ちょっと田舎で暮らしてみよう

将来の夢は超田舎でのんびり暮らすこと...だったのですがいろんな子どもたちと接するうちに、子どもたちの未来の為に自立へと向うお手伝いがしたいと思うようになりました。 まだまだ私の中の小さな夢、ずっと先の話にはなりそうですが...そして妄想の段階...。 大好きな山歩きや野菜づくり、食育を通してこの夢をいつかかなえるか、妄想で終わるのか!! 中途半端な田舎で仕事しながら何が出来るか模索中の私です。 とは言え、まだまだ模索の段階なので日々の出来事や山の出来事を中心に書いています。

田舎暮らし

ある朝のひと時

ようやく初夏らしい日差しになって来ました。
IMG_8360
3月に蒔いた絹サヤも花を付け
IMG_8362
実を付け始めました。

霜で全滅してしまったのでモロッコインゲンを10日程前に蒔き直したところ
IMG_8365
スクスク成長中です。

同じ頃に蒔いたキュウリも芽を出しました。
IMG_8366

毎年勝手に生えてくる紫蘇。
IMG_8367
だからなんだかスーパーで紫蘇を買うのがバカらしくてたま~にしか買いません。
紫蘇は大すきなのですが...。

植えた事のないオクラにもチャレンジです。
IMG_8368
5本植えたのですが今朝みたら2本に減っていました。
根の張りが良くなかったようです。

毎回上手く育てられないのですがまたもや懲りずに植えてしまいました...。
IMG_8374
ワイルドストロベリー...普通のイチゴよりかなりの小ぶりなのですが香りと味が濃くて好きなのです。
ジャムにできるほど上手く育てられないのでチョコチョコ摘んで食べておしまいになってしまうのですが^^;
グランドカバーになってくれると嬉しいなんて思いながら植えてみました。

ブルーベリーも花から...
IMG_8302
実へと成長中。
IMG_8369

毎年もてあまし気味の赤いスグリの実もこんなに大きくつやつやに^^
IMG_8315
今年は果実酒にでもしましょうかね...。

この間まで固いツボミだったラズベリーも
IMG_8345
花が咲き始めました。
IMG_8390
地味な花ですよね...けれどゴージャスな味の実を付けてくれるのです。
以前はジャムにしたりジュースにするほど沢山なっていたのですが最近減少始めたので消えてしまわないように気を付けなくてはいけなくなりました。

そのためには草取り頑張らなくては~!!

なんとか生き延びている
IMG_8356
ブラックベリー
花もピンクで楽しめます。

3~4日前にはこれしか出ていなかったベビーリーフ用の葉物も
IMG_8351
こんなに大きくなっていました。
IMG_8382

10年位頑張って育てていたローズマリーを去年枯らしてしまったのでレモンタイムと一緒に台所の前のプランターへも植えて...
IMG_8383

IMG_8384
今年は豚肉や鶏肉のローストに使えたらいいなあ!!

連休の最終日にジャガイモを植え付けたり....
IMG_8296
灰をつけて細菌や病気、虫等から守ります。

トマトやナスを植え付けました。
IMG_8301

バジルもね、忘れてはいけない夏の代表ハーブ。
IMG_8311

菜の花やルッコラの花はキレイですが...
IMG_8354
てんぷらやおひたしにしてもいい優れもの(*^^*)
IMG_8344
肝臓の働きを助けてくれるそうです。

畑にマリーゴールドを植えるのは
IMG_8310
花を楽しむわけではなくて、コンパニオンプラントという野菜の成長を手助けしてくれる存在になってほしいからなのです。虫よけになったり種類によっては成長促進になったり...。それがコンパニオンプラントの役目。

今年最後の庭のスミレは
IMG_8318
そばかすスミレ
IMG_8319
植木鉢の中にひっそりと咲いていました。

こちらも草ぼうぼうの横着屋敷の端っこに今年も頑張って咲いてくれました。
IMG_8350
ミヤコワスレ
うちのは少し色が薄いタイプです。

草もかなりの勢いですが...
IMG_8379
いろんなお花ちゃん達も...
IMG_8385

IMG_8386
唇みたいな模様なのでリップセージ?
IMG_8388
赤いのはチェリーセージ

IMG_8380
ニゲラももう少しで咲き始めるかな...。

IMG_8389

IMG_8391

IMG_8323

ふと、軒下を見ると...
IMG_8320
去年のこぼれ種からアサガオが芽を出していて...
夏はあっという間にやってくるのかな...

...と思うある朝のひと時なのでした。



小さなイギリスへ行ってみよう@フラワーヒル花ぞの

ドタバタなGWも終了間近なある午後のとあるお庭訪問...。

あの出来ごとでたっぷりっと母から絞られ逆切れ迄してしまった私は山へも当分行けないしと...何だかすっきりしないまま次週から頼まれた新しい仕事のプレッシャーでもやもやしたり...あ~こんなんじゃダメ人間まっしぐらだ...。

いけない!!

いけない!!

こういう時こそ鼻だ...あっ違った...。

花だよ!!花!!

お花ちゃんに癒してもらいに行きましょう~!!

と言う訳で旧岩間町...現在笠間市にあるフラワーヒル花ぞのへやってきました。
IMG_8240
こちらブルーベリー農園も併設しているので蒸し暑くなってくる頃に大粒のブルーベリーを量り売りして下さるのですが、年間を通してこちらを訪れる私の理由はブルーベリーだけではなく素晴らしいイングリッシュガーデンなのです。正確に分類するとこちらのお庭はコテージガーデンと言えるかな?

ちょっと向こう側の通りには広い田んぼが広がっているのにこちらだけがイギリスのお庭なんて...不思議空間でもあったりします。

この日こちらを訪れた時まず出迎えてくれたのは...
IMG_8242
紫陽花の様なブーケにぴったりなお花ちゃん、オオデマリ

そして一歩お庭へ入ってみると...
IMG_8246
一輪車に植えられたリビングストーンデイジー

真似したいけど中々思いきれずにいるこの飾り方お気に入りです^^

お花ちゃん達と同じ高さにかがみこむと...
IMG_8248
様々な表情を見せてくれます。
クリンソウだったかしらね...間違っていたらごめんなさいね...。

イライラの今の私にぴったりな(笑)
IMG_8249
カモミール

花を摘んで寝る前にお茶にして飲むと体が温まりぐっすりと眠れます。

変わった色の...
IMG_8250
ネモフィラ

青い花は国営ひたち海浜公園に咲くのを茨城県民なら知っているはず...。

こちらは...
IMG_8251
シラーかな...。

んっ?こちらは...
IMG_8255
八重のニゲラ?ヤグルマソウ?

こちらのお庭見た事のないお花を見る事が出来るのもまた魅力でして...
IMG_8256
花びら四枚のクレマチスは原種に近いという記憶が...。

ピンクも素敵です。
IMG_8285
モンタナっていったかな...実家にも昔あったのだけれどどこかにいってしまったような...

もうすっかりアイリスの季節なのですね...
IMG_8257

洗練されたお花もあるけれど野趣に富んだお花があるのもコテージガーデンの魅力と言うか...
IMG_8260
IMG_8253

IMG_8261


IMG_8258
勿論日本庭園なんかも大好きなのですが、どちらも甲乙つけがたい...。

庭の片隅にはしっかりと菜園のコーナーなんかもあったりして...
IMG_8259
これを使ってどんな料理をするのかな...なんて想像するのも楽しみ方の一つであったりして...。

ジューンべリーかな...?
IMG_8252
こちらも正しければ食べられるはず...しかもおいしいはず...。

おいしいものも一緒に植えてあるのがまたいいところ...。

華やかな...
IMG_8262
西洋オダマキ

こちらも咲くとかなり華やかな...
IMG_8264
八重咲きのクレマチス

タダ植えてあるわけではなくて...
IMG_8266
こんな風に立体的にして効果的にバラを這わせたりしている上級なテクニック...中々根気のいる作業だと思うので横着者の私には中々真似が出来ず^^;

所狭しと様々な花が植えてあるのに...
IMG_8268
何故かバランスがとれていたりして...
IMG_8269

IMG_8270

IMG_8271

IMG_8272

IMG_8273
本当にこちらはうちから車で10分程で来られるという事をしばし忘れさせてくれます。
IMG_8274
ここはイギリスだよね?

おば様達の笑い声が聞こえてくるまではそう錯覚させてくれます...。

モッコウバラの屋根をくぐって...
IMG_8277

可愛らしい小さな花もじっくりと眺めたいところ...
IMG_8279

IMG_8280

こんなにお花も溢れているので虫達も大喜びで...
IMG_8281
花の蜜のランチを堪能中...。

こちらのラベンダーも可愛らしいのですが
IMG_8284
大株に育ったラベンダーも楽しみですよね。

花にあまり興味のないまつお君、頑張ってまつお母に付き合ってくれたので金欠ですが頑張ってちょこっとご褒美といきましょう...
IMG_8287
山が見えるベランダの特等席へ座って...
IMG_8288
色鮮やかなブルーベリーケーキとジュースのセット...なんとまあ贅沢な...^^;
IMG_8289
私はイライラを止めるための安らぎのハーブティー...名前忘れた^^;
IMG_8290
ちょこっとのんびりしたら切羽詰まったような...イライラの様な...そんな気持ちも少し落ち着きました。

ハーブって不思議ですよね...。

この日は子どもの日...。余り親らしい事も出来なかったので帰ってからまつお君の為の焼き鶏バーベキュー。
IMG_8292

いつものばったばたなバーベキューではなくてゆっくり火をおこし...じっくり焼いたらお腹も満タン心も満タン...。

結局花よりだんご!?

いえいえ...近場でのんびり過ごす、そんな休日もなかなか良いものですよ(*^^*)

...というある休日のお話なのでした。











Lightgreenが旬な季節だよ@奥久慈男体山健脚コース~フジイ越~古分屋敷

いや、びっくりもう、なにがびっくりって...書き終わって投稿しようと思ったら文字数多すぎって...。
そんなに私書きましたかね...いつもと変わらないかと思ったのですが^^;
何かが違ったのでしょう...。
っで直していたらま~さ~か~の~消えた...。(**)

ようやく気を取り直し書き直しです...。
こんなことにはへこたれませんよ~!!

さて、あの大会も終了しのんびりお気に入りの山でランチでもしたいな~と奥久慈男体山と奥久慈岩稜の辺りまでいってきました。

山は新緑の季節が始まりました。
IMG_7745
Lightgreenの季節!!
この森へ飛び込めば疲れていた心も癒されるパワーに満ちている命溢れるこの季節本当に大好きです。

と言う訳で8:06登山口へ向けて出発です。
カメラマンを交代してもらい格好良くとってね!!といったのに...ガニ股に撮っちゃってさ~しかも足短いし...あっ!!足短いのはもともとか...^^;
IMG_7699
こういう余計な事書くから文字数多かったのか?違うよな...きっと。

前日にかなり降ったので水量が増していつもより迫力満点の小川の流れ。
IMG_7700
天気もよくて青空がたまりませんね~
IMG_7704
あの上へ行きますよ^^

登山道の分岐へ行くまでに小さな銀杏の赤ちゃんや
IMG_7705
水滴がついてキラキラのスギナを無視できずに撮影会がスタート。
IMG_7706



そんな私に冷たい視線が...
IMG_7709
行くよ~!!
IMG_7710
あっ...すみません...今行きますね...。
完全に立場が逆になりつつあります^^;

もうあちこち撮ってばかりいると置いて行かれます...。
IMG_7712
でも~誘惑が多くてね...。
きゃ~!!なんか可愛いの咲いてるよ~!!
IMG_7716
3月の頃と比べると茶畑が輝いているよ~!!
IMG_7717

シ~ン...。

ま、植物に興味が無いのは今に始まった事では...仕方ないね^^;

だけどさ~これは流石にキレイだと思いません?
Lightgreenのトンネルだよ~!!
IMG_7719
桑の花かしらね?
IMG_7718
もしそうならば暑くなる頃に黒い木イチゴの様な実をつけるはず。甘酸っぱくてなかなかおいしいのです。うちの母は桑の実をせっせと河川で摘んできてたったひとりの孫の為にジュースを作ったりしてくれます。
若い頃は良くケンカしたし今も言いたい放題にいいあってしまう事もあるけれどなんだかんだでお世話になっているんだよな...色々言うけれど実は母には頭が上がらない^^;母の日どうするか只今模索中...。

森の手裏剣を発見!
IMG_7722
アオキの花

まつお君の最近のブームは手裏剣を作ることで家のあちらこちらに手裏剣が...この間なんかちょっと気に障る事言ったら手裏剣でやっつけられてしまった^^;

写真を撮って前を見ると...
IMG_7723
わ~!!また置いて行かれる~!!急がねば...。

このトンネルを抜けると小さな沢が出てきます。
ミミガタテンナンショウの向こう側には
IMG_7725
普段あまりはっきり流れていない沢が見えました。
IMG_7727
やはり前日の降雨が関係しているのでしょう。

こちらの沢を過ぎると道が少し悪くなり登りも少しずつきつくなっていきます。
IMG_7729

杉がグンッと伸びてカッコイイ~!!
IMG_7732
どこまで伸びて行くのだろう?

少し暗めの杉林を進むと8:55鎖場へと進む分岐を過ぎ、いよいよ鎖場です。
IMG_7733
だんだん慣れてきたけれど油断は禁物...実はこの日鎖場ではないのですが花を撮ろうとしていて危うく滑落しかけてしまいました...落ちそうになりドラマの一場面が頭に浮かび、そうかこういうちょっとした気の緩みが思いがけない事故につながるんだなと頭の中でグルグルグルグル....とにかく鎖場直前での反省、反省、反省...。

どんな道でも気を付けなければ...。

鎖場手前の冬の間は枯れていた沢へ着くと...
IMG_7741
水がすごい勢いで流れていました。
IMG_7743
こちらでこんなに水が溢れているのを見るのは初めてで何だか不思議な気持ちで感動です。

この森の緑がこんなに健やかに輝いているのは...
IMG_7744
沢山の水に恵まれているからなのか...それとも...
IMG_7745
森が豊富な水を作りだす手伝いをしているからなのか...
IMG_7746
私達人間が知らないだけで自然はお互いに協力し合っているのですね...。

沢沿いにはこんな可愛らしいお花ちゃんも待っていてくれましたよ^^
IMG_7751
ミヤマハコベ

通常のハコベよりも5倍くらいは大きいと思います。
IMG_7753
良く見るとピースしているみたいな5枚の花弁がくっついているのですよ(*^^*)
IMG_7754
同じ花でもいろんな表情を見せてくれますね。

IMG_7748
ムラサキケマン

こちらは...
IMG_7749
コゴメウツギでしょうか...判別不可です...。

な~んて物思いにふけっていると...
IMG_7756
どんどん勝手に鎖場へと進んでしまうまつお君...置いて行くな~!!

鎖場の風景はかなり割愛...。

前も載せたしね、それになにより撮っている暇もないくらいにどんどん登ってしまいかなりの上達ぶりでした^^

あっという間に中間地点。
IMG_7763
さあ、あそこまでもうひと頑張りp(*^^*)q

何だか様になってきたぞ!!
IMG_7768
よ~く考えて登るのって脳にいい刺激を与えるそうで子育てに登山っていいらしいですよ~^^

と正当化してみた...。鎖は良く考えないと疲れちゃうし危ないですよね、そして冷静に...。

途中の眺めはこんな感じ...
IMG_7759
わ~お~!!今日は近辺の山は最高の眺めだよ~

小さな可愛らしい名前も良く分からない山が沢山、沢山連なっています。
秋は錦秋に染まるこちらの風景、今年はどんな紅葉が待っているのでしょう...なんてもう秋の話し...早すぎでしたね^^;でも本当に素敵なんですよ。

レンゲツツジらしきものもありました。
IMG_7769
子どもの頃に良くツツジの蜜を吸ったりしたものですが実はレンゲツツジには毒があるそうで...あまりそういう事をされる方はいないでしょうが...私草とか食べちゃう子どもだったのです^^;...子どもさんには気をつけなくてはいけないですね。

かなり上がって来て中間地点が遥か下に見えてきましたよ。
IMG_7771
あそこからの眺めも中々のものなんです。

そして10:03鎖場終点の東屋へ到着v(*^^*)
IMG_7774
こちらのシンボルの折れ曲がった木。

山頂はすぐそこ
IMG_7781
風がビュンビュンだったので水分のみ補給して出発10:15
IMG_7782
降り始めるとすぐに新名所発見...
IMG_7784
へ~そうなんだ~

どれどれ...
IMG_7785
ふ~ん...

さっ、どんどん先へ進みますよ^^;

一般コースからの眺めも最高です。
IMG_7783

大円地越まで着いたらランチにする予定なので先を急ぎます。
幸いなことにこの辺りはあまりお花ちゃんがなくて...

けれどこちらを覗くの好きなんですよね~
IMG_7790
あちらの崖にはどんな花が咲くのでしょうか...
IMG_7791
ヤマユリなんか咲いたらいいのにな...。

大円地越までの道は落葉樹の新芽が爽やかでした。
IMG_7792
どんどん一気に下ってしまいたいけれど、ちょっと待った~!!
IMG_7798
チゴユリみっけた(*^^*)
IMG_7799
こんなに愛らしい花見逃すわけがない!!

ところで、まつお君はって?

もう待ちきれなくって大円地越にてお待ちです^^;

大円地越目の前に小さなニリンソウ発見!
IMG_7800
と思いきや...大円地越はニリンソウの群生地だったのですね~!!

IMG_7810
裏筑波のに似ているけれど...こちらで撮ったの!!

横顔も素敵なあなた...
IMG_7812
かわゆいわ~(*^^*)

そしてこちらにはこんなお花ちゃんも。
IMG_7816
ヤマエンゴサク

裏筑波のはもっと赤味がかった紫だったけれどこちらのは青いのですね~!!

スミレもまだまだ咲いていました。
IMG_7826

さ~恒例のランチタイムだよ~ん...だよ~んて...^^;
最近失敗続きの山ごはんだったので今回はちゃんと家で仕込んできました。

貧乏の必需品ひき肉を使い...貧乏って私のことね!!山貧乏なの。特に今...(**)

ハーブソルトで味付けしたハンバーグを軽くフライパンで温めます。
IMG_7802

これまた家で作ってきた無糖のパンケーキに赤キャベツのスプラウトと新玉ねぎのスライスをのせて、
IMG_7803
次はハンバーグとチーズ、もう一度野菜をのせ、
IMG_7805
トマトも忘れずに!!

