4時に目覚ましをかけておいたはずなのに目覚めたのは4時半を回っていました。

いつもだったら迷惑に感じる団体様の気づかいの無いガサガサ、大きな話し声に今回ばかりは感謝^^;

でも夜明け前の神秘的な瞬間には間に合いませんでした... 
DSC_7380
それでも無風の水面はまるで鏡のよう...

冷たいままの雪渓も日の光に少しずつ温められてきたのか白い空気がフワッと駒の大池の横を舞っています。
DSC_7382

この日は少々ブヨ軍団が多めに飛んでいたので朝っぱらから追いかけまわされていたのですがそれでもこんな朝の時間が大好きですぐに小屋へ退散!!なんて事にはならずにしばらく池の周りを散策しました。
DSC_7385

夏はすっかり霞がかかってしまって日光方面のお山もどれがどれなのかさっぱりわからないけれどこういう柔らかな山並みも私は大好きです。
DSC_7388

昔から太陽を見ているとなんだか元気になるたちでしたがお山の上の朝日は本当に格別です!!
DSC_7389
こんな素敵な朝に巡り会うたびに、やっぱり山は止められないのよね~なんて思います。

そんな事を思っているうちに今度はどんどん日が高くなってきて植物達を輝かせ始めます...。
DSC_7391
なんて事の無いクマザサも朝日に照らされるとキラキラ...美しいなぁ...

空の色もどんどんと変化していきます。
DSC_7394

まるでぽかんと浮かぶ小さな島の様な株にスッと伸びるイワイチョウちゃん...
DSC_7409
花言葉は純潔、多才な人...だそうな...今回はこちらのお花ちゃんも沢山咲いていました。

だんだん眩しくなってきました...
DSC_7411
 
ハクサンコザクラちゃん達も楽しそうにキラキラと...
DSC_7414
お話し中...(*^^*)
DSC_7425
雫がまるで宝石のように輝き始めていました。
DSC_7429
今日も良いお天気になって良かったね...
DSC_7432

こちらはコイワカガミちゃんかしらね?
DSC_7440

同じお花ちゃんでも違った感じに見えてしまう朝露マジック!!
DSC_7441

まだまだこれからのワタスゲちゃん達...
DSC_7446
あれから少し時間が経ったのでもしかしたら今頃フワフワ、ポワポワになったかしらね?
DSC_7451

青空の似合う駒の小屋...
DSC_7453
年何回かはこちらへ来るのがすっかり定番になりましたが...大好きな小屋へ何度も行くとかこちらへ来るまでは全く想像していなかった私達の山行...大きく変わったなあ...もうすっかり心の故郷ね^^
 
さて、さて、いくら待ってもまつお君が起きて来ないので少しだけ前の日の残り物を食べたら中門岳迄久しぶりに行ってきちゃいましょうっと!!
DSC_7457
山頂へと向かう木道沿いには沢山のハクサンコザクラちゃんが出迎えてくれました。
DSC_7463

お花ちゃんがあちらこちらに...
DSC_7465

歩いていると心うきうき...
DSC_7467

ゆっくり歩いて駒の小屋を振り返ると...
DSC_7471
薄っすらと浮かぶ燧さんにもおはようございます!!

山頂は通らず下の道をまいて進みます。
DSC_7478
次の日はもう8月と言うのに、まだ雪渓が残っています。

雪渓の向こうにあるのはどちらのお山かしらね?
DSC_7487
雪渓が全部溶ける頃にはまたすぐに秋がやってくるのだろうなぁ...夏山期間て本当に短い...だから今を存分に楽しみたいな...。

あらあら、こんな所に春のお花ちゃんが...ショウジョウバカマちゃんおはよう(*^^*)
DSC_7492

そして...わおッ!!
DSC_7497
もう説明いらず...
DSC_7505

こちらはミヤマキンポウゲちゃんかしらね?
DSC_7517
このお花ちゃんを見ると子供の頃国語の教科書に載っていた熊さんのお話を思い出します...題名なんだったかしら?その熊さんの住んでいる辺りにはキンポウゲのお花が沢山咲いていて、挿絵もキンポウゲの黄色い花が沢山描いてあって...わぁ!!ここに行って沢山のキンポウゲに囲まれたいなぁ...なんて授業と全く関係ない事思っていたな...あのお話は熊さんが主人公なわけだけど...なる程...熊さんが出てもおかしくないお山に咲くものなのだね...作者の方も挿絵を描いた方もきっとそんな素敵な花が沢山咲くお山を知っていたのかも知れません...なんて想像するのがなんか楽しかったりする(*'-'*)

