回は時間短縮したかったので途中のコンビニで買ったカップラーメン
DSC_1403
ラーメンにっこう...っていうから日光のご当地ラーメン?と思ったらなんと彦根の方のラーメン屋さんだそうで...まっ別にこだわって買ったわけではないのでいいのだけれど...チョイ紛らわしい...。

これだけだと寂しいので家で作ってきた豚の唐揚げと畑の小松菜をゆでたものを加えていただきま~す!!
DSC_1407
よ~し!!カロリー充填オッケー!!

なが~い道を歩くよ~!!
DSC_1416
その前にアイスリンクのようにガチガチになってしまった氷の上に乗って楽しむまつお君。

こちらの道は塩原と矢板を結ぶ道なのですが冬季は通行止めということで道路の真ん中を堂々と歩くことができます。
DSC_1420
始めはこちらの道を歩かないで氷瀑だけを見たらピストンしようと思っていたのですが...意外と氷ガチガチだった雄飛滝までの石段を軽アイゼンで下るのはなんとなく恐ろしく少し遠くなるけれど簡単に歩けそうなこちらの道をぐるぐる行くことに変更しました。

なので咆哮霹靂はまた今度...。

ご飯を食べ終わり歩きだしたのは13:08だったので2時間半もあれば3時チョイ過ぎくらいには到着しそうかなと...。

滑る個所も無かったのでアイゼンを外してひたすらぐるぐる、ぐるぐる...。

時々動物君の足跡...
DSC_1430
なんの足跡でしょうね?

初めのうちは道路脇に楽しいミニ氷瀑の世界...
DSC_1436

規模は小さいですが中々のもの...
DSC_1437

時々お山が見えてきて...
DSC_1443

またミニ氷瀑
DSC_1448

氷柱折ってみたかったそうで1本だけいただきました...
DSC_1462
わ~!!すんごいとんがっているのね~!!

こんな光景も...
DSC_1475
どうしたらこんな風に波打つのでしょうね...
DSC_1478
不思議です。

もうひとつ不思議な光景...
DSC_1502
鳥の巣のようなのは宿り木...早春に黄色の小さな花を付けるそうです。

最後のミニ氷瀑...
_DSC1497
南極の氷はこんなのかな...?
_DSC1496
なんて乗っかったらツルンツルンΣ(´д`;)

怖い怖い...。

柔らかな空の色にスッと伸びる飛行機雲...
DSC_1518

時々赤みが出ると何故かホッとする...
DSC_1530
ツルウメモドキの果実が沢山!!

長いね~もう、お母さんうんざり...なんて私の方が滅入ってしまいそうだったけれどまつお君は文句も言わずに...そんなことは言わないと心に誓っていたらしく...強くなったもんだ(*^^*)

やっとここまで来たよ~!!
DSC_1565
14:28矢板と...
_DSC1568
那須塩原の境。

こちらを30分程歩いたら...
DSC_1571
ゲートが見えてきた!!

意外と登りが多くてくたくたになってしまったけれど七峰縦走のいい練習にもなったかな...

15:00到着...
DSC_1575
1分くらい座ったら来るというので置いて行きました。

良く頑張ったね!!

...私がね...だって、どう考えたってもう、まつお君の体力には負けていますよ...。


思いがけずに10キロ程歩くことになったのかしら?

とんがってるのと、丸みのあるのといろいろあるから面白い...自然の美には驚かされるばかり...スッカン沢の流れにも癒されたスノーハイクでのお話なのでした...(*゚▽゚*)

人気ブログランキング 登山・キャンプへ
QRコード
QRコード
最新コメント
記事検索
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。