もう一度パンケーキでサンドしたら...
IMG_7806
出来上がり!!
IMG_7808
今回は中々のいい出来でまつお君もおいしいと言っていましたv(*^^*)

よし!!お腹もいっぱいになったし出発だ~!!11:30

10分ほど登ったら...
IMG_7828
奥久慈男体山が見えてきたよ~^^

ところどころにやせている道はあるもののしっかりとクマザサも刈られていて藪こぎの必要はありません。
IMG_7829
でもちょっと油断していると...
IMG_7831
ジェットコースター!!なんて言って飛んでっちゃうのです...困ったもんだ...。
だから時々大声で呼びながら待っていてもらいます...って良く考えたら花さがしを私がしつこくしているからいけないのだよね...^^;

こちらも誘惑がいっぱい~!!
IMG_7837
あら、なにこれ?
ヤブレガサかしら?

かっわいい~ね~君~!!
IMG_7839

この素敵な色合いのスミレさんは...
IMG_7841
ヒメスミレかしらね~?

IMG_7843

白花のミヤマシキミはブーケの様です。
IMG_7852
いろいろ気になるものはあったのだけれど稜線上はかなりの風で...
IMG_7856
撮りたくてもブレブレでした。

そして、もたもたしてるとまたもや怒られてしまい^^;
IMG_7859
置いて行かれるの図...。

奥久慈男体山はだんだんとおくなってきたよ~!!
IMG_7860
意外とスリリングなこの道は...
IMG_7863
ぎゃ~!!こ~わ~い~!!

と言いつつも奥久慈のマチュピチュみたいでしょう?

岩ゴツゴツの道には...
IMG_7864
アルペンチックな植物が...いつ咲くのでしょうか...是非見てみたい。

こんな道を歩き続けて13:09鷹取岩と入道岩が見えてきました。
IMG_7873
でもこの日は風ビュンビュンだったので鷹取岩まで行かない事になっていたのでフジイ越から降りて行きます。
IMG_7876
フジイ越13:17下ります。

傾斜もかなりありやせた道も出てくるので気を付けたいところで。
IMG_7877
慎重に、慎重に、ゆっくりと降ります。
IMG_7878
時々しゃがみ込みながら...
IMG_7879
中々様になっていますよ^^
IMG_7880

やせた道が終わると杉林へ入ります。
IMG_7891
自然の盆栽

お花ちゃんも...
IMG_7894
ツクバネウツギ

そして再びLightgreenの森へ入ります。
IMG_7898
水が豊かに流れています。
IMG_7899

古分屋敷が見えてきました。
IMG_7900
ゴールは目前。

ふと足元を見ると...
IMG_7903
カテンソウ

実は29日の月曜日NHKで朝の8:20位から埴沙萠(はにしゃぼう)さんと言う82歳の野草を撮る写真家の方の特集を見たのですが偶然カテンソウについても番組場で説明があり知る事が出来ました。
それによるとこちらの花は華やかな花びらも無いため虫が寄ってこないため自ら花をはじけさせ花粉を胞子のように飛ばすそうで...。そういった普段動いているようには見えない植物の動く瞬間を撮影されているのですが...とにかくため息が出るほど面白くて素敵です(*^^*)
この日は自宅でバーベキューをする事になっていたので準備やらなんやで全部見れなかったので是非またじっくりとみてみたいなあと思いました。

どんな小さな植物でも一生懸命に生きているのだなと思うと何だか愛おしくなってきます^^

薄い黄色のタンポポ発見^^
IMG_7905

14:06のどかな古分屋敷に到着
IMG_7912
いつ来てもいい所だね~
IMG_7915
何だかとってもホッとする...こんな場所にも住んでみたいんだよな~

今日も癒しをありがとう奥久慈岩稜~!!また来るね~
IMG_7919

命溢れるLightgreenの森にこの日も感謝しながら帰路に着く大好きな山でのお話なのでした(*^^*)

こちらへ来る時は少し離れているのですが月居つきおり温泉を訪れる事が多いです1回350円(小学生以上)...パノラマ林道を通り車で20分位の場所にあります。温泉のホームページが見つからなかったのでリンクは貼れませんが検索すると出てくると思います。

お肌すべすべのほっかほっかのいい湯です。効能は腰痛、膝痛、神経痛、アトピー、打撲、冷え症。

ふ~やっと根性で書き終えたわよ...(**)










里山トレーニング...のはずが...@愛宕山~難台山チョイ先迄

春休みも終わり、まつお君を学校へ送り出したある平日のお休みのこと3時に学校が終わるまでに一歩きしてこようと近くの山へレッツゴ~です。

今回は片道10キロ、往復20キロに挑戦しようと荷物を軽くして8:56登山口を出発しました。

新緑の頃になってきましたね。
IMG_7191
若い芽がぐんぐん伸びています。

歩き始めるとすぐにこんな可愛らしいお花が...
IMG_7193
クロモジでしょうかね。

そしてまたすぐに...
IMG_7210
メギかしらね?

そんでもって今度は...
IMG_7216
アカネスミレ???
IMG_7220

っておいおい...さっきから全く前に進んでないし...。
と自分に突っ込みを入れてみる...。

下を向いて歩くからいけないのだ!!

よし、上向いてあるこう!!
そうだ!上~をむ~いてあ~るこ~うぉ~うぉ~うぉ~...
IMG_7228
うわ~!!山桜も終わりそうだけれど新緑と青空がマッチしていてスン晴らしいわ~

ほら、こちらも
IMG_7229
結構な大木にそだっています...
IMG_7230
う~ん...相変わらずあまり進まない感じ...^^;

まったくもってダメダメですわ~

しかしやっぱり天気のいい日のハイクは最高です!!
って本当はトレーニングに来たのにね...。

里山もほんのりピンク...

IMG_7232

緑がまぶしい~
IMG_7233


そんなこんなでやっとこ団子山に到着10:08
IMG_7235

霞ヶ浦がはっきりと見えてきました。
IMG_7238
こんなに近くにはっきりと見える事って珍しいのです。

そして筑波山も...
IMG_7239
かなりはっきりと...。

じゃ、恒例の一人撮影会...
IMG_7243
こんなことやっている暇があるなら歩けと言う感じですが...筑波山とツーショット(*^^*)
最近年度末のお別れで外でご飯を食べる機会が多くて太ったような気がする...。

怖くて体重計に乗っていません...ここにきてなんてこった!!

もうすぐ外秩父七峰縦走ハイキング大会だって言うのに...^^;

気を取り直して再スタート。
IMG_7245
なんですかね~調べたけれどまったくわからず...。

IMG_7248
コブシなのか、モクレンなのか...。
まだまだ見ごろは続いていました。

勿論良く見かけるミヤマシキミちゃんも
IMG_7251
可愛らしい花を咲かせていました。

ちっちゃくて素敵な色合いのスミレちゃん
IMG_7254
葉に白い線が入っているのでフイリフモトスミレでしょうか...。

そしてようやく一つ目の山に到着10:48
IMG_7256
難台山 山頂...余りぱっとせずとりあえず先へ進みます。
IMG_7257
吾国山迄行きたいけれど...案の定時間が...。
でも行ける所まで...

8分程歩くと...
IMG_7262
わお~!!これはエイザンスミレちゃん!!
ギザギザの葉っぱと優しいピンクが特徴なのです。
IMG_7265
筑波山にもあるけれどこちらの山にもあったのね...何年も通い続けてこの出会いは感動です(*^^*)
IMG_7261
余りなかったから連れて行かないでくださいね(*^^*)
また来年もお会いしたいです。
IMG_7267
まだまだつぼみも沢山あったのでこれからが見頃かも知れません。

私の母が近所のホームセンターから買って来たのを育てていますがこの辺りでは中々見られないし畑に沢山あったのにいつの間にか消えちゃったんだよ...と言っていました。

どうやら畑の環境が合わなかったようです。

山のものは山で暮らすのが一番なのかもしれません。
それが山のお花にとっては最高の幸せなのです。
本当にお花の事を考えてくれている方は写真撮るだけですよね?

っで、この写真を地べたに張り付いて撮っていたら反対側からきた母と同年代くらいのおじ様が登場。
私、エイザンスミレちゃんに出会った余りの感動を伝えたくて

エイザンスミレがあったんですよ!!見て下さい写真も撮りました!!

も~なんでしょうね...。しばらく裏筑波の話やら子どもと行くにはどんな山がいいかとかどんな山に最近行ったとか...っておいおい...トレーニング...忘れてません!?

はい!!ここで時間切れ~!!お家に帰るよ~!!

だめだこりゃ...^^;

エイザンスミレちゃんですっかり胸いっぱいになってしまったのですが、お腹は空いたままなのであの場所へとUターンです。おじ様とは難台山山頂までご一緒させていただきましてお勧めの山を教えていただきました。

山頂までもお花が...
IMG_7273
キブシ

こちらは...
IMG_7285
ツクバキンモソウ
紫の斑が入っているのが特徴だそうです。

本当は群生地まで行きたかったのだけど...
IMG_7287
登山道にひっそりと咲くカタクリ。

おじ様は群生地にいってきたそうなので様子を聞いてみたところ今年はそんなに良くなかったのでもしかしたら来年が当り年かもという事で...。

来年また行こう~っと!!

そしておじ様とは山頂で別れを告げ私のお気に入りのあの場所へ...
IMG_7290

ヒサカキ

お気に入りのあの場所へ到着11:50
IMG_7291
里では田植えの準備が始まっているようです。
ゴールデンウイークは大忙しですね。

こちらを眺めながら簡単ランチをつくります。
今日もカップヌードルリフィルを使って
IMG_7294
何で蓋をしているかというと、百均で買ったシリコンラップ。
冷たい器には役目をはたしていたのだけれど、温かいとうまくくっつかないようです。
私のやり方が下手なのかしら...。

カップラーメンを待っている間に...
IMG_7299
家で作った煮豚をスライスしてきたものを網であぶります。
山で肉を焼くにおいが...。

はいこちらを乗せたら出来上がり(*^^*)
IMG_7303
こりゃ、カロリー高めで太るの当たり前~^^;

それなのに...甘い物も...
IMG_7304
もう少し酸味があった方が個人的には好みです。

コーヒー飲んでまったりしすぎたところで...トレーニングを思いっきり忘れています...。

椿のトンネルをくぐって出発!!12:30
IMG_7309
真っ赤なのも好きですがこちらの様な濃いピンクも素敵です。
IMG_7316

登山道は生命力にあふれています。
IMG_7318

もう、開き直ってトレーニングなんて忘れてしまいます。

こちらのお花は?
IMG_7323
セントウソウかしらね...。

木イチゴは何種類かありますが、こちらの花の実は赤く大きくそして甘いのです~!!

しか~し、木に生えると言うよりは地面の近い所になるのですぐに動物に食べられてしまうようで余りなっている所を見かけません。
IMG_7336
バラの仲間なのでバラの花の様ですね。

蒸し暑い頃に黄色の甘い実がなる...
IMG_7357_4
モミジイチゴ満開であちらこちらに咲いていました。

そのほかにも...
IMG_7340
タチツボスミレがあちこちに...。

こちらは...
IMG_7348
わかりませんでした...濃い紫が特徴です。

IMG_7344
う~む...スミレは難しいですね...

まぶしい光を浴びながらぐんぐん成長中です。
IMG_7354

森のお星様を発見。
IMG_7358
IMG_7360
IMG_7359
ウグイスカグラ

いそげ!いそげ!!本当に時間が無くなってきたぞ!!

登山口まで最後は猛ダッシュ^^;

出たら出たでまたもや誘惑が...
IMG_7363
IMG_7364
アケビ

あ~バーベキューこういう場所でやってみたいな~!!
IMG_7367

今年は早いね。
IMG_7368

こちらはこれから見頃な感じ
IMG_7373
ヤマブキ

IMG_7377

駐車場に戻ってきたのは2:30...。

急いで帰らねば~!!

またもや猛ダッシュで帰ったのですがまつお君がまだ帰っていなかったのでお庭の具合を撮影...

こちら母が勝手に植えたもの^^;
IMG_7381
とても丈夫で裏庭に沢山花を咲かせます。

定番のこちらのお花、こちらも丈夫でまるで群生地の様です。
IMG_7394
ハナニラ

今年もいつの間にか咲いていました。
IMG_7389
スノウフレーク
ずっと水仙の仲間かと思っていてらヒガンバナの仲間だそうで...。

そして、いつ実を付けてくれるんだい?
IMG_7392
アルプス乙女

あとは~畑...
IMG_7382
絹サヤ

こちらもてんぷらで食べたい!!
IMG_7386
インゲン

早く大きくな~れ!!

春はやっぱりいいね~

あ~でもそろそろ庭の草取りシーズンがやって来るな~!!

毎夏誰かボランティアで家の草取りしてくれないかな...と都合のいい事ばかりを考えているというお話なのでした...あれ!?トレーニングの話はいったいどこへ...

実は昨日新しい山に挑戦とトレーニングを兼ねて行って来たのですが見事に敗退で...

もう!!寝て忘れてやる~!!

うそうそ悔しいので帰って来てから何がいけなかったのか反省会です...。
近々リベンジする予定です。

もうすぐご近所さんが心配しそうな長~い連休...。

その前に外秩父七峰ハイキング大会...。

いったい私達何キロまで行けますかね^^;

おっとその後に会議があるんだった^^;

今週はしっかり備えて行かなくてはね!!

さあ、寝るとするか~Good Night(*^^*)








たかが低山されど低山@石裂山

とある平日のある休みの日...この日はまつお君はじいちゃんと城めぐりの旅へ出発。

久しぶりにのんびり山歩きが出来るけれどまだまだ東北の山も栃木の1000メートルを超す山も雪が残っている感じ...さてどちらへ行こうかと迷い、鎖場好きになってきたまつお君の為に登れそうな手頃な山を探しに行く事に。

で...いきなり連れてくるには危険な個所もよく分から無いし、でも以前から行ってみたいなと思っていた栃木県鹿沼市にある石裂山へ行ってみようかと。

石裂と書いてオザクと読みます...どうやったらそんな読み方をするのかと思いますが^^;

家を6時半過ぎに出発...宇都宮で渋滞に巻き込まれながらも9時前に登山口付近に到着。
しかし登山道入り口付近の駐車場にはトイレが無いという事で一度加蘇山神社社務所迄戻りもう一度登山道付近入口へ戻ってきました。

さあ、準備も出来たし入山しますよ~!!
今回はくまちゃんもいる山という事で久しぶりに熊鈴を付けてみました。
IMG_7021
20代の頃尾瀬を歩いた時のお土産...捨てられなくて今も使っています^^
まつお君にオレンジのザックを貸したのでやっぱりしっくりこないミレーのザックを背負い...でもデザインは好きなのですよね...困った、困った^^;

今回のコースはこんな感じ。
IMG_7023
左回りのハシゴ、鎖方面から行きました。

9:04出発。
IMG_7024
こちらからも行けるそうですが神社の後ろの道を行きました。
道のわきには早速...
IMG_7026
くまちゃんはもう起きているのかしら?

登り始めは沢の横を歩いて橋をいくつか渡ります。
IMG_7028

小さな滝が何箇所かあり私的にはいい感じです...まつお君にはどうかな...?

IMG_7036
清滝...中々の清流です。

IMG_7032
初夏の頃は涼しげでいい感じでしょうねきっと。

9:25少々わかりにくい沢の分岐へと出ました。
IMG_7040
黄色の目印を頼りに沢を渡って行きます。
沢の上流へは行きません。

IMG_7043
こちらを右へ進みます。

9:30最初の休憩所に到着。
IMG_7045
こちらを左へ進みます。
IMG_7046
千本桂の方ですね。

9:37千本桂へ到着。
IMG_7050
栃木名木百選だそうです。

9:56分岐へ到着。
東屋があり先に入山されていたご夫婦らしき方達と後ろから追いついてきた若い男の子と共にしばし休憩...
IMG_7052
こちらの後ろにはこれがあるのですが...
IMG_7054
あれっ?!
みなさん中々上がらず...体も冷えてしまうので、では私からという事で...

10:00登り始めたのはいいけれど...
IMG_7055
結構な高度感を感じ...
IMG_7056
高所恐怖症気味の私あんよがプルプル震えています^^;

でも何とか頑張って...というかこちらを降りる勇気はないので
IMG_7057
いくつかの鎖を登り切り
IMG_7058

こんな嫌な...いえいえ、絶景も堪能しつつ
IMG_7059

ハシゴへ到着10:08
IMG_7063
こちらは昔の鎖でしょうか?
10:08奥ノ宮へ到着。
IMG_7064

こちらのハシゴ..しばし登るか迷います...というのもどなたかが書いたブログで危険個所と看板があって登らなかったと書いてあったので。
IMG_7065

そうこうしていると先程の若い男の子も上がってきたので事情を話すと
「行っちゃいますけどね!!」
という事なので先に上がって様子を見てきてもらう事に...なんて適当なおばさまでしょう...後でよく聞いたらなんとこちらが3番目の山という事で...初心者の若者にごめんなさい...あっでも私もハシゴは初めてよ^^...オイオイ...。

「大丈夫ですよ~!!」
という事なので登ってみる事に...ありがとう!!若者よ~!!おば様は君の勇気に助けられました~!!
でもやはり高い所って嫌い...登っている時も降りるときもあんよがプルプルでした...。

登りきるとそちらには...
IMG_7067


なんとまあ!!神秘的な...修験場らしい雰囲気が漂っています...うまく撮れませんでした実際見るのと感じがかなり違うと思います...。

足をプルプル震わせながら降りてきてホッとしたのも束の間ここから鎖とハシゴの連続です。

その前に木の根っこに掴りながらのスタート10:18
IMG_7071
IMG_7072
ゆっくり慎重に行けば大丈夫。
IMG_7073

右に変な踏み跡のある分岐へ到着10:28
IMG_7074
石裂山方面へ登ります。
登りきったら
IMG_7076
しばらく稜線歩き
IMG_7077

IMG_7078
IMG_7079

東剣ノ峰10:42到着
IMG_7081

展望台からの展望
IMG_7082
ウ~ンイマイチ

ハシゴを降りるよ~!!
ここ降りるのか...
IMG_7083

長めのハシゴ4分くらいで降りてきました。
下から見上げると...
IMG_7084
うほ~!!
結構長かったのね...という事がわかります。

まつお君いきなり連れてこなくて正解です。

せっかく降りたのにまた登りです。
IMG_7085
反対側の斜面からプ~!!と鹿の鳴くような音と崖の崩れるような音も同時に聞こえてきました。
低山とはいえ山深いのですね...。

IMG_7086
こちらは何の植物でしょうか?

崖に沢山はえていましたよ。
花とか咲くのでしょうか?

10:53西剣ノ峰分岐に到着。
IMG_7087
眺めは...
IMG_7088IMG_7089
先程よりはましか?

時々昔ながらの嫌なハシゴが登場しますが...
IMG_7090
短いので危険ではありません。
どんどん下って...
IMG_7091
11:00
IMG_7093
石裂山は目前ですが...
IMG_7094
鎖のない岩場を登って行きます。
IMG_7095
黄色の目印があるので迷う事はありません。
IMG_7096

そして...11:13石裂山到着。
IMG_7099
筑波山よりちょっと高い。

三角点。
IMG_7100
若者に再会...この日あった登山者はなんとたったの3名でした。

眺めは?
IMG_7102
いや~微妙にうっすら手前のが男体山だとしたら...白いのは奥白根山かしらね...間違っていたらすみませ~ん!!

そんなに眺めも良くないので月山へ向け出発...まだ半分歩かないといけないのです。
IMG_7104
しかし凄い木の根っこ!!

月山...つきやまと読むのね。ガッサンかと思っていました。

月山到着でランチタイムです。
今日は手抜きランチ...
IMG_7107
こちらを網であぶって
IMG_7109
こんがりと焼きます。
IMG_7112
中はトロトロ(*^^*)

夏のテント泊に向け手軽にとれる持ち運びも軽いカップヌードルリフィルを試しにいつものお椀で作ってみる...。
IMG_7108
ラップをすればつくれるぞ!!よし!!
しかし、忙しいとか言ってこういうご飯ばかり食べているとすぐに体調崩す私...。
気をつけねば...。

ご飯途中で先程のご夫婦到着...妙義山の麓からきたそうな!!
そして宇都宮の学生さんという若者出発...きっと鎖もハシゴも初だったろうに全く疲れた気配なし!!今度は茶臼に登りたいそうな。これからいろんな山に登るのだろうな~!!

おば様かなりうらやまし~です...若者ファイト~!!

さて、私もランチタイムが終わったら行かなくては。残りは殆ど下るだけ^^
とその前にこんな看板を発見
IMG_7113
山の看板てダジャレ多いな...。

とにかくごみを持ち帰りましょうということです。

石裂山にはゴミがありませんでした^^

12:12出発。
しばらく降りると分岐
IMG_7116
神社迄1.8km

途中には崖の下にこんな祠があり
IMG_7118

苔の岩場あり
IMG_7119
神様が住んでいそうな山...。
IMG_7125
住んでいるかも...

しかしこの苔むした倒木が気になったわ...
IMG_7122
とにかく物凄い量...
管理する方がいないからかなんなのか...。

あっという間に沢へ降りてくると変わったお花が...
IMG_7132
コチャルメルソウ
忘れそう~で忘れなさそうな変わった名前...。
花も変わっていますが...。

入り口付近まで行くと行きには気づかなかったお花さん達がちらほら...
IMG_7137
ハナネコノメとツルネコノメソウのコラボ(*^^*)
ハナネコノメは今週あたり見頃かも知れませんね。

IMG_7146
ユリワサビがひっそりと...。

IMG_7153
ハルトラノオもいい感じに咲いていました。

IMG_7147
トウゴクサバノオのつぼみも沢山ありました。

花が咲くと...
IMG_7157

IMG_7162
こんな感じです。

神社到着13:32
IMG_7160
登山道沿いから気になったので行ってみると...
IMG_7161
大きな御神木

IMG_7166
立派な木彫り。

しかし苔が椛にまでくっついているよ^^;
IMG_7168
なんて種類なのでしょう...ここまで来るとちょっと怖さを感じます...。

こんな看板ありましたよ~
IMG_7169
よく考えてみたら21年前の事故...。
ゆっくり焦らず登りましょう...。

こんな看板も...
IMG_7170
えへへ、ピンボケ...。

帰りは鹿沼にある温泉入って帰ってきましたがちょっと嫌な事あったので書きませ~ん!!

でなんか気晴らしでもしようかと、道の駅うつのみや ろまんちっく村へ立ち寄るも...ヨーグルトドリンク買って退散!!
IMG_7172

石が裂けると書いておざくさん...。

中々の楽しい登りがいのある山ではあったけれど、まつお君にはまだ難しいかな~と思いながら帰路を一人寂しく運転するまつおの母のお話なのでした...。

いい山なので連れて行ってあげたいけどね^^;



お花のオアシス裏筑波

今年度の登山終了宣言をまつお君から告げられがっかりしていたのですが、そのせいか免疫力がガ~ンと落ち久しぶりに風邪をひいてしまいました...単に夜更かししていたという説もありますが...山に行かないと夜更かしするので風邪をひくのです...。

なのでいつもの駄目もとでしつこくお願いしていると筑波山ならいいよ~という事で...以前から行ってみたかったマイナールート、湯袋峠を下ったところの関東ふれあいの道の裏登山道からの初登山です。

筑波山というと表登山道が主なルートなのですが実はこちらの登山道自然豊かでお花も沢山という事でいつか行ってみたいと思っていたのです。
IMG_6960
このお花には絶対に会いたかったのです...。

はい!!という訳で湯袋峠800メートルほど下ったところの駐車場へ9時半頃に到着も...どちらが登山道かわからずしばし呆然...下調べしたのに駐車場わきの分岐は湯袋方面しか表していなくて...というか片側壊れて無くなっていた^^;

とりあえずこちら駐車場上の伐採してある下の道を確認してみると...ウ~ン...確かに踏み跡はあるけれど私達が行けるような道ではない...。駐車場に戻ってくると登山者らしき方がいらっしゃったので
「こちらの道は荒れていて行ける感じではないのですがキャンプ場への道はどちらから入るのですか?」
と聞くと
「ここからでも登れると思うけど...キャンプ場への道は車道を歩いて行くと左側にあるよ。」
という事で...人がいて良かったよ...でも、もうちょっと下調べしとくんだった...と反省しつつこちらを9:56出発。
IMG_6896
車道は狭い割に交通量が多くて...しかも大型トラックとか...車が怖い...でも道路わきにはこんな清流が流れているのです。
IMG_6897
ゴミのポイ捨てが気になったけれど...。

10:02登山道入り口に到着
IMG_6899

こちらの橋を渡ったら...
IMG_6900
沢沿いに登山開始です。
IMG_6901

IMG_6902

最初の道は普通な感じ特に登りにくい所も無くしばらく緩やかな登りが続きます。
IMG_6904
10:04分岐の先に...
IMG_6905
二またの道があり目立たない石の分岐が地面に置いてあります...。左へ進みます。
これは調べといてよかったわ^^;上ばかりとかよそ見していると見失うし...。
IMG_6906
こちらを進むと趣のある石畳の道が現れます。
IMG_6907

ぼちぼち可愛らいらしいお花が登場です。
IMG_6909
ミヤマカタバミ
まだまだつぼみのものが沢山あったのでこれからが見頃ですね^^
IMG_6911

小さな花もあちらこちらに見逃さないように
IMG_6910
ユリワサビ

いまいちピントが合わずですが...
IMG_6916
IMG_7015
トウゴクサバノオ
花が開ききるとまた違う感じになると思います。

スミレはこんな風に巻いてしまうと画像では見分けがつきにくいですね...。
IMG_6925
葉の形で...ナガバノスミレサイシンでしょうか...。

こちらもぼやけてしまい見分けがつきにくいのですが...
IMG_6924
ミミガタテンナンショウかと...。

こうやっていちいち立ち止っていると鬱蒼とした杉林の嫌いなまつお君はどんどん進んで行ってしまうので...(汗)
花に興味が無いので尚更なのでしょうが...。
しかしこういった林と沢が様々な花を咲かせる環境を作っているのかなとも思います。
IMG_6926

自然と触れ合うと言う事でしょうか...キャンプ場まで一人しか会いませんでした^^;
IMG_6932

こちらの沢には珍しい生き物もいるようで
IMG_6929
すごいね~と言ったら...う~気持ち悪~!!だってさ!!
夏は沢遊びしたらきっと楽しそうだと提案したらそれにもイマイチな反応...親的にガックン...(泣)
IMG_6936
まつお君の好みではないこちらの登山道...私的にはすっかりお気に入りに^^;

沢沿いの岩場にも可愛らしい花が続々と登場です。
IMG_6942
ツルネコノメソウ

こちらは余り見られなかった...本当の色はもう少し鮮やかな紫
IMG_6956
ヤマエンゴグサ

そして一番会いたかったあの花に...
IMG_6958
ニリンソウ

でも花はイチリンソウと何が違うのかいまいちわからなかったので更に調べてみるとイチリンソウの花は花径が5センチ、ニリンソウは2センチ程、更にサンリンソウは1.5センチという事で花の大きさで種類が分かれている事がわかりました。
IMG_6960
花びらの数は関係ないようで5枚のもあれば6枚のもある感じ。
IMG_7014
IMG_7013
余りの可愛らしさに「かわゆい~!!」を連発しているといつの間にか他のハイカーさんがいて挨拶もそこそこにニタニタ照れ笑い^^;

そしてまだまだありますよ素敵な花が...
IMG_7017
ハルトラノオ
群せいの仕方はこんな感じで沢沿いに沢山ありました。
IMG_7018

こちらの花とても印象的で...
IMG_6961
エンレイソウ
IMG_6964
この三つ葉の真ん中にポツンと特徴のある花を咲かせます。
IMG_6965
しかし筑波山にこんな素敵な場所があるとは...とはいえ相変わらず花に興味のないまつお君には苦痛な道...先を急ぐことに...。

沢も終わりに近付くと木の階段と
IMG_6966

これまた趣のある石の階段と...しかしこれが中々くせ者で石が浮いていたり苔で滑りやすく、湿気の多い時は注意が必要です。
IMG_6968
石段の隙間にも花が頑張って咲いていました。
こちらを登りきると落葉樹の森になり
IMG_6972
ところどころに咲き始めたミヤマシキミが...

10分程登ると11:17キャンプ場へと向かう林道へ到着。
IMG_6973
右へ進むと...
IMG_6974

キブシが満開です!!
カンザシみたいですね(*^^*)
IMG_6978
キャンプ場へ到着するとまだ咲きかけのカタクリがちらほら11:33
IMG_6979
他にも色々な種類の花があったけれど標高が高くなったせいかまだまだな寂しい感じでした。

キャンプ場からの登山道が少しわかりずらいので駐車場横のまだ閉めきっていたトイレに貼ってある地図と管理棟のあるキャンプファイヤーが出来る円形の場所のバンガロー登り口辺りにわかりやすい地図があったと思うので確認ができます。

テントサイトの最上部右の辺りに目立たない感じで分岐があります。
IMG_6981

さ、あと1.5キロだよ~って言ったら...
「山の1キロをなめるんじゃないよ~!!」
とまたまつお君に怒られてしまいました^^;

この日はあいにくの天気で森の中はこんな感じ
IMG_6982
また杉林がしばらくあるのでまつお君のご機嫌も怪しい雲行きに...。
IMG_6983
霧が去年の赤薙山を思い出させます...また泣かせたらどうしよう...でも筑波山だから大丈夫か!!道もはっきりしているしね。

それにしてもすごい湿気...。
IMG_6993

ふと低木の枝を見ると...
IMG_6984
お~!!これはあの何だかわからないサナギだぞ!!

中身は既に空っぽ。

茶屋に着いたら誰かに聞いてみよう(聞いてびっくりだったのですが...後でのお楽しみ)

そしてようやく女体山付近に到着12:45遅くなってしまった~^^;
IMG_6995

御幸ヶ原方面に下って遅いランチタイムです。

業務スーパーで買った粉末うどんスープに水を加えて沸かしたら
IMG_6996
家で茹でてきた桜うどんを加えます。
IMG_6997
しばらく温めて朝庭で摘んだ小松菜の花芽を下茹でしたものとショウガで甘辛く煮た豚小間を加えて肉うどん出来上がり~!!
IMG_6999
まつお君うまいともまずいとも言わず^^;

残さず食べたのでまあいいか~。

で、花の名前とかあのサナギの事とかを聞きたくて...そして前回行った時にお茶を沢山いただいてお菓子までいただいてしまったあの茶屋へと向かいます。今日はあの時のお礼にとサツマイモのしっとりケーキを持参して...。

(しかし、多分覚えていないかもしれないのでいきなり渡してタダの不審者かしら...と不安に思いながらも)

はい、こちらの茶屋とても眺めがいいのですよ^^
男体山登り口にある見浦亭です。
IMG_7000
前回こちらへ来た時に筑波山に800回登っているよ~というハイカーの方とか毎日男体山の頂上付近にいるよ~とかいう方がいて、壁には900回記念の写真が貼ってあったりとか、花の写真も沢山あったのでもしかしてこちらへ来れば筑波山の色々な花や虫の事もわかるかなと思い(他の茶屋を利用していないのでわからないのですがこちらは晴れていると女体山と霞ヶ浦も眺められて中々の場所なのです)再訪です。

毎日沢山の観光客や登山客の来る筑波山の茶屋。やはり私の事など覚えてなさそうなのでまず花の名前を聞いたりそしてあのサナギ!!

これ一番知りたかった事なのです。

もう雨巻山でこちらを発見してから
IMG_5998
近所の山でもみつけて
IMG_6567
ズ~っと気になっていたあのサナギ...筑波山では空っぽだったけれど...茶屋のおばさんに聞いてやっとわかりました。

ヤママユガ...です。蝶じゃなくてがっかりですか?

でもねこちらのサナギ天然の蚕..つまりこれを集めるとシルクが出来るのですよ~!!絹です。
茶屋のおばさんに教えてもらったものプラス更に調べてみるとやはり珍しい天蚕なので飼育して糸を採る方もいらっしゃるようです。

若い世代だと分かりずらいかもしれませんが、むか~し昔東宝で制作された「モスラ」という怪獣映画があるのですがその怪獣のモデルになったのがヤママユガなのです。

けっこう大型の蛾で子どもの頃キャンプ場とかで出くわすとかなりギョッとしたトラウマがありますがそんなに素晴らしい蛾だったのですね~!!

しかし自然の中で育つ蚕とは...好きじゃなかったけれど少しだけ宝物を見るような眼に変わってきたわ(*^^*)

感動~!!

そのほかにも知らない花の名前を丁寧に教えて下さって感謝です。

さあ、いよいよ出発!!
でもその前にお礼にケーキを渡すとまたまたお茶を飲んでからにしなさいと言う事になり...まつお君にはせんべいまでいただいて...。最後はお土産迄いただいて…本当にありがとうございました(*^^*)

なんだかんだとのんびりしていたらなんともう2時過ぎ...。

長居し過ぎた...まっ来るのも遅かったからね...仕方ない^^;

なのでこちらの登山口に着いたのは2時半位。
IMG_7001
さあ、今度こそダッシュで帰るよ~!!

しかし途中こんなのを撮っていたらまたもやまつお君に怒られ^^;かなりの駄目親っぷり発揮...。
IMG_7002
キャンプ場へ着く頃は薄暗い感じで...14:55
IMG_7003
これから2キロ以上下らなくてはいけなくて...。

出口も近付いた頃にシキミを発見...もイマイチで...杉の林は天気の悪さも影響して暗く(**)
IMG_7019

いつも三時前の下山をめざして行動しているのに失敗だ~!!

慣れている山とは言えこういうの続くと慣れっこになっちゃってなんとなく怖いような気がする...。

気を付けよう~っと!!

丁度4時くらいにもとの駐車場へ戻りなんか今日はそんな凄い道じゃないのに疲れたね~という話をしていると...

「もうこれからは一人で行ってね。」

えっ?いまなんと?

これからは山へ一人で?

「このコースは好きじゃないからここへ来る時は一人で行って!!」

びっくりした...今日のコースがそんなに嫌だったとは...。

霧に負けた赤薙山以来の発言だわ^^;

私も久しぶりに山へ来たせいかいつもより何だか疲れてしまい温泉に入る予定ではなかったのですが百均で風呂セットを買って無駄な出費をして...近くのやさと温泉ゆりの郷へ寄ってから帰ってきました。

こちらの温泉まつお君が小さい頃に筑波山へは登らずによくきていました。

目の前に筑波山があるのですがあの頃は全く登ろうなんて思っていなかったけど今では筑波山マスターを目指すべく登り続けています...うそうそタダのリピーター!!ナハハ(*^^*)

最近周りの方々にいくつになった?と聞かれる事が多くて今度6年生ですと言うと。皆さん驚く...。

ホント私もびっくりですよ...泣き虫坊ちゃん...最近はめっきり会わなくなりました。

一緒に山へ行けるのもあとわずかかな...ウルウル...おっと代わりに私の泣き虫に拍車がかかるようになってしっまった...いけない、いけない^^;

子どもってあっという間に親から巣立って行ってしまうのかな...と温泉につかりながら思うこの日の裏筑波でのお話なのでした。

明日から4月...忙しくなるな~!!

頑張らなくては~o(*^^*)o



水戸 西の谷公園を通り抜けたらメキシカンアートなお店が待っているよ


ある平日のある午後...久しぶりに水戸へ行って来ました。

以前は水戸へ買い物へ行く時は芸術館の駐車場へ停めていたのですが最近いい穴場をみつけたのです。穴場なのでそんな一等地ではありませんが...そして歩くのヤダ!!って~な人には全く使いたくない駐車場だと思うのですが...私は最近とにかくこちらが大好き...どちらか早く教えろと?

もう一度注意しておきますが歩くの嫌いな方には全く楽しくない駐車場であります...。
大体駐車場が楽しいってなんのこっちゃ!?って感じでしょうが^^;
お花好き自然好きお散歩好きには中々ナイスな場所なのであります。

早く教えろと...?

細かい説明が面倒なので名前だけ教えましょう。その名も...西の谷公園詳しくはこちらをご覧ください。

こちらの駐車場へ停めて水戸のメキシコへ出発です...もちろん歩きです。

西の谷公園に入るとまず満開のユキヤナギがお出迎えです(*^^*)
IMG_6850

奥にはなんと、ピンクのユキヤナギ?
IMG_6893

IMG_6894

続いてレンギョウ
IMG_6853
ソメイヨシノも咲き始めていました。
IMG_6855

のんびりセキレイがお散歩...小さくて見えなかったらごめんなさい...。
IMG_6859

こちらの公園は京成デパートの徒歩2~3分の所にあるにも関わらずお花沢山、緑沢山、お散歩には最高な公園なのです。公園の横には小さな小川なんかも流れていてそれがまたイイ感じ。
小川の中には巻き貝が住んでいます。
IMG_6887
一輪だけだったけれど珍しい白いタンポポ出会えてラッキー!!
IMG_6885
こんなにのんびり癒される公園を京成デパート方面へ向い偕楽園とは反対側にどんどん進んで行くと階段がありそちらを登り切り左へ真っ直ぐ進むと右手に京成百貨店があるのですがそこまで進まず左手を見ると水戸のメキシコがあるのです。

かなりわかりずらい説明なのでこちらをご覧ください^^;
LA ROSA MEXICANA
メキシカンアートと雑貨の色鮮やかなVIVA  MEXICO!!なお店であります...勿論素敵なお洋服もあります...。

こちらにはYukaさんとMikiさんというとても素敵なお姉さま方がいらっしゃいます。
 Yukaさんは私が20代の英会話を勉強中の時からお世話になっている方です。

なんと時間の経つのが早い事か...あと一週間で私の30代も終了であります...。これはどうでもいいネタでしたね...。

とにかくお二人ともとても素敵な方なのです。美しい!!です!!

ところで、私の文章力では色鮮やかなメキシコの世界を説明するのは中々難しいのでいつものオンボロカメラで写真を撮ってきました。ご覧くださいませ...

入り口はこんな感じ...
IMG_6881
おっと...撮影していたら途中面白おじ様が乱入...篠笛を吹いてくださいました。
ご近所の洋服屋さんだそうです。

コカコーラの懐かしいベンチが目印です。(このおじ様はいつもはいらっしゃいません)

中へ入ると...
IMG_6861
なんてカラフルな、アートな世界...

こんな可愛いバッグもあります。
IMG_6862
こちらは入荷したばかりだそうですがすぐに無くなりそうだ...。

メキシコは国民の9割がカトリックという事でこういった物をモチーフにした作品が沢山あります。
IMG_6863
しかしカトリックとか関係なくても色鮮やかで見ていて心がパッと明るくなりますね^^

IMG_6864

私はこちらのオイルクロスの生地が好きで今回も買おうかかなり迷いつつ違うものを買ってしまったのですがお勧めです。
IMG_6867

小物も充実しています。
IMG_6870
IMG_6873

こちらの壁掛けも見ていて飽きないですね。
IMG_6876
真ん中が鏡のもあるので鏡としても使えそうです。

所狭しと様々な物が飾ってあり...
IMG_6877
勿論お洋服も...
IMG_6866
こちらは知りあいの方の手作りだそうでメキシコの物ではないかな?
でも可愛らしいブローチですよね(*^^*)
IMG_6884

でっ、私は今回何をゲットしたかというと...
IMG_6886
こちらのバッグをセール価格で...。(店で撮影を忘れ帰りの西の谷公園で撮影)

そうなのです!!只今セール中という事でバッグやお洋服がかなり安くなっているそうです。
なのでもしも人とはちょっと違う物がほしい!!という方は是非ぜひ行ってみてくださいませ^^
素敵な一点物が手に入りますよ!!

メキシコ気分を味わいたい方も...是非ぜひ...。

さあ!!もう一度西の谷を通って帰るよ~!!

つくしんぼうもかなり伸びてきました。
IMG_6888

紫陽花も新芽が出てきてあと二カ月弱で咲き始めるかな^^
IMG_6889
またのんびりお散歩に来てみようかな...そう思わせてくれる西の谷公園と水戸のメキシカンアートなお店.........LA  ROSA  MEXICANAでのお話なのでした。









山に行けない日は...公園でピクニックの巻き

暖かくなったら今度は雨のせいでぐんと冷え込んだり...そして年度末の忙しさと知らずにたまったストレスとで久しぶりに風邪をひいて鼻グスグスでございます...^^;

どんな山でもいいからとにかく山へ行かないと自然治癒力がガ~ンと落ちるようですね...。

せめてランチタイムだけでいいからとまつお君を連れ出し近くの北山公園へプチピクニックへ行って来ました。

こちらの公園私の子どもの頃はただの林と湿地の荒れた何だかわからない公園だったのですが今ではすっかり整備されてなんと...
IMG_6805
水芭蕉まであるのですよ~!!
もう一個
IMG_6811
素敵でしょう?

夏がく~れば思い出す~遥かな尾瀬遠い空~...水芭蕉の花が咲いてる...

な~んていつも尾瀬に行くのは夏なのに水芭蕉はいつもお化けみたいになっていてどこにあの可愛らしい花があるの~?
なんて思っていたら近くの公園に咲いているではないの~!!

しかも早春...。

そうなのですよ水芭蕉って尾瀬では残雪の時期に咲き始める物なのです。確か5月下旬ころから...。
雪があるかな~と一度もその頃に行った事が無いのですが今年は本場尾瀬の水芭蕉にも会いに行きたいな...と欲が出てきています。

さて、ソメイヨシノはまだまだな感じだったので水芭蕉でお花見しながらのお弁当です。
思いつきで急に来る事になったので手抜きの三食弁当です。
IMG_6808
この弁当は簡単なうえに玄米を使ってもクレームはありません。
楽したい時には三食丼に三食弁当だね!

寒いので早々にご飯を終え、早く帰ろう~よ~とうるさいまつお君にお願いして公園をぐるっと一回り。
IMG_6804
水芭蕉はこれからが見頃ですね。

IMG_6810
ホタルはこの近くで繁殖させているのです。

夏はこの湿地帯に蛇がニョロニョロしています。蛇って生命力に満ち溢れてますよね...嫌われ者だけれど...私も苦手だけれど、何故か見ずにはいられない不思議生物。

こちらはコブシ?モクレン?違いがわからず^^;
IMG_6802

あやめも新芽が出始めました。5月中旬が見頃でしょうか。
IMG_6801
こちらの横には蓮の池もあり夏も中々素敵な感じです。

こちらの桜は八重かなと思いますが...早いかな?
IMG_6815

池の反対側へ来るとスミレがあちらこちらに
IMG_6817

わ~珍しい花が咲いているよ~!!と駆け寄ると
IMG_6818
「お母さん、これはフキノトウだよ!」

んッ!?良く見ると...あっ本当だ!良く見たらフキノトウ...可愛らしいね(*^^*)

笠間の土には鉄分が良く見られます。こちらの公園にも赤い湿地があちらこちらに...
IMG_6819

ソメイヨシノも寒い中咲き始めました。
IMG_6821

椿はあっという間に散り始め
IMG_6823
IMG_6822

それなのに水仙はこれからが見頃な感じ?
IMG_6825
いつもなら、まず梅が咲き始め椿、水仙、スミレ、桜の花...という風に順番に咲いて行くものだけれど今年は最初に寒い日が続いて咲くのが遅れた花と、急に暖かくなって早く咲き始めてしまった花の時期が重なって何とも不思議な感じです。

英語で春はspringといいますがその語源は実は泉、水が湧き出る、飛び出る、という意味のspringonからきているようで源泉が物事の始まりを連想して生まれた言葉だそうで
「まさに今年は一気に泉が湧き出る様に春の命がパッと湧き出る様なspringなのだな~」と思いながら公園をピクニックするある日曜日のお話なのでした。

水芭蕉を見ていて尾瀬へ行きたくなってしまったので次回は某SNSで書いたまつお君のちいっさい頃の尾瀬物語をこちらへお引っ越ししてみます。


里山トレーニング@吾国山~長沢地区から

すっかり春めいてきましたがこれは今より少し寒い日のある平日休みのトレーニングのお話。
相性の合わないベルビューちゃんを14.8kgにして出発~!!
IMG_6486
ザックは通販で買っちゃ駄目だね~サイズがいまいちなんだよね~。
といいつつ、つい通販買いしてしまうメンドクサガリ屋の私^^;
とりあえず今の時点で一番大きいのはこのザックなので今回はこれで我慢です。

次回50~60リットルを買う予定ですがその時はきちんとお店で試着しなくては...。

しかし...里山で40リットルザックに荷物ぎゅうぎゅうにして歩くのちょっとだけ恥ずかしいわ...誰にも見つかりません様に...なんてことを思いながら10:51出発です。

風が強かったので迷っていたらこんな時間になってしまいました。

この日は旧岩間町の長沢地区からのスタートです。
IMG_6487
吾国山へは0.8kmと看板にはありますがそちらの道は通らずスズラン群生地方面へ進みます。

しばらく民家の脇の舗装路を上がって行くと左側に荒れ果てた休耕田があります。
IMG_6491
こちらの看板を過ぎると杉林へと入って行きます。
IMG_6492
何キロなのでしょう?

杉林の途中で柑橘系の木が育っていました。
IMG_6496
民家の庭にミカンの様な木が植えてあったのでその種が運ばれて来たのかもしれません。
葉をちぎるといい香りがしました。

しばらく歩くと林道に人影が!!シルバー人材の方々が休憩していてどうやら杉の枝払いをしていたようで杉の枝や葉が散乱していました。

あ~あ人に会っちゃったよ...大荷物でなんとなく恥ずかしくてニタニタしながら挨拶をすると...
「役場のお姉さんだよね?」
...違うし...。
「どこまで行くの?女の子一人で気を付けてね!」
...いや...そんな女のこという年では...。おじ様たちのお子さん達と同じくらいの年代だからそう見えるのか?

荷物に注目なので言い訳をしてみます。
「夏にテントを背負って山を歩くのでそのトレーニングで荷物を重くしています!!」
聞かれてもいないのにさっさと説明です。

「20キロ位背負っているの?」

おッ!!山好きか!?

「いえ、まだ始めたばかりなので今日は14.8キロです。」

「そうか!頑張ってね!!気を付けていってらっしゃい!!」

絶対に山好きだな...。

おじ様たちにさよならして歩く事5分位、スズラン群生地に到着。11:14
IMG_6498
群生地なのだけど盗まれたりイノシシの被害に遭ったりして毎年そんなに咲かないのです...。
でも管理している方たちも流石に危機感を感じ始めたのか最近は電気の柵で囲ったり雑草も取り除いたりしているのか久しぶりに来たらかなりキレイに整備されていました。
IMG_6499
いつかこの場所に沢山のスズランが溢れる事を願います。

さあ、ここからがいよいよ急登な山道の始まりです。11:18この登りがトレーニングに最高の場所なのです。
IMG_6501
しかし初めてこちらへ来た時はまさかこんな重い荷物担いでくるとは夢にも思いませんでしたが^^;

なんせ私はゆる~い里山歩きが大好きなので。

距離はそんなにないけれど結構きついのです...この坂が...
IMG_6503
こんな看板まであります。
IMG_6504
でも落ち着いてゆっくり一歩一歩を気を付けながら歩けば大丈夫。
IMG_6505
山の中も春が近づいていました。

そしてまだまだこんな道を登って
IMG_6506
を何度か繰り返し...
IMG_6508
視界も開けて...
IMG_6509
道の様子も変わって来て...

次の分岐へ到着11:40
IMG_6511
吾国山迄は2.5km長沢からは2km...という事は往復で9kmだね。

往復して戻ってこられるか...とりあえず行ける所までいってみよう!!

IMG_6512
笹の道を下って行き...
IMG_6513
階段も下って...時々登ると...
IMG_6514
途中長沢へ降りる分岐がありますがこちらを降りると林道へ出て違う道から長沢へ降りてしまうので通過です。

今度はしばらく登って松の林があるミニ稜線へ出ます。
IMG_6515
こちらの長い下りをひたすら降り...行きはよいよいな感じかなと思いつつどんどん下って行きました。
IMG_6516
12:06長沢と難台山の分岐へと降りました。
IMG_6517

看板の先の林道を進むと...
IMG_6518

道祖神峠12:09
IMG_6519

鎖を超えて吾国山方面へ向かいます。
IMG_6520
反対側はこんな感じになっています。
IMG_6521
以前は横の狭き門を通り林の中の道を行けたのですが県の所有物ではなくなったため舗装路をしばらく歩きます。

駐車場跡地にはこんな看板が建てられていました。
以前はこちらへ停めていましたが停めにくい雰囲気ですね。
IMG_6522

12:19ハイキングコース入り口に到着。
IMG_6525
最初に桜の植えてある道を上がり
IMG_6526
階段を上がると
IMG_6527
更に桜が植えてある道を上がって行きます。
IMG_6529
桜の時期は素敵な道になるんだろうなきっと。

桜の時期に来た事ないな...。
是非今年は来てみたい。

5分位登ると今度は杉林...花粉症の方は堪らないでしょうね^^;
白く曇っているのは風が強く煙霧を起こしているため...何年もこの辺は歩いているけれどこんな不思議な天気は初めてです。
IMG_6530

道の様子が少し変わり登りのきつさも増してきます。
荷物が重いから...なおさらきつい...ゆっくりゆっくり登ります。
IMG_6532

何が起きたのか木が2本倒れていました。
IMG_6534

IMG_6535
桜も...普段はこのくらいなら何とも思わないのですがこの日は風が強かったせいか枝が落ちてこないかと気になってしまいました。

杉林が終わりに近づくと落葉樹の林が広がり道がぱっと明るくなりました。
IMG_6536


道の向こうには...
IMG_6537

IMG_6538
神社が見えてきました。

12:48吾国山 山頂到着!
IMG_6539

IMG_6540

天気が良ければ良く見える難台山方面も...
IMG_6541
なんかいまいちだな~!!

でもいいんだ今日はトレーニング...。

三角点み~つけた!!
IMG_6542

さて、カタクリ群生地方面へ降りて一休み(*^^*)

IMG_6551
カタクリは~流石にまだまだな感じ...。

でもね、こちらは本当に群生地です!!数年前に偶然発見したのですがかなりの数のカタクリが咲いていました。
桜も咲いたらイイ感じなんだろうな~!!...こちらも桜が咲いてる時来た事ないわ...こんなに近場なのにいつも見逃しているなんて...残念な私^^;

ランチタイム!!
お湯を沸かしている間に...
IMG_6543
甘いだけではなく、かなり酸っぱい...山歩きの疲れを吹き飛ばしてくれます。
私の子どもの頃のグミと言ったらただ甘いだけの物が多かったけれど最近のグミはどんどん進化してるな~

ランチの中身は何かというと...
茹でてきた蕎麦を沸騰させためんつゆで温め
IMG_6544

小松菜...常温で置いていたら花芽が出てしまった^^;...と刻みネギを加えて少しだけ温め...
IMG_6546
色の変わらないうちに前日の残り物のヒジキ煮を使ったかき揚げを乗せて出来上がり(*^^*)
IMG_6550
ヒジキ煮は大豆も入っていたのでほくほくしていて中々いけてました!!

お腹いっぱ~い!!

さ、時間大幅に過ぎてしまったのでダッシュで帰るよ~!!

ミニケルン?
IMG_6552
13:30山頂出発。
下りなのでかなり速いペースで降りて行き
IMG_6554

あっという間に登り口に戻ってきました13:38
IMG_6555
登りは30分もかけたけれど、降りるのはたったの8分...この慌てよう...^^;

難台山方面への林道へ再び戻ります11:45
IMG_6557

帰りは辛い~の道が待ち構えています。
IMG_6558
長い長い登りを行きます。
荷物が肩にずっしり...。

それでもこちらは意外と上がりやすく
IMG_6560

重いけれど頑張ったわよ...全ては夏の山を楽しむための...この日の歩き。
IMG_6564
しかし...こんないつもの里山で妙な達成感が!!
ヤッホ~い!!

そして14:26もと来たスズラン群生地の分岐へ戻れば後は下りのみ。
IMG_6565

林道の入り口に14:45頃に着くと朝出会ったシルバー人材の車がクラクションを鳴らしていました。

私にかなと思い手を振りながら近付くとこの方は絶対に山好きだなと思ったおじ様が
「道は大丈夫だったかな?」
と聞いてきたので
登山道は大丈夫でしたが林道は杉があったので少し歩きにくかったですね。」
と様子を伝えると
「そうか、あと2~3日で片づけて歩きやすくしとくね...。」
と言い
「ところで山はどこへ行くんだい」
と...。
「テント背負って行くのはまだ決めていないのですが尾瀬とか...会津駒ヶ岳とかあの辺りは夏とか秋にときどき行きます。」
「そ~なの~いいね~!!気を付けて行ってらっしゃい^^頑張ってね!!」
と言い、去って行きました。

ほら、やっぱり山好きだったでしょう?

私ね...何となくこの人は自然が好きそうだな~山とか興味ありそうだな~っていう人が最近分かるようになってきたのです。ぱっと見とか少し話した感じで...。これは一種の超能力よ!!

なんて言って私の思い込みだったりして^^;
また適当な事書いてるな...。

さておじ様へ別れを言った後ぐんぐん民家横の舗装路を降りて行き
IMG_6566

途中で見た事あるような...
IMG_6567
緑のサナギを発見!!

遠かったけれどあれは以前雨巻山縦走路の三登谷山で見たものと似ている...というか多分同じ種類かも!!

やはり何か蝶なのでしょうか...未だ不明のまま。

道路の脇にはヨモギが
IMG_6568
摘みたい気持ちを抑えて...こちらはどなたかの所有している土地ですからねどんな雑草であったとしても採ってはいけないと私は思うのです...。


小さい棚田が見えてくるとゴールは間近。
IMG_6569

14:55到着~!!

なんとか3時までに間に合った~!!

なんで3時だって?

ほら、毎回言っているじゃないですか~!!

午後4時のシンデレラ...。

もういい加減にしろっ!!

...ですよね^^;

珍しく下山後に甘いものが食べたくなり355にあるJAの販売所土からのたよりにより黒米大福なる物とゆずヨーグルトドリンクをゲットしてしまいました。中身はいんげんと枝豆の餡...しかし色鮮やか過ぎ...と思ったら着色料入っていたわ^^;
IMG_6570

色鮮やかじゃなくても着色料無い方が好感度アップなのだけどな~。

でも、何故かピンクとかは...紅白饅頭とかスアマとか桜餅とかはオッケ~なのだけど...。

味は甘さ控え目で優しいお味でした。
しかし山の後の甘いものってホントにおいし~ね~!!

久しぶりに筋肉痛になったけれどそれがまた何故か心地よく、頑張って夏までに鍛えるぞ~!!と心に誓う里山でのトレーニングのお話なのでした。

和菓子大好き(*^^*)な今日この頃...。

次は何キロにしようかな...。



あっという間に春が来た

この間まで寒くて湯たんぽを使っていたと思ったら昨日の朝はやたらと暑くて布団を蹴飛ばしていました^^;

朝起きてやっぱりね~と思った事...庭のしだれ桜が咲いていました。

IMG_6666

IMG_6618

IMG_6663

IMG_6617

IMG_6672

IMG_6663

IMG_6620
あ~桜大好きです...。

何枚も同じような写真...^^;でも本当にこの花大好きなのです。

あっという間に終わってしまうのですけどね。

この花はまつお君と同じ年に生まれた桜。偶然見に行った、とある怖いご住職のいるお寺の樹齢百年以上の桜から生まれた苗木をタダで譲っていただいたものです。(住職に何度か怒られたので怖くてめっきり行かなくなりましたが素晴らしい桜なのです...)

出会ったのはまつお君が一歳になる年で苗木もまだ樹齢一年でした。

その頃私達は...というか私は新しい生活を始めたばかりで...まつお君も今のように良き話し相手ではなく...ホギャ~と言っていたわけで...。でもお人形みたいで可愛かった~(*^^*)本当にいろんなことで心が折れてしまいそうな気持で毎日を過ごしていました。そんな頃に出会った桜だったので他の庭木よりも思い入れが強い様な気がします。それに、まつお君と同じ年ですからね。まつお君の初節句に家族で集まってこの木を植えたのを今でもよく覚えています。

7~8年経ってようやく咲き始め十二歳になるこの年はかなりいい感じに楽しめそうです。

ちょっとセンチに昔を振り返ってみたりしましたが...生きているとホント嫌な事とかなんで私が~!!みたいなこと誰でもあるものだと思うけど、生きてさえいればいい事が必ずめぐって来るものなのだと思って...まつお君にも常日頃それを伝えながら毎日来る新しい日をなるべく楽しくむかえて行けたらなと思います。


はい、では手抜きしまくりのお庭ですが春が来ましたよ^^下手な画像でごめんなさいという感じですがアップしていきましょう!!

私が子どもの頃からある椿の花。バラの花みたいな八重が素敵です。
IMG_6687

これまたいただきものの沈丁花挿し芽だったものが今では春の香りを運んでくれています。
IMG_6633

ブーケみたいです。
つぼみも可愛らしい。
IMG_6636
あ~いい香り(*^^*)

幼いころからの馴染みの花もこんな風に見ると違う花のように見えます。
IMG_6628
IMG_6627

ブルーベリーはゴールデンウィークの頃に咲きそうです。
IMG_6692

いつも地味に咲いて終わるボケの花を発見!!
IMG_6685
あら~なんとも存在感のある花だったのね^^

IMG_6675

IMG_6679

小さい花が撮りずらくなったオンボロカメラ...。

でも私はマクロの世界が大好き。
IMG_6639
ゆきやなぎ

子どもの頃から同じ場所にずっと咲いています。最近は畑にも増殖中。

IMG_6638
IMG_6632

こんな害虫君も出没し始めました。
IMG_6655

なんとつくしが!!
IMG_6673

色々な花芽もぞくぞくと芽を出し始めています。
IMG_6656
西洋オダマキ

IMG_6688
アイリス

これはつゆ草ってうちの母は言うのだけど本当の名前は?
IMG_6657

残してあった畑の小松菜類にも変化が...。
IMG_6690

もうすぐ花芽を摘んでお浸し、てんぷら、その他いろいろ...おいしいんだな~これが~!

そういえば、さくらつながりでランチタイムは会津の桜うどんをたべました。山で食べようと思って買ったのだけど当分無理そうなので食べてしまった...。めんが桜色です。
IMG_6646

そして昼ごはん後秘密基地を作ろうと穴を掘りすぎて叱られるまつお君。
IMG_6650

暖かいと子どもたちも外遊びするようになっていいね^^

今日はお彼岸。

今ここでささやかな幸せがある事を感謝しつつお墓参りに行こうと思う日のお話なのでした。






奥久慈男体山...健脚コース~入道岩~鷹取岩~大円地

山へ行きたくても週末はまつお君のお許しがないと山へ行けない私...。駄目もとで土曜の夕方に
「行きたいな~明日奥久慈男体山の雪も溶けていそうだから行ってみない?」
と聞いたところなんとオッケーが!!

ここのところ成長痛かなんなのか踵が痛いと言うのでしばらく行けないかな~と思っていたけれど、いいってさ~!!やったね^^

まっ、様子見ながらゆっくり行きましょう...。

目覚ましを4:30にセットして就寝次の日は6:00には家を出る予定で...と思っていたらなんと珍しく寝過してしまいました^^;
起床5:30...ゲッ!!なんと一時間も...馬鹿!!私の馬鹿!!今日は初のコースを歩くのに何て事!!
とりあえず今の時間ならまだ歩けるコースはあるのだからと超特急で支度。自宅を出たのは7時ちょっと過ぎ...。
一時間のロスだわ~!!

そんな風にどたばたしながらもしっかり車で食べるおにぎりを用意し...でもまつお君とは山へ行く代わりに朝マックをご褒美に食べさせてあげると言ってしまったので朝マックのセットを食べていましたが...車の中で食べながら運転。

それでもなんとか道も空いているので8時過ぎには登山道付近に到着、8:33出発です。
IMG_6353
寒がりの私はいつもこの時期フリースを着て歩き始めますがこの日は4月下旬の様な暖かさ。今から行く健脚コースはすぐに汗をかいてしまいそうなので薄着でスタートです。
IMG_6354
一般コースも新緑の頃は落葉樹の新芽が眩しく輝いて、紅葉の頃は様々な葉で色づくこちらの森が大好きなのですが、実はまつお君一般コースは余り好きではありません。なので恐る恐るある日健脚コースの鎖場へチャレンジさせたところ鎖場がお気に入りに...。

何度も書いていますが私高い所が余り得意ではありません...というか嫌いです。
こちらの山の鎖場はそんなに難しいとは思いませんがそれでも下を見るとゲッ!!なのであります。
しかしまつお君が好きなコースなら仕方ないよな~。お母さんも頑張って登っていくよ。

いろんな山を登って行くには練習が必要だからね!!

最初どんよりした感じでしたが登り始めてすぐにお日様が...
IMG_6355
眩しい~!!

茶畑って何故か好きな風景。
IMG_6356
登山道の登り始めの頃はこんな感じです。
IMG_6357
暖かくなるとスズメバチが出てきそうなので気をつけなくては。

ふと足元をみると小さな花が...
IMG_6358
名前は調べたけれど似たような花がたくさんあってわかりませんでした...。
葉は特徴があるとおもいますがご存知の方います?

まだまだ常緑樹のみの森ですが輝いています。
IMG_6359

30分程で次の分岐へ着きます。こちらの看板が出てしばらく歩くと、
IMG_6362
いよいよ鎖場へと向かいます。
IMG_6365


IMG_6367

さあっ!!登るよ!!
IMG_6368
一番初めの鎖は...
IMG_6369
下を見るとちょっと怖いけれど...
IMG_6370

あっと言う間...。
IMG_6372
もうチョイ!!
IMG_6373

こちらを上がりきると山頂が見えてきます。
IMG_6374

煙霧の影響のせいか景色悪~!!
今までで最悪の景色です。
IMG_6376
仕方ないので大円地の辺りを撮ってみました。
IMG_6381
そんなに標高差は無いのに霞んでいる...オンボロカメラのせいなのか...それとも煙霧のせいなのか...。左上の辺りに大円地があります。

それでもまだまだ登ります。

崖の途中で...
IMG_6384
間違っていなければアカフタチツボスミレ...それとも普通のタチツボスミレ?

画像が不鮮明で判別が難しい^^;

どんどんまだまだ登るよ~!!
IMG_6388
ぼく、鎖場大好き!!

鎖場が一番得意なの!!

だって...おいおい、天狗すぎだから...。

世の中にはもっと恐ろしい場所があるのだよ~!!

と、突っ込みを入れながらもなんて頼もしい!!なんてことも思ってしまう...親ばか!!

この若い芽のようにぐんぐん伸び伸び育ってほしい...。
IMG_6389

そんなこんなで三回位繰り返すと
IMG_6390
いよいよ...
IMG_6391
到着!!9:55

こちらを登ってきたのね^^

私もこちらは三回めなのでだいぶ慣れてきました。
一番最初に登った時は腕がプルプルしていましたが今回は余裕がまだまだあります。
私自身がかなり減量したのもありますが...。

これならあの目的の場所まで今日は行けそうかな?

山頂は相変わらずの最悪な景色...残念!!
IMG_6397
余り休まずに10:07出発です。
IMG_6400

大円地越10:31到着。
こんなに近くだったかしら?
IMG_6405

上を見上げると秋とはまるで違う風景が広がっています。もう少しすれば今度は新緑の季節がやってきて...そして秋がきて...ホント一年てあっという間...。
だから、立ち止っている時間はないよ~!!どんどん先へ進んで行くよ~!!
IMG_6406

さあ、楽しいランチタイム!!

ご飯作っている間に正月の鏡餅を乾燥させて作ったかき揚げをボリボリ
IMG_6407
今日のご飯もパスタだよ~!!
IMG_6408
家でいつ使うんだい状態になっていたこちらを使います。
IMG_6410
具材はひき肉と玉ねぎを炒めた物と
IMG_6412
キャベツを加えてグツグツグツグツ。
IMG_6413
出来上がり~。

お味は?

不評~(**)

仕方ないね今回あまり時間が無かったのでいろいろ準備できなかった...。
途中から同席した年配のご夫婦にスウィーティーとバームクーヘンをいただきお腹一杯...。
まつお君遠慮もせずにスウィーティー3切れも...。

私の作ったランチは不評でしたが朝マックのカロリーが残っていたからか、この後も意外と元気に歩いてくれるのでした。


そして、今回のメインイベント初の鷹取岩コース。
地図が見つからず焦ってしまいましたが前日にようやくヤマレコで見つけた物をコピーしてきました。初のコース、いったいどんな景色が広がっているのでしょうか...私はワクワクドキドキ、まつお君はどこへ連れて行くんだよ~と少し不安げ^^;

多分...いい所...連れて行ってあげるよ~!!
11:16出発です。
IMG_6414

10分程歩くと崖っぷちの細い道なんかも出てきてある意味先程の鎖場よりスリル満点^^;
IMG_6419
やせている道をどんどんすすみます。
IMG_6421

男体山が反対側から見えてきました。
IMG_6423

途中の崖から...
IMG_6424
怖いもの見たさで下を覗き込む...
IMG_6425
見なきゃよかった...。

12:00頃杉林に出ました。
IMG_6428
こちらの杉林は明るいんだな~と上を見上げると...
IMG_6429
キレイに上の枝が刈られています。

手入れが行き届いているのですね。この辺りでまつお君ふと社会の時間に習った北山杉?...字はこれでいいのか不明...について語り始めました。

雪が降ると雪の重みで曲がってしまい売り物にならなくなる事。
細い木は間引いて大きな木を育てていく事...。

その他いろいろ熱く語って林業って面白そうだね~だって!?

この間まではパイロットに...管制官...電車の運転手...。

今度は林業に興味を持つとはね...。子どもの心は色々な物を見ながら日々変化しているようです。

そんな話をしつつも、途中当たり前体操の替え歌を歌いつつ

け~もの道に入って行くと...遭難!!当たり前~当たり前~あたりまえ体操~ジャンジャン!

アハハ^^;ま、ね...。地図読みも不確かな感じな私...^^;ありえるわ...。気を付けよ~っと。

途中の分岐はかなりくたびれた看板ですが下調べしたので迷うことなく進む事ができました。ヤマレコで写真を残してくれた方に感謝。
IMG_6430

段々と男体山が小さくなっていきます。
随分歩いて来たのだね~!!
IMG_6433
でも、まだまだ歩きますよ~。

怖い道も何度か通り過ぎ...
IMG_6436
少しだけ鎖場。
IMG_6438
IMG_6442
細い道は続きます。
IMG_6444
でも登山道脇の花芽はかなり成長してきています。あと一カ月もすれば花が溢れてくるのでしょうか。
IMG_6445

そして目的地最後の分岐に到着12:46
IMG_6447
入道岩と鷹取岩をめざします。

あちらが入道岩かしらね?
IMG_6449
形はそんな感じだけれど不確かですみません...。

大体入道岩の裏へ来た時かなり風も強くなってきていたので進むか二人で相談。

結局まつお君は入道岩の後ろでDSやって待っている事に。

私は危険そうなら途中でやめて帰ると約束して鷹取岩まで進むことに。
流石に寒くなってきたのでジャケットを着て出発。

鷹取岩までは大体10分ちょっと位で着きました。

途中にはこんな鎖場が
IMG_6452
一瞬迷いましたがゆっくり焦らず登れば大丈夫。
あっと言う間です。

入道岩は反対から見るとこんな感じに...
IMG_6451

そして...
IMG_6453
鷹取岩頂上到着13:02

遥か彼方には男体山が。
IMG_6454
あの下から歩いてきたのね。
怖いけどいい眺め~!!

あっまつお君が見える!!お~い!!
IMG_6458
この写真じゃ見えないね...。でも向こう側からも手を振っていたんですよ。

もう少しいたいけれど風がやんでいるうちに降りましょう...。

風はやんだり吹いたりを繰り返し段々と悪天候になって来ている様子。

最後に入道岩から鷹取岩を眺めます。
IMG_6463
崩れている場所は震災の時崩落した場所...。

あれから二年経ったのですね。
まだまだいろいろな不安はありますがこうして親子で楽しく山へ行ける私達...なんて恵まれているのだろう。
毎日人生を一生懸命生きて行かなくてはいけないなと思います。

男体山の登山道、震災直後は一般コースも相当荒れていたようでこうして安全に山歩きが出来るのはやはりこちらの整備に携わっている方達のおかげなのだな...とそういった面でも感謝です。

さあ、見るもの見たのでそろそろ出発です。

13:18最後の分岐を降りて行きます。
IMG_6465
中々のやせっぷり...。鎖場ではないのですが途中ロープが張られています。細い登山道をゆっくり慌てずに降りて行きます。
IMG_6467

IMG_6468

しかし狭い道...。
IMG_6469
途中の木々には可愛らしい黄色の花。
IMG_6473
ダンコウバイか、アブラチャンか迷ったけれど...

茎がダンコウバイにそっくりだからダンコウバイかな?

写真をもっととっておくべきだった!!

花が斜面に咲き始めていました。
IMG_6474
道のやせっぷりが気になって風もますます強くなり手がプルプルです...。
上手く撮れませんでした...。ガクン...。

でもまだまだ冬枯れている斜面に浮かぶ黄色がなんともホッとさせてくれるではないですか。

もう、春は始まっているのです。


風ビュンビュンの中あっという間に降りてきて...
IMG_6476
里が見えてきました。
IMG_6478
あちらの道路へ降りる予定...のはずが...民家の脇に登山道の行き止まり?標識も何もなく奥の杉林を覗き込むと木にピンクのテープが張ってあります。
IMG_6479
という事はこちらへ進めと?

試しに降りると...
IMG_6481
わ~!!枝うちしたような枝が散乱していてとにかく歩きにくいな~と思っていたら...スッテ~ン!!杉の枝や葉に足を取られて転倒です。
まつお君大笑い...ひどい^^;
だけど人の事笑っているから出口直前でまつお君もスッテ~ン!!

なんなんでしょうね確かにピンクのテープの通りに進んだら大円地につながる道へ降りてくる事が出来たのだけど...一瞬迷ってしまったかと思いました。もしかしたら新しい道を作っている途中なのかも知れません。

13:57何とか出口らしき場所に到着。
IMG_6482

け~ものみ~ちに入って行くと...遭難!!あたりまえ~あたりまえ~当たり前体操ジャンジャン!!

けもの道じゃなくて良かった...。と思う山でのお話なのでした...。

ん?違う!!違う!!

奥久慈男体山~入道岩~鷹取岩は低山だけど歩きがいのある季節ごとに様々な表情を見せてくれる素晴らしい山。新緑の頃も、紅葉の時期も季節を変えつつ何度でも来てみたいと思う山でのお話なのでした。



盛り沢山な一日

年度末の3月はプライベートでは学校関係の書類の提出、仕事では4月に向けての準備とバタバタと意外と忙しい時期でこんな風にのんびりとブログを書いている場合ではないのですが...まあ、今日は山にも行かないしねその余力もある事だしいっかぁ~!!

という訳で昨日のちょっとした出来事でも書こうかと...。

朝のひと時いつものように台所でコーヒーを立ち飲みしていると...おや見慣れないお客さんが庭に来てるぞ?
IMG_6145
あなたは...ジョウビタキさん?←間違い…モズだそうです^^;なはは…
ワオッ!!初めてだわこんな鳥さん!!急いでオンボロカメラで激写!!
急がないとうちの主いじわるヒヨドリのつがいに邪魔されてしまいます^^;

そして...
IMG_6146
撮れましたズームの利かない私のオンボロカメラでもなんとか...かわゆい^^

この撮影のすぐ後に意地悪ヒヨドリ達がギーギー言いながら飛んできたので庭にいたのはあっという間だったのですが何とも感動です(*^^*)Welcome to our garden!!です。

まず、これが今日の一つ目の出来事。

はい、次~!!

10:00頃学校の音楽隊の小6生の最後の発表会と言う事で...まつお君はまだ一年残っているけどね...まつお君高学年だけど参観日もこういう発表会も行かないと怒るんだよね~。という訳で行って来ました。面倒くさがり屋で親失格な感じの私です...。

でも、行ってよかった~!!写真ボケボケですみません^^;バレバレですがわざとです。
IMG_6157
IMG_6158
立派に発表しているではないですか~!!
この方保育園までとにかく発表会が大嫌いなお子様でして、毎回発表のある度に行く前に泣いたりウルウルしたり私を困らせてくれたのです...だからこんな風に成長してくれるとは...(涙)お母さんは大変嬉しい~ぞ~!!
かなりうるうるしていたのですが、最後ではないので泣いてたまるかと心の中で下らない事を考え気を散らしたりたりとかなりの葛藤でした。来年は泣いてしまうかもしれません...。

気づいたら君が生まれてから今年で12年になるのね。君と同じ年の桜もすっかり大きく成長してもうすぐ咲き出します。
IMG_6163
まつお君のように今年は沢山花を咲かせてくれそうです。
IMG_6166
本当に君を産んで良かったです!!いつも感動をありがとう!!

大げさですかね...親は子どもに感謝されたいって思うのではなく、子どもにこんなに私を成長させてくれるきっかけをくれてありがとうと思う事も大切かなと私は思います。

自分の子どもじゃなくても同じです。だから本気でしかる事はあるし確かにいらいらすることもあるけれど...でもこれは私の乗り越えなくてはいけない試練でありそんなきっかけをくれた子どもたちに実はいつも感謝しているのです。今まで出会った子どもたちのおかげで日々成長中であります。

なんて真面目な事を書きつつ次の出来ごと...。

いろんな事が片付いていないのに常に楽しい事したいモードの私。真面目な事を書いた後のこの駄目っぷリ^^;
まぁ、人間こんなギャップが魅力になったりもするもので...と言い訳しつつ。

で、山には金曜日に行ったので...おいおい、いつの間にという感じですが...。水戸に観梅でも行くか~とのんきに梅祭りを調べているとなにやら夜梅祭のインフォメーション...何なに?夜の梅まつり?

花火もあるそうな...。

まつお君に花火があるんだってさ~と言うと行くと言うのでご飯を食べてから出発~。
えっ?屋台で食べろと?そんなお金ないんですよ今月も...なんせ夏山にむけてテント買っちゃいましたからね。今月もキ~キ~なわけで...大人しく家にいればいいものをそういうのができないのよ~困ったチャンな私^^;

7時前に一番近い駐車場に停められそうだと思いきや...なんとまあこの後30分程駐車場難民になり...結局メインの梅まつりの場所から1キロ程はなれた場所に停める事に。
でも歩くのは慣れてますからね夜梅祭会場に着く頃はポカポカしてちょうどいい感じでした。

会場に着くと...
IMG_6174
夜の梅って初めてだけど幻想的に夜の暗さに映えますね。

IMG_6183
紅梅は結構咲いていましたが白い花と枝垂れはまだまだな感じです。
IMG_6187

こんなに寒いのに大勢の人、人、人。
IMG_6196

んっこれは?
IMG_6175

和紙で作ったキャンドルホルダーの灯り。
IMG_6176
笠間では陶器で作ったキャンドルホルダーを使った十六夜まつりがありますがこちらも素敵ですね。
IMG_6177

こうして写真ばかり撮っていたらまつお君から寒いと苦情がありいよいよ屋台の場所に...自分で何か買うってさ!!えらいね~by駄目親

しかし、誘惑がいっぱいだね~こりゃぁ...
IMG_6207
金欠の病な私は内容よりもまず金額をチェック

これは...パイたいやき160円也。
IMG_6209
パイでできています。
あ~だからパイたいやきなのね~と買ってからきづく...

中身はクリームで周りはサクサクな生地でこの価格で中々楽しいお味です。こちらのほかにチョコ、あんこ、アップルがありました。アップルが良かったかな~とちょっと後悔。
IMG_6211
誘惑はまだまだ続きます。
いちごあめ食べたいな~我慢我慢^^;
IMG_6208

射的はもらえなくてもいいからとにかくやってみたいんだってさ~君もやっぱり男だね~
IMG_6212
大人も参加している方がいました。
IMG_6214
この昭和な感じが何とも言えませんね。懐かしいわ。

さあ、そろそろ体も冷えてきたし駐車場も遠いから移動しながら花火を見て帰ろうかと花火開始15分くらい前に偕楽園を出発です。

途中の橋で警備員さんに花火の場所を確認し寒さに耐えながら待つ事5分。

ドド~ン!!
IMG_6215
始まったよ~しかも目の前で^^
IMG_6216
空気が澄んでいるせいか夏よりきれいにみえるような?
IMG_6218
時間は短いけれど、どんどん違う花火が打ち上げられました。
IMG_6221
私は意外とこちらのが好きです。
IMG_6224
そして、立て続けに打ち上げられると
IMG_6226
もう終わりなんですよね...あっという間。
IMG_6230
でもこれ以上ここにいると凍えるからこれでよし!!

終わったと同時に警備員さんにもう一度お礼を言い駐車場までジョグです。

これが意外と楽しい...始めるか?ジョギング...いえいえやりませんよ^^;

今回は山に行かずの週末でしたが...私はひとりで行ったんだけどね^^;その話はまた今度...何とも色々な一日なのでした。

あ~これ終わったら明日までに学校へ提出する書類をまとめなくては...今更ながらアセアセなまつおの母なのでした。


人気ブログランキングへ

疲れ倍増雪道の筑波山ハイク

IMG_5899

何度行ってもいつも違う風景や人に出会わせてくれる筑波山。
只今私はそんな筑波山のとりこなのであります。

先週の水曜日に降った雪、下界ではあっという間に溶けてしまったけど筑波山はどうだろう?凍ったりしているのだろうか?
駐車上は結構ゆきが残っているわ~!!大丈夫かしら?
IMG_5866

そんな不安を抱えながらも8:25つつじヶ丘横の迎場コース出発!!
日差しもあって寒くなくいい感じ。
IMG_5867
今回は会社のお仲間Rちゃん、高校からの友達Hとまつお君、私の4人で。

こちらのコースは残雪もほとんど無くただひたすらルンルンに下るだけ。
楽ちん楽ちんルンルンルン(′∀`)
神社まではゆるやかな下りなので御幸ヶ原コースへ入る前の準備運動の様な気分...逆から登って来ると結構辛そうなんですが...。

9:00前位に神社へ到着。今日は何かの行事があるらしく準備をしていました。
IMG_5869

ケーブルカー横を登って行きます。

初めのうちはぬかるみも無く泥除けいらなかったかな?と思っていましたが半分ほど登ると...
IMG_5874
うわ~雪残ってるよ~Σ(´д`;)

うれしいやら、焦りやら...複雑な気持ち...慎重に行かないと滑って転んで大変な目に遭いそうです。
低山でも軽アイゼンくらいは買っておくべきだった~!!
IMG_5876
途中おじ様おば様の団体様を抜かし抜かされつつゆっくり、ゆっくり登ります。

それでも登りはそんなに怖くなかったわけですが...
途中何故だか「だから山はなめちゃいけないんだよ~!!」とまつお君に怒られ(;´Д`)前を歩いてたお姉さんに笑われた...。何故に!?
いつもより30分ほど遅れて10:52に御幸ヶ原に到着。
IMG_5879
男体山は雪が積もっているのと慣れない雪に疲れ気味なのでまた今度。
御幸ヶ原も雪が残っていました。
IMG_5880
そして裏筑波方面にもまだまだ沢山雪が残っていそう。
あ~あちらへも行ってみたい~!!
IMG_5885

そしていつものランチタ~イム!!
今日のランチは自家製パンにバジルソースを塗ってきたものに...
IMG_5887
自家製ミートソースとオニオンスライス、とろけるチーズを挟んで...
IMG_5886
ホットサンドのできあがり~!!
IMG_5889
コーヒーとレトルトのじゃがいもポタージュと一緒に...
IMG_5891
食べていると...「おっいいね~!!いいの作ってるね~!!」と見知らぬおじ様。

ほめられるとつい、「どうぞ~よかったら。」
と言いたくなってしまう私^^
気に入ってくださったようで肩をベシベシたたかれて沢山ほめられてしまいました。

また面白い人筑波山に登場です。

途中お返しにお弁当をどうぞ~とか
ラーメン食べる~?とか
言って下さったのですがおなかいっぱいだったのでお断りしてランチ終了。

なんだかいろいろ冗談を言われてガハハと大笑いしながらお別れ、出発です。

女体山側から下る前に紫峰杉をRちゃんとHに見てほしかったので行く事に。
まつお君は不満気で待っていると言ったのですが雪の道を見たとたんに行くということに。
IMG_5895
先ほどと違い踏み固められていないので歩きやすい道を1分ほど下ります。
IMG_5896
わ~大きいね~!!
IMG_5904
樹齢800年です。

この曲がり具合がたまりません。
IMG_5903


反対側の男女川みなのがわ源流の水場は凍りついていました。
IMG_5899

こちらを見たらいよいよ下山。女体山側へと向かいます。

こちらセキレイ茶屋付近
IMG_5909
結構な雪です。
IMG_5910
アイゼンを付けて降りてくる方を沢山みかけました。

そうでない方も...コンバースみたいな真っ平靴も、ただの運動靴も、そして普通のブーツも...みかけましたが^^;

恐るべし筑波山...。

でも私は軽登山靴でも下れますが軽アイゼンがあるともっと安全に降りられるかな~とも思うのでした。

今日も大仏さまはいい感じに青空に映えてました。
IMG_5912

ロープウェー側方面は凍りついてたり、ぬかるんでいる場所も多かったのにコースが短いからか登山の格好すらしない人が沢山登って来ていました。

ま、いつもの事ですが...今日は特別...雪があるからね、見ていて物凄く歩きにくいだろうな~と何だか気の毒。

3歳未満くらいの小さな子を連れて歩いている方も沢山見かけましたが本当に危ない!!最後の凍りついた岩場は
どうやって上がるのかな?抱えるのかな?

私も3歳くらいからまつお君を里山に連れて行きましたが決して雪の降った時は行かなかったので見ていてハラハラ、ドキドキです。
IMG_5917
こんな平らな道なら歩き易いのでしょうが...。

そんな事を考えながらあっという間につつじヶ丘の駐車場が見えてきました。
IMG_5919

今日こそまつお君が滑り台する姿を激写するぞ!!と思っていたのに今日はしないんだってさ~!!

な~んだつっまんないの~!!

14:00到着。
IMG_5921

低山でもアイゼンあるといいわね...
そしてまつお君が滑り台しなくてちよっとがっかりだわ~と思う筑波山でのお話なのでした。




人気ブログランキングへ

山の上でもカフェ、下へ降りてもカフェ

この間の土曜日は春のような陽気でとてもポカポカ暖かく近くの森林公園を一回りしていたらどっと汗がふきだしました。こんな陽気は2月にはありえないのですが山で見かける花芽も以前より大きくなってきているような気がします。明日は雪の予報ですが少しずつ春が近付いているのかもしれません。

小さな花が沢山咲く春の里山が待ち遠しい今日この頃です。
IMG_5824

そんな中雪が少しだけ残る雨巻山へすっかり山ガール?への道まっしぐらの友達H美さんを連れて行って来ました。山では私が先輩ですが、実はH美さんは仕事の大先輩でもあります。
仕事柄子どもが好きでうちの子とも精神年齢を同じくらいに下げて..(.子ども目線ってことね。これって私たちの仕事で結構重要な所だと私は思うのです)...とことん付き合ってくれます。

さあ、今日もそんな楽しいお友達を引き連れて出発ですよ!!
9:00林道はまだまだ雪が残っていますね。実はこの辺りでウソに遭遇も、お~!!と騒いでる間にあっという間に飛んで行ってしまいました(**)残念!!
IMG_5799

一度通った道なので今回はゆっくりしっかり山を楽しんで歩きたい。
最初の分岐の看板の上に可愛い飾りが...
IMG_5800

少し早い時間だと小鳥さんたちも里へ降りていなくてあちこちでアカゲラやシジュウカラ、メジロ等々を見かけました。特にシジュウカラは5~6羽で行動しているのを山や森林公園でみかけます。今日も3~4羽一緒に。庭で見かけるのは1~2羽なんですけどね...何故でしょうか。

頑張って撮ってみようとしたけどアカゲラちゃんの中々すばしっこいのと私のオンボロカメラじゃこれが限界でした。シジュウカラちゃんポツ~ん。
IMG_5802
葉が茂っていると小鳥さん達を発見するのが難しいのですが、冬は良く見つけられるのだな~と最近気づき新たな発見です...いまさらながら...。

小鳥さん達もいなくなりしばらく歩いて9:51三登谷山に到着。
山頂からの眺めは...
IMG_5803
前回よりはいい感じ^^
日光男体山がよく見えます。
撮り方悪くて右隣の大真名子、子真名子切れているのは女峰山か、赤薙山か~?なんて中途半端な映りです^^;

実は最初男体山しかわからずいい眺め~なんて見ていたのですが、あとから来たお姉さまが他の山を教えてくださって赤薙山もそれで知り、去年途中でかえってきちゃったんです~!!とか男体山今年は登りたいです~とかしばし盛り上がりH美さんとまつお君を放置プレーの私...いけない、いけない...。

まだまだ話したりないところですがいつまでもしゃべっていては目的地に着かないので出発~!!
おっと!!かなりうっすらで見えにくいのですが富士山も見えました。この場所で見える事は珍しいと先ほどのお姉さまが教えてくださいました。
IMG_5804
オンボロカメラだと殆どなんだこりゃ状態ですが...。見えます?

まつお君も2回目のこちらの山今日はなんだかご機嫌斜めで、前回また行きた~いとか言っていたのに本当は行きたくないんだよ~っ!!とか困った発言連発です。

そしてまつお母はといいますと...そんなこと言っても途中でエスケープなんかさせないからね!!最後まで縦走するからね!!...強気です。
そんな中H美さんが松の葉をまつお君と一緒に拾って遊んでみたり、雪を発見しては雪合戦としてくれたのがかなり楽しかったようでやはり誰かと歩く山っていいものですね。ホントにありがとうございました~!!

そんなこんなで11:00ちょっと前に雨巻山、山頂到着まだ早い時間だけど3人とも腹ペコ。
今日のランチはこれだ!!
IMG_5806
食べた事ないのだけどおいしいのかしらね?
薄めず使うスープを鍋に入れると
IMG_5807
少なっ!!2人前のはずだけど?とりあえず玉ねぎを加え火にかけます。

今日もこれを入れてみます。
IMG_5809

ぐつぐつしてきたら
IMG_5810
家でゆでてきた蕎麦と水菜
IMG_5811
ねぎを加えたら軽く煮込んで
IMG_5812
出来上がり(*^^*)
山の上の適当ランチ...。
IMG_5813
そして、デザートに干し芋を焼いてみる...う~焼きいもの香りがしてきたぞ~...芋だからね...。
IMG_5815
このロースターちゃん山の上での網焼きに憧れて買ったはいい物の余り使っていなくて寂しげにお道具箱の中でポッツ~んとしていたので今回連れてきました。

干し芋うまっ!!香ばしくてサイコ~!!

〆に焼きマシュマロをまつお君がやりたいと言うのでコーヒー飲みながらまた食べて...今回糖分とりすぎだわね^^;

12:00ちょい過ぎに出発~!!カフェでランチするぐらいかなりのんびりしてしまいました。

歩きだすとすぐに雪が!!まだまだ残っています。
IMG_5816

そして雪を見て興奮する人たち...。
IMG_5817
こんなところで...まだ道は半分残っていますよ...。
巻き沿いを食わないようにこちらもハラハラ、ドキドキ。

やるだけやって逃げろ~!!
IMG_5818

いいのみつけたよ~あげる~
オレの武器だぜィ!!ズドドドド~ここまで来たら妄想がとまりません...。
IMG_5821
これ、すっかり気に入ってしまいザックにしまいこんであり、家まで持ってきてしまいました。こらこら...。

前回も見かけて少し気になっていた花のつぼみH美さんも気になるという事で調べてみました。
IMG_5824
ミヤマシキミ、ミカン科。
ミカン科ですが実は赤く毒があるそうです。小さいお子様の誤飲気を付けなくてはならないですね。
葉はいい香りがするそうで、あとで気づいたのですが登山道がほんのり爽やかな香りがしたのはもしかしたらこちらの枝が時々掃われていたからかもしれません。他にグリーンの入った白と全部赤いつぼみがありました。
3月頃に咲くかな?楽しみです。

しばらく歩き例のアップダウンと猪転げ坂も過ぎたら鎖場へ到着。
IMG_5831

お犬様連れのおじ様がするすると素早く降りて行きます。小さくて見えないかもしれませんがその横でお利口なお犬様も鎖なんて使わず(使っていたら逆に怖いけど...)おじ様に合わせて降りて行きます。月一で来る常連さんだそうです。
IMG_5835
IMG_5836
さあ、私達の番ですよ~!!私高いところは苦手で鎖場もちよっと~って感じですが、鎖場初挑戦のH美さんは高い所全然オーケーの様で心配することなくスルスルと降りてきました。

まつお君もだいぶ慣れてきた様子。
IMG_5837

あとは一回登って降りるだけ、最後少し沢に入るのでそこでまた一度登るけどあと少し。

雪にまたまた興奮する人たち...被害に遭わないように逃げろ~!!
IMG_5839
IMG_5841

まつお君投げ逃げです。
IMG_5851
行きの文句はどこへやら...。登山以外のアクティヴィティがさぞかし楽しかったのでしょう!!
H美さんに感謝です。

里に到着2:30少し前。
気になっていたカフェに行くぞ~と思ったらなんと2:30ラストオーダーだってさ!!
IMG_5863
でも看板を替えに来たお店の方がピザは終了ですがお茶は大丈夫です、という事で...初「茶屋雨巻」です。
IMG_5853

中へ入るとかんじのいいお店の方が今日は天気も良くて山は良かったですねと一言。
店内には里山ならではのカラスウリのリース。素敵(*^^*)
IMG_5855
石窯りんごのグリルアイス添え。アイスはバニラかラムレーズンを選べるのでラムレーズンで
IMG_5856
コーヒー益子焼かしら?
IMG_5854
まつお君はバニラアイスにマンゴーソース。
そのほかにイチゴソースかチョコレートソースが選べたような?
IMG_5861
焼きリンゴもラムレーズンアイスも優しいお味でおいしかった~!!

今度はピザも食べてみたいなと。

しかし今回の山糖分とりすぎだわ~しばらく気をつけねばリバウンドしてしまうわ^^;
とまたもやつぶやく山とカフェでのお話なのでした...(汗)


人気ブログランキングへ

冬は宝篋山で氷柱きらきらハイクしますよ~

で~んと氷柱!!

IMG_5527

さあ今日の山は筑波山のすぐ近くにある標高わずか461メートルの宝篋山。

駐車場に9時頃集合。今回は最近一緒に山歩きをしてくれるようになったH美さんと今日からの新メンバーRちゃんも一緒にまつお君、私の四人で出発です。

9:12出発!!雲ひとつないいい天気!!
IMG_5502
登山道入り口付近でニャンコが何見てんのよ~とでも言いたげに毛づくろい。
IMG_5505

田んぼはバッチリ凍ってます。でもすぐに...
IMG_5508

イイ大人引き連れたまつお軍団によって破壊...こらこら、勝手に田んぼに入っちゃいけませんよ...^^;
IMG_5509

しばし割ってしまった氷で遊んだ後再出発。

IMG_5512

IMG_5511

山頂をひとまず目指します。
IMG_5514

これを見ると夏はかなりボウボウな感じなんだろうなと思いながら森へ入るとすぐに...
IMG_5517

こんな小さな沢に出会います。

IMG_5523

こちらの山こんな可愛らしい沢が沢山あり一応~滝と付けられそれが見どころとなっています。だからまっしぐらに山頂を目指すのではなくて一つ一つ楽しみながら登って行きたい山でもあったりします。

そして、沢を覗くと...見てみて~氷柱だよ~!!
IMG_5527

IMG_5529

IMG_5533

澄んだ水...飲んじゃえ~って...それはどうなんだい?飲んじゃったけどね^^;
IMG_5546

そして、沢沿いを歩いているとなにやら棒を持ったおじさんがガサガサ....。

実はこちらの山かなりのボランティアの方に支えられているようで、こちらのおじ様も聞いてみたところこれから沢の掃除をするそうで、笹を刈ってほしいと女性の登山者から依頼があったようでそういった作業もしているそうです。笹ボウボウの低山なんて見慣れてる私にはそんなこと言う人もいるのか~と一瞬思いましたが考えてみたらそれって木々にとっても森にとってもとてもいいことなんですよね。こちらのおじ様もおっしゃってました。
笹や青木が沢山はえているとほかの木が成長しなくなってしまい森が駄目になってしまうそうです。

これは私の推測ですが、森が育たないということは山に根を張る木が無くなり根を張らないということは根が確保していた土や水が流れ出してしまい土砂災害につながったり、根が浄化してくれるはずの水も、確保してくれるはずの水も少なくなるのでは?なんて思ったりします。...これ、私の勝手な想像なので間違っていたらごめんなさいね。なのでもしもこの推測があっていれば森にとってもその里に住んでいる方々にとってもいい事なんじゃないかと思います。

おじ様この後コースの状態を説明して下さったり、どんな時に上からの眺望が最高なのかも教えて下さいました。どんなときかって?気になります?

まず、前日に風がビュンビュン吹いていて雲を吹き飛ばしてしまい、乾燥していて、そして何より早起きしてこないと~だって!!そうすると富士山もスカイツリーもみれるよ~とおっしゃってました。

あら~私達遅かったかしらね~?なんてことを言いながらおじ様にお別れをして歩き始めると
IMG_5562
おや?また滝?
IMG_5565
私のとなりでRちゃんがこれも滝なんか~!!突っ込みを入れたくなるほど小さな滝ではありますが夏に遊ぶにはイイ感じです。

氷柱もできてます。
でもこんなのまだまだもっといい滝?が氷柱があったのです。
IMG_5571

でもその前に見てみて~大蛇みたいに見事に巻きついてます!!
IMG_5574
整備する前はやはりかなり荒れた状態だったのでしょうね。

IMG_5578
ぼやけちゃってごめんなさい...
IMG_5579
IMG_5580

大きな岩が見えてくると、
IMG_5594

左手に
IMG_5598
IMG_5604
お~沢山流れてるよ~!!

んっ?よく見ると...大きな氷柱!!まつお君早速折ってボキボキしていました。破壊するの好きね~!!
IMG_5614

私のオンボロカメラじゃ限界なのですがこんなのもありました。
IMG_5618
もう一丁、こちらは水滴が丸く凍ったもの。粒々は全て凍ってます。
IMG_5609

しばし自然の中の氷の芸術を楽しんだ後は明るい道を登って行きます。
IMG_5627

道が少しだけ急になってくると大きな岩がごろごろしていて楽し~^^
IMG_5628

もう一息だよがんばって!!
IMG_5638

富士岩10:58着
IMG_5640

富士さんみたいに尖っているから富士岩?なのか?
IMG_5641

登りたがりがすぐに登りたがる~!!
IMG_5649

カッコイ~!!いっぱしの山男に見えて来たわよ~!!
IMG_5645

この登りが終わると平らな道になるよと沢で会ったおじ様がおっしゃってましたが平になってきました。
IMG_5655

山頂はもうすぐかな?
IMG_5656
青空ハイクは本当に気持ちイ~!!
IMG_5657

こちらはもみの木の大木
IMG_5660
私のカメラでは全部入らず...上は分割してこんな感じ
IMG_5662


なんつ~歩き方してるの!?
IMG_5665
任侠ドラマに出てくるおじさん達の歩き方だそうで...^^;
どうなのこれ?

バイオトイレだったかな?
IMG_5668


ど~んと電波塔が見えて来たら山頂はすぐそこ。
IMG_5669

でもその前に雪をふみふみザクザク
IMG_5671

そしてやっとこついたよ~!!11:22
IMG_5674
IMG_5676
宝篋印塔...歴史に詳しくないので説明できなくてすみません。でもと~っても価値のあるものらしいですよ^^


いつも登ってる筑波山、今日は浮気してごめんね~!!
IMG_5678

反対側には霞ヶ浦
IMG_5679

本当は富士山、八ヶ岳、日光の山々、榛名山なんかも見えたのだけどうっすら過ぎて私のカメラじゃ無理無理~!!

次回は早起きしてこなくては。


そして待ってました、お昼御飯~お腹すいた~!!

今回はちょっと変わったことしてみました。
お湯を沸かしてもやしとおくらを入れ、太いうどんを加えるのですがその時一緒にジャガイモのフライドポテト状のお菓子も加えて煮ます。
IMG_5680

肉は牛筋とシチュー用の固い肉を柔らかく煮込んだ物。

ぐつぐつ煮込んで...
IMG_5682

出来上がり~!!あっ味付け忘れてた。味付けはグリーンカレーラーメンの粉が余っていたので再利用。うどんにぴったり。いつもけちをつけるまつお君も今回はおいしかったってさ^^
IMG_5684

で、しめはRちゃんがいれてくれたコーヒーとカルピス味の焼きマシュマロ。
IMG_5688
おなかいっぱい~温まったので帰るぞ~

でもその前に雪合戦...

他の登山者に迷惑になるからやめなさい...君達...
IMG_5693

これで手洗って降りるよ~
IMG_5691
ってどうやって洗うんだい?


下山は右へ進みます。
IMG_5697

ぬかるんでいるので気を付けて!!なにやら私の前後できゃ~とかぎゃ~とか、んっ?にゃ~とか聞こえるぞ?
IMG_5698

でもまつお君はさすがだよ...泥スキーだってさ!わざと滑って降りて行きました。

よくやるよ~まったく!


途中下浅間

IMG_5705
IMG_5707

硯石(すずりいし)
IMG_5714

七曲
IMG_5717
ぐるぐる回って枯れ木の中に常緑樹がきらきらキレイ
IMG_5723

13:49要害展望所、おっ?あれは?
IMG_5734
ツリーハウスだってさ!

木にも梯子があるぞ~登っちゃえ~
IMG_5735

ちょっとスリリングなブランコも...
IMG_5744

展望所からの眺めは?
IMG_5739

左には牛久大仏
IMG_5741

正面にはスカイツリー
IMG_5740

多分榛名山?間違ってたらごめんなさい。
IMG_5742
それより薄くて見えませんね^^;

13:52あちら側へ降りますよ~

IMG_5743

あっという間にあちら側~
IMG_5747

登山口も近付くと...なんの神様でしょう。
IMG_5749

中世城の道と言うだけあって戦いの神様でしょうか?

そして首のないお地蔵様もいて少し怖いこの道を抜けたら
IMG_5753

不思議な物が^^;
IMG_5755


到着!14:10
IMG_5759
青い空がまだまだ広がってる~

一緒に登った二人も楽しんでくれたようでよかった!!

低い山だけど沢が沢山あって小さいけれど滝も沢山、冬は氷柱も楽しめて春は桜の木も沢山あったからさぞかしきれいなんだろな~。また来よう、キラキラしたこの山に。と思う山でのお話なのでした。






人気ブログランキングへ

当てて下さいこちらはどちらの山でしょう?

ドド~ン雪が沢山降ったわよ~!!
IMG_5366


どこでって?それわね...
IMG_5133
どこだと思います?なめてかかってここまでチェーン無しで来たら道が恐ろしい事に気づきこちらに車を置いて出発です。9:45

で、ここはどこかと言うと...
IMG_5136

ここまで来るとわかるかな?
IMG_5144

そう、なんと筑波山!!
前置き長くてがっかりさせましたね!?アハハ...ごめんなさい。
あまりメジャーではない裏筑波。

国民宿舎つくばね横の真壁へ抜ける林道歩きをしてきました。雪があるので行ける所まで!!
10:00コースへ入りました。ちょっと遅めなのであまり遠くへは行けなそうです。
しかし見て下さい!!
IMG_5147
入り口からこんなに雪がありますよ!!楽しそう!!

でも私雪山装備も何も経験がないのでとにかく駄目だと思ったらすぐ戻ることを心に誓って。
しばし雪景色を楽しみながら林道をぐるぐるぐるぐるひたすら上がって行きます。

わだちが結構あったので途中車に遭うかなと思いましたが1台も通らず、もちろんハイカーなんて誰もいなくて...こんなおバカちゃんは私だけか~と思いつつひたすら歩きます。
IMG_5170
IMG_5172
IMG_5174

この辺りは紫陽花なんかもキレイなのかも知れないですね。
IMG_5178
実はまだ歩いたことの無いコース。筑波山には何回も来てるけど全く知らない場所。
でも林道はひたすら一本道。迷う心配はありません。

澄んだ湧水が流れ出しています。
IMG_5179
そして、こんな寒さの中でも春の準備をしている木々がとても健気に見えたりします。
IMG_5209
雪の道って普段の道と違うので普段使わない筋肉を使うのであっと言う間に体がポカポカしてきます。午後からは天気も良くなる予定だったので外気温も上がり始めてきたのでしょう。しかしまだまだ雪景色は楽しめます。

小さな氷柱
IMG_5211

いくら久しぶりに積もったと言えお庭では中々こんな風に木にどっさりと積もりません。やはりここは山の中なのですね。もうこの頃には下界の木に雪は残っていませんでした。
IMG_5228

これは何の花芽でしょうね?3月頃に訪れたら何の花かわかるかな?
IMG_5237

少しずつ青い空が見え始めました。
IMG_5285

11:21真壁へ向かう道とつつじヶ丘へ向う道への分岐に来ました。
IMG_5270

足跡が一人分どうやらあちらから来た様子。
IMG_5271

鎖を超えて広い道を進みます。
IMG_5411

まだまだ雪は溶けないまま、お?見覚えのある山が見えてきたぞ。
IMG_5295

誰もいないのは少し怖かったりもするけど静かで気持ちいい~。来て良かったかも。
IMG_5309

11:42こちらの分岐に到着。
知らないうちに3キロもあるいてきたのか~!!もう戻らないと駄目かなとつつじヶ丘方面を覗き込むと小さな沢があります。
IMG_5316

沢まで降りたら引き返しましょう...と心に決めて慎重に慎重に...。
IMG_5340
ワオ~!!いい感じ。
IMG_5318
でもここは筑波山雪景色はあっと言う間。今日という日が休みでなんてラッキーなんでしょう!!
自然の中の雪景色っていい物です。

しばらくこちらの雪景色を堪能した後あちらへ進みたいのを我慢、我慢...タイムオーバーだな~残念!!なんせ私は午後4時のシンデレラ...なんてね^^今日は一人で来たのでまつお君の下校時刻に間に合うように帰らなくては!!
IMG_5325
シンデレラなんてずうずうしいにもほどがありますね^^;

只今エビのしっぽ成長中...無事に育ちますように。
IMG_5328

帰る前にお腹すいてきたから昼ごはん。
金欠なのに山へ来ちゃったから今日の昼ご飯はこの間と同じグリーンカレーラーメンにもやしを加えて。
IMG_5373

ぴりっと体が温まる~2人分じゃないのにお湯入れ過ぎて食べるの大変だったけど。

体も温まったので出発!!
IMG_5375

天気も良くなってますます気分爽快~!!
IMG_5390

雪はだいぶ溶け始めたけどそれでも中々な景色。
IMG_5391
IMG_5395
時間が無いのに帰りも写真を撮り続けたので林道に入ってから焦り猛ダッシュ!!
IMG_5415

凍ってない所は滑らずに進めました。凍るとちょっと大変かな?

雪解け水が朝より勢いを付けて流れています。
IMG_5417

林道も下まで来るとかなり溶けていて道路が見え、
IMG_5435

杉の木には殆ど雪がなくなっていました。
IMG_5443

青空がどんどん雪を溶かしていきます。
IMG_5492

そして、13:43林道入り口到着~!!2時までに駐車場へ着けば何とかなるわね^^ホッと一息。
IMG_5499

山茶花も凍りついて寒そう...。
IMG_5501

でもやっぱり雪の筑波山も良かったよ~!!
久しぶりに筋肉痛の予感がするけどね...とも思う雪の筑波山でのお話なのでした。







人気ブログランキングへ

里の人の愛が詰まった雨巻山プチ縦走ハイク

山へ行く前によく参考にする山の本。~県の山...栃木版。
IMG_5100
こちらを参考にして今年はお隣の栃木県の山へも沢山行こうかなと思っています。
こちらの本の一番最後に雨巻山が紹介されています。
笠間から1号線を走り益子の町へ入るといつも見かける雨巻山登山口の看板、ずーっと気になっていたけどついつい同じ山ばかり出かけてしまうので中々行けずにいましたが雪山へ行けない代わりに今年の冬は体力が落ちないように低山歩きを積極的にしていこうかということで(いつかは行きたいと思っているけど金銭的にも技術的にもまだまだ無理な私達そのうちスノーシューハイクくらいなら)
しかしまつお君が楽しいと思ってくれるようなコースじゃないと二度と行くか~とか言われるのでよく選ばないとね!!選ぶポイントは眺望良し、アップダウン激しく単調ではない道、適度な鎖場凄いのNG、明るい道...くらいかな。

しかし雨巻山は結構アップダウンある道なのでした^^;わかっていたけどいってみたかったの~!!

登山口のある駐車場には親切な事に地図の入ったポストが置いてあります。地図はこんな感じでこれまたとても丁寧に説明がしてあります。上手く撮れてなくてごめんなさい。
IMG_5131
私は沢山歩きたかったので三登谷山、雨巻山、御嶽山、足尾山の順で約7.5キロの行程を選びました。もともとこちらへ向かう前に本を見て決めていた事なので。

さあ、出発です。駐車場を9:20位に出て散策しながらゆっくり歩き登山口は9:26三登谷山方面へ進みます。
IMG_4975

小さな橋を渡って左側へ進みます。
IMG_4977

山道の始まりは暗い杉の林から始まります。
IMG_4980
登り口から歩きやすいように大変整備してあります。地元の方たちが登山道の整備に力を入れているのだなと感じることができます。
IMG_4981
9:45、23番の看板に出会い三登谷山へ向います。
IMG_4986
落葉樹の森が始まり道が明るくなり天気がいいと存分に陽だまりハイクを楽しめる道になっています。
あ~私達の好みにぴったりの道です。
IMG_4987
途中にはコウヤボウキが綿毛になって沢山はえてました。
IMG_4989
綿毛も薄い紫の入ったピンクなのですね。

そしてさらに登っていくと...
IMG_4991
またまた看板が...親切すぎる^^火の用心!!
IMG_4992
この看板を過ぎたあたりから少しずつ急な登りになっていきます。写真ではわかりにくいのですが慎重に登ります。
IMG_4996

太陽が見えてきた!!もうすぐ最初のピークかな?
IMG_4997

そして10:13最初の山三登谷山へ到着!
IMG_4998
素敵なベンチ
IMG_5004
良い眺め...私のコンデジではこれが限界...うっすらと日光の山々がみえます。
IMG_5005
この日は少し暖かくて霞がかかっていたので空気が澄んでいればもっといい眺めだったかも...。

雨巻山へ向けて10:26出発~!!
IMG_5003
明るい道が続きます。
IMG_5007
ところどころ岩もありますがそんなに歩きにくくはありません。
IMG_5011

10:29、20番到着展望コースへ進むとクライミングの練習用岩場ががあるそうで春にはカタクリ、イワタバコ、テングスミレなども見れるそうです。縦走するときは雨巻山方面へ。
IMG_5012

こちらからは筑波山を見ることができます。
IMG_5013
左奥が筑波山。

ふわふわ~コウヤボウキ陽にあたって可愛い^^
IMG_5017
IMG_5019

10:42、16番に到着
IMG_5018

10:51,14番
IMG_5023

そしてこの辺りで健脚おばさまに遭遇...地元の方らしく昨日もお友達と登ったそうで、家にいると炬燵に張り付いて中々抜けられないで運動不足になるので出てきたそうです。しばらくその方とご一緒させていただき山道の整備を10年位?やっていることや山道に時々播かれているウッドチップ、腐って柔らかくなった木屑はヴォランティアの方々が歩きやすいように播いたものであったり、今日登って来たもう一つの目的は時々落ちているゴミを拾いに来たということ...そしてこの山には季節ごとの見どころ、様々な花が咲くこと、年末のサンセットも初日の出もこの山で見たこと等々を話して下さいました。本当にこの山が大好きなんでしょう!!

地元の方々に愛され大切にされてる山なんですね。ほのぼのしてしまいます。
しかしこのおばさまいつも登ってるということでかなりの速度...山頂間近になる頃にはすっかり汗だくに...冬にこんなに汗だくになるなんて初かも。

そしてこの分岐を過ぎ...
IMG_5024

この分岐をもうひと登りすると雨巻山山頂です。
IMG_5026
岩の道の反対側は階段の道になっています。
こちらは登りきった時に撮ったもの。
IMG_5030


健脚おばさまは階段の道へ私達はまつお君が岩の道を行きたいと言うのでそちらへ。
岩の道はほんの少し急になってますが近道になるわけでもなく...疲れる^^;
IMG_5029

そして山頂11:19到着
IMG_5036

グリーンカレーラーメンでランチタイム
IMG_5032
辛いけどこのくらいのならまつお君もオッケー
IMG_5033
お腹も満たされたので3分で行ける展望台へいってみよう~っと。まつお君は無駄な力は使いたくないのでお留守番だってさ!!
IMG_5031

IMG_5037
こちらの展望台へ登ると...
IMG_5041
おっ?!あれは...
IMG_5042
筑波山、先ほどより近くなり美しい...。ここからだとこんなに美しく見えるのね...。

キレイな景色も見ることが出来たのでそろそろ出発~
12:10再スタート。

15分位歩くと...
IMG_5045
ミニケルン
私達も積んでみたら崩れてしまった...

そして猪ころげ坂
IMG_5047

こんな風な長い下りが続きます。
IMG_5048
7分位下ったら到着!
IMG_5051
反対側から見上げてみる。
IMG_5052
登りも下りもしやすいように斜めに丁寧に作ってあります。
またまた地元の方の愛を感じます。

8番に到着!!12:45峠、足尾山をめざします。
IMG_5054

13:04、7番に到着ゴールはまだまだ、長いアップダウンが続いたのでまつお君うんざり...「がんばれ~。」と言ったら「うるせ~んだよ!!」だって!!反抗期始まったか!?

とここでいきなりの鎖場...知っていたんだけど
IMG_5056

結構凄いわ^^;下が見えないわ~でもそんなに長くないからゆっくり下りれば大丈夫!!
IMG_5058

降りて上を見上げる...
頑張った~!!まつお君は鎖場が結構好きかも。
IMG_5062

そしてもうひと登りしたら
足尾山到着!!13:32
IMG_5063
地蔵院、大川戸方面へ後はほぼ下るだけ

途中には沢があり変化に富んでいて楽しい~!!
IMG_5066

沢の横には大きな岩
IMG_5070

振り返ると...
IMG_5071
木がたおれていたわ~!!
さらに沢を下り
IMG_5074
清滝への分岐、今日は滝へ行かずに大川戸方面へ
IMG_5075

分岐はあと2つ手前の何も書いてない所へ進みます。
IMG_5082
すぐ先に2番
IMG_5083
おっ!?木道らしきもの
IMG_5086
こちらを渡ると今度は何か建物が~あれはなに?
IMG_5088

IMG_5093
ピザの食べられるカフェがあったよ~\(^0^)/

でも今日はお金ないからまた今度~!!

到着~!!13:59
IMG_5095

しっかしゴミ一つないきれいな山道だったわ~!!
そしてこんなところによさげなカフェが!!

また来たくなっちゃいそう...まつお君はどうだったかしら?

ま、嫌だと言ったらピザをエサにして連れてきちゃいましょう~。
と心の中でつぶやくと言うお話なのでした...って無理やりな終わり方....

さよなら~里の愛が沢山詰まった雨巻山プラス3つの山、また来るよ~
IMG_5096




人気ブログランキングへ

2013年も早朝初日の出ハイクから

IMG_4634
あけましておめでとうございます。
今年も新年早々ハイクから始まりです。

筑波山初日の出ハイク...登り始めまつお君の体調が悪く(吐き気の後二度吐く...多分寝不足のせい?)登るのを断念しかけたのですが、吐いた後体調も戻り無事に山頂にたどり着くことができました。

わ~すごいがんばったね~どうしたんだろう?と思っていたら...なんと...3DSですれ違い通信したかったそうで^^;
(筑波山は人が多いので)親としてはなんだかちょっとがっかりなような~複雑な感じ。でも、何か目的があれば頑張れちゃう人なのかも...ということにしておきましょう。

なので...まつお君は初日の出もそこそこに、男体山登り口にある茶屋で待ってるね~(^^)/
と言い残し茶屋まで一人で降りて行ってしまったのでした。私は一人さびしくその後も男体山でイマイチぱっとしないというか納得いかない初日の出を撮り続けるのでした。

初日の出も一段落して茶屋に戻るといましたよ~相変わらず3DSにかじりついてます...さすがに何も頼まず出て行くのはまずいので好物の甘酒を頼み、温まった所で外へ出て朝ご飯作り開始...でも後で気づいたのですが外のテーブルがある場所は茶屋の所有スペースなのです。食べ終わった頃にテーブル横についているクリップにメニューをはさみにきました。茶屋のおばさん、おじさんごめんなさい。

今まで知らなかったのですがこの茶屋の眺めはホント最高~御幸ヶ原コース登ってきたら一番最初にある小さな茶屋お勧めです。...と罪滅ぼししてみる。でも本当にいい場所だと思います。

で、その最高の場所での朝ご飯去年お汁粉作って失敗だったので今回は雑煮...の様なもの。レシピなんか見ないで今回は想像で大体うちの味に近い感じで...なんか違ってたけど...作ってみました。

画像1

本物の母の雑煮はこんな感じです。
IMG_4670
母の実家鹿児島では丸餅にエビが定番だそうです。
これは丸餅じゃないけど。

私のはとりあえず餅が入っていればいいかという雑煮もどき...新年早々適当星人です。
今年の元旦はとにかく穏やかで風を気にすることなくかなりのんびり、まったりと食事をすることができました。

お腹もいっぱいになったので年末に神社で出会ったおじさんに教えていただいたあの杉の場所へLet' go!!
しかしあのおじさんの話だけではイマイチわからなかったのでもう一度茶屋のおばさんに場所を確認行ってみると...。
IMG_4638
御幸ヶ原の南側ど真ん中にわかりやすい看板...私の目ってかなり節穴^^;

きれいに整備された小道を下って行くと...
IMG_4644
ド~ン!
ってこれじゃイマイチ大きさわかりずらいですよね...今回うちの専属モデルはお土産売り場にいて撮影拒否なので仕方なく木だけ撮影。わかりずらいので左下の看板をアップ~。
IMG_4645
素敵な木でしょ?あのおじさんが言っていた通り松みたいに恰好よく曲がってます。
IMG_4654
もうひとつ
IMG_4656
もうこれだけで来て良かった~って感じです。
筑波山へ来たら必ずここへ来よう!!
余り待たせると怒られるので2~3分でササ~っ撮り戻ることに。

IMG_4661
IMG_4662
しっかし私の歯ブラシみたいな霜柱だわ~例え悪いけど...。

まつお君を迎えに行くとケーブルカーを待つ物凄い人、人、人!!
でも女体山方面は人影少なくスイスイ~。
途中ガマ石で運だめし。今年こそは宝くじ当たりますように...って買ってないのに当たるわけないわ...と自分に突っ込みをいれてみる。せめてこれ以上散財しませんように~!!
IMG_4664


あっという間に大仏岩。晴れていて気持ちい~!!大仏さまも今日は特に恰好いいね!!
IMG_4665
そして弁慶七戻り、の反対側。ここにも大木があったのね。
IMG_4667

あっという間に戻って来てしまった。
IMG_4669

ンッ!?また消えた...新年早々滑り台か...今年小学校最後の年のまつお君。
まだまだオコチャマ感たっぷり...今年も山について来てね...。

とひたすら祈るまつお母の元旦のハイクのお話なのでした。



人気ブログランキングへ

突風の筑波山ハイク・・・でもあれを作ってランチにするのだ


最近の私の秘かな楽しみ...それは平日に休みが出来るとまつお君を学校へ送り出し、下校の時間に間に合うように最短コースのつつじヶ丘から女体山まで行き途中の休憩用のテーブルでランチを作る。になりつつあります。

近くの山でもいいのですが筑波山ていろんなタイプの人達が訪れるのでそんな人達とお話したり、観察するのが楽しかったりしてちょっとはまってます。観察するって言うとちょっと聞こえが悪いかもしませんが普段子どもたちとその保護者のみなさんそして仕事仲間としか殆ど会わない私にとっていろんな人に出会うのはなんか楽しかったり面白かったりするのです。
で、どんな人達に出会うかと言うとある時は、遠足の園児達...私がシングルストーブを組み立ててランチの準備をしていたら「何してるの~なにしてるの~」と私の周りを取り囲んだり、そんな私に「子ども達に変わったものをみせていただいてありがとうございました。」と感謝してくれる園児たちの先生だったり、ライター点かなくて困っていて友達が点かないな~とつぶやいたら(聞こえるように)「ライター使いますか?」と声をかけてくれた親切な若者だったり、この間なんか女体山の山頂で「行きつけの茶屋で茶出してくれるから一緒にどう?」なんて声をかけてくるうちの父より少し若目のおじさんとかいたりして...風が強かったので親切に言ってくださったのかと、でも茶屋だとガスが使えないのとひだまりでのんびりランチしたかったのでお断りしましたが。

でもいつもまつお君の下校時刻に合わせて帰らなくてはいけないので時間がない...それなら冬休みにいつもと違うコースを二人で歩けばいいのでは?でも、でも最近一緒に山に行きたがらないんだよな~どうしよっかな~。冬休み前にそんなことばかり考えていましたがなんとか無理やり説得して元旦の分ともう一回計二回一緒に山へ行く約束をしてくれました。やったね!!

今回はあるひとに教えてもらった迎場コースから神社へ、そしてそこからケーブルカー横の御幸ヶ原コースそして女体山からつつじヶ丘へ降りることに。
地図だと緑の線が最初のコースになってます。
IMG_4542
神社までは途中白雲橋コースに少しだけ変わりますね。

迎場9:50スタートです。
スタート開始直後に大変なことに気づいちゃいました...まつお君なんとフリースしか上着ないんだってさ~。
おいおい、平野だってこんなに寒いのにダウン持ってこないなんてこんなに風が強いのに...としばしお説教タイムに突入しましたがまぁ、声をかけなかった私も悪いし体も冷えるのでとりあえずレインウェアを着せ再出発。昼休憩は私のダウンを着せるか~持ってきてよかったよ~。心の中でつぶやきます。余りコテンパにやっつけると元旦登ってやらないとか言われるのでここは我慢です。
IMG_4463
しばらく歩くとこんな道が
IMG_4464
針葉樹の静かな森を進んで行きます。

これよ~く見て東屋の上に木と蔦の様な物が生えてます。
IMG_4465

そして沢もあったりしてなかなか面白い。
IMG_4467

面白い形の杉もあったりして...でも何故か枯れてる木が多くて枯れ枝の落下に注意の看板が多くて風も強いので怖かったりして、少しだけ上を気にしながら歩きました。
IMG_4469

のんびり下って10:19神社付近の白雲橋の入り口に到着。
IMG_4470
こんな場所あったのね~知らなかったわ~。
場所はここですね。
IMG_4471

反対側からもパチリ!
IMG_4472
「なんか鬱蒼としたところから来たんだね~」
まつお君が一言。
確かに暗い...しかしまつお母が驚いたのは君が鬱蒼なんて言葉をしっていたこと。5年生になるといろんな言葉を知ってる物なんだね~感心感心...としばし親ばか。

神社へはこちらから行きますよ~。
IMG_4473
右側にある階段から行くとぐるっと回る必要がありません。

神社には山茶花が...
IMG_4476

余りうまく撮れないけどこの色が寒さを少しだけ和らげてくれる様な気がして好きなんです。
IMG_4477

ガッラガラ~の神社
IMG_4478
とここで一人のおじさんに挨拶をしこれから上に上がる話をすると
「上に上がると去年だか今年だか新しく整備された所があってそこさ行くと大きな木が、松に見えっけど杉なんだよ。それがあるからみにいくといいよ。どの茶屋かわかんねえんだけど湧水を茶屋で使ってる所からいくんだよな、上行ったらきいてみて。」
と教えて下さいました。

今一場所は不明でしたが^^;まっ行ったらなんとかなるでしょう。一つ発見、楽しみができました。

10:40ケーブルカーわきの登山道御幸ヶ原コーススタートです。昼頃に着くかな。
IMG_4479

筑波山で一番長くてきついコースかな?と思います。危険な個所はありません。
こんな感じの道から始まります。
IMG_4481

30分くらい歩くとこんな感じに変わります。
IMG_4484

ここまで来るとだいたい中間地点。
IMG_4487

ここを過ぎると大木が沢山でてきます。
IMG_4492
木だけだと分からないのでまつお君にお願いしたら文句タラタラ~中々難しいお年頃になってきたわね...。
もう一本撮らせてと言ったら逃げました...。
IMG_4493
ブレブレ~



実は帰って来てからのニュースで知ったのですが最近四国の神社の御神木に薬剤などを挿入し枯らしてしまう事件が起きているようです。犯人はまだはっきりしていないのですが樹齢何百年の木は高値で取引されるようでそういった木を売買したいがための犯行ではないかと捜査がされているようです。
自分たちの欲望のために何百年も生きてきた木をこれから先何百年も生きる予定だった木を殺すなんて心が痛みます。そんなことをする人間は罰が当たればいいんだ!!とすら思います。
IMG_4494
この美しい森がそんな被害に遭いませんように...。

と私だってたまには真面目なことを言いたくなるのです。


気を取り直して...
この先しばらくこんな石の階段と
IMG_4495
木の階段が続き
IMG_4497
ここでまつお君に「高尾山みたいにダッシュしてみてよ!」とお願いしたら「嫌だよ」と何故か冷たく断られあとはひたすら御幸ヶ原を目指すのでありました。

12:10御幸ヶ原到着!!
IMG_4499
ほぼコースタイムと同じくらいでしょうか。

さあ、楽しいランチタイムです。
初め私たちは御幸ヶ原のベンチで関東平野を眺めながらランチしようと思っていたのですが...いやぁ、あの突風にはホントまいりました。余りの強さにもってきたプラスチックの皿が飛ばされたり風除けの隙間から風が入り込み火が何度か消されたのでもう少し木か笹の茂っていて風がよけられる所に移動しようということに。

そしてこれね、作ってあげたかったの、まつお君に
IMG_4500

うちの流しにしまいこんであった何かのおまけでもらった偽バウルー!本物のバウルーより一回り程小さいので今までランチパックサイズのパンしか挟めず、使えん!!と放置してあったのですが高尾山の件でおせわになった矢車草さんみたいにおいしいホットサンドをつくりたいな~と。

合うパンがないのなら自分で焼いてしまえとクルミとゴマ入りの全粒粉パンを作りました。

さあ!焼けてきましたよ~香ばしい!
IMG_4502
昨日の残りのスモークサーモンとアボカドソースにガーリック入りのクリームチーズを挟んだもの。
これはまつお君のうけイマイチ...
そんなこともあろうかと...

チョリソーとチーズを挟んだもの
IMG_4508
実は少し焦がした^^;
でも気に入ったみたい。

スープを添えて召し上がれ!
IMG_4506
全粒粉のパンは基本固めのパンなので偽バウルーで焼くとパリパリ通り越してバリバリ!!せんべいのようです。でもこれがおいしい!!

さておなかも満たされたし体もかなり冷え冷えなのでつつじヶ丘へ降りますよ。IMG_4515
自撮りしてみました...
さすがにドアップで見せられるような素顔ではないので遠慮がちに...
まつお君は私のダウンなのでピンクの来てます。ピンクの恥ずかしくないのか聞いたら寒さには勝てないそうでそりゃそうだ。元旦は気をつけねば。


女体山山頂には挨拶せず途中の風景は割愛。

でもね、これ見て頂戴
IMG_4519
屏風岩って言うんですが右の建物には神様が祀られています。
しかしよく神様に怒られなかったなぁ…上のジェットコースターみたいのはロープウェイの鉄柱。

う~さぶ!!昼過ぎなのに霜柱のこってるよ...
IMG_4520

体もあったまった頃に弁慶七戻り
IMG_4521
ふふふ、隠し撮り...
だってお願いするとヤダッテ言うから~

弁慶茶屋跡からは男体山が見えますよ。
IMG_4523
13:52弁慶茶屋跡
IMG_4524

こちら左を進みます。
IMG_4525
あと1キロ

しかし筑波山の木よ~く見ると凄い曲がり方...これってこの強風のせいなのかしら?
IMG_4532


ここまで来るとあーもう終わりか~って気分に毎回なってしまう。
IMG_4536

IMG_4537

14:25到着んっ?まつおがいないぞ?
IMG_4538
すっ滑り台かい!!

で、今日のハイクはどうなのよ~?

たのしかったよ~充実感があってね~

?達成感の事かい?

あ~それそれ~また来たいな~元旦の日の出も楽しみだな~やる気が湧いてきた!!


だって(*^^*)やったね!!

今年は山へ行きたくない病を発病しかけたまつお君だったけど最後の最後でいいハイクができたね。
来年また心はころころ変わるかもしれないけどそれでもまだまだ山に強制訓練に連れていくぞ...と心に誓った今年最後のハイクのお話なのでした。

そういえば神社で出会ったおじさんの教えてくださった杉見るの忘れてた…たはは^^;
人気ブログランキングへ

山で使う物

山の道具ってなんであんなに高いんでしょう!

息子の分と二人分揃えなくてはいけない私には本当に辛い...。

ウェア...シューズ...私はそんなに頻繁に変えなくていいけれど、息子は成長期。

山へ行くようになってから靴は既に三足め

ザックもUNIQLOのとか適当に使ってましたが、荷物も自分で運べるようになって来たので、そろそろ新しいのを買ってあげなくては...。

この間歩いてる間にパカ~っと開いていてびっくりした〜

荷物詰めすぎるとパカ~っと開くザックなんて危険だわ...。

ん〜。どうしましょうね...。

他の物安くするしかないですね〜。

そんな時100均を良く使います。

最近みつけたアウトドアで使えそうな
物。

その1
2012-08-31 12:40:14 写真1
BBQにも使えそうな深皿とまな板代わりになる小皿。なんてカラフルなんでしょう‼プラスチックとメラミンでできてます。

その2
2012-08-31 12:42:28 写真1
食材を入れられるプラスチックのパックとそれを入れられる保冷バッグ...余り効果は無いかもしれないけど、荷物の整理し易いのと、液体などが漏れるの防ぐために。

その3
2012-08-31 12:47:13 写真1
折りたたみできる水筒。でも400しか入らないので、どうだろう?使ってからのお楽しみ。

いろんな物が売ってるのね〜。

で、余ったお金で...言い訳...新しいクッカーを2012-08-31 12:51:52 写真1
中にはケトル。
2012-08-31 12:52:56 写真1

あっ

これじゃ、ザックが買えない...。

無駄にならないように山飯なるべく作らなくちゃ

ベランダが凄い事に

今日は蝉の声も余り聞こえず、コオロギの声が良く響いてます。

まだまだあついですが、秋の気配です。

蚊に刺されるので余りベランダには出ませんが久しぶりに出てみると...
2012-08-29 11:00:55 写真1
2012-08-29 11:01:42 写真1

ノウゼンカズラが伸び放題...

ベランダを傷めるので一月前に短くしたのに、今日見たら花まで咲いていた...

恐るべし‼

小さなゴーヤ
2012-08-29 11:06:15 写真1
綺麗だけどこうなっちゃうと柔らかすぎておいしくない。中には種が赤い実で覆われていて食べると甘い‼
子供の頃母の田舎鹿児島で教えてもらった懐かしい味。

グリーンのカーテンも暑さに負け気味だけど少しずつ大好きな秋がやってきているようです。

こんな場所が...

2012-08-28 11:42:57 写真1


この間御前山温泉四季彩館へ行く前にふら〜っと県境の方まで探検してみました。

四季彩館は4時から割引料金になるのでそれ迄お散歩です。

上の写真は四季彩館近くの山王山自然公園の中にあった展望塔。

登ったら良い眺め〜
2012-08-28 11:49:54 写真1

2012-08-28 11:50:41 写真1

登ってみて気がついたけど、結構スリリング
風も強かったし...。

こんな雲がありました。2012-08-28 11:54:51 写真1

暑かったけど、山は少しずつ秋に向かって変化しているようです。

2012-08-28 11:58:02 写真1
QRコード
QRコード
最新コメント
記事検索
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。