と言うわけでひたすら想像の世界に浸れる国語の教科書が私は結構好きでした...。

ちょっとボケてしまいましたがマイヅルソウちゃんおはよう(*^^*)
DSC_7520

軽くアップダウンを繰り返して少しずつ白いポワポワちゃん達が見えてきましたよ!!
DSC_7522

あぁ...また会えるなんて幸せだ~
DSC_7523

あらこんな方達も^^
DSC_7524
チングルマの果穂...
DSC_7529

そして高く背伸びしたワタスゲちゃんと青空が水面に映える!!
DSC_7532

わ~...
DSC_7535
美しい~!!
DSC_7537
たまら~ん!!

来てよかった~!!
DSC_7542
晴れてくれてありがとう(*゚▽゚*)
DSC_7543

そして中門岳に到着!!
DSC_7546
もう少し楽しめそうな果穂の開きかけたワタスゲちゃん^^
DSC_7547

先客様がいらっしゃいましたが私がきたらすぐに帰って行きました...もったいない...でも嬉しい!!
DSC_7549
だってこの風景を一人占め...

まつお君お腹空いたかな...なんて思いつつしばらくのんびりしてしまいました。
DSC_7551

もう..ワタスゲちゃん、LOVE!!
DSC_7552
中門のこの静けさ...LOVE!!
DSC_7561
しばらく一人占めしていたら小屋泊したご夫婦がやってきて少しだけお話しました...20年くらい前にここまで日帰りで来たそうな!!

私も20年後にここまで来られるかな...来られるように努力しなくては...そして山登りが楽しめる平和な世の中でありますように...。 

自然も守られていますように...
DSC_7569
一人で歩くといろんな事を考えます...。

行きの道ではまだ咲いていなかったモミジカラマツちゃん...駒の姉さんに名前を教えていただきました。
DSC_7573

何時も見るカラマツソウより少し大きな花を付けます。
DSC_7575
真ん中に向かってグラデーションがかかっていて可愛らしいです。

時々ピンクのラインが湿原に浮かびます。
DSC_7578

長く伸びた木道がニョロニョロのヘビの様...
DSC_7580

また会えた!!
DSC_7581

燧さんにも!!
DSC_7584

とパチリとしていたら...
DSC_7586
右下の方にピョコンッ!!

思わずあ~ッって叫んだので逃げるかと思ったらなんだかこちらへ走ってきて...
DSC_7587

ども、ども...
DSC_7588
私と目があったら俊足で...
DSC_7589
飛んで行ってしまいました!!
DSC_7591
そんなにレア動物じゃないのかもしれないけれど熊さん以外の野生動物との遭遇って楽しいわ(*^^*)

しかし野生のうさちゃんは筋肉質だね~ムキムキしている!!

うさちゃんが去った後に一輪だけの美人さん^^
DSC_7594

枯れた木に宿った生命...
DSC_7595

モフモフ~
DSC_7596

燧さんの手前には前日に歩いたあの道が...
DSC_7597
いつか歩きたいと思っていたから嬉しい...

小屋に戻ってきたのは9時近くになっていました。まつお君がやっと起きたみたいなので水筒に入れてあったコーヒーを注いであげました。
DSC_7602
あっこさ~ん!!頂いたお宝、鉛筆立てにならずに大事に使っていますよ~!!もう素敵過ぎて私も欲しくなってしまいました...いつかゲットしたい逸品...ありがとうございます!!
DSC_7604

そして乾燥野菜ヌードルの朝ごはんを食べたらもうすぐ下山しないとね...。
DSC_7605
とパッキングしていざ出発~ってな時に何時も話が盛り上がっちゃって背負ったままでしばらくお話~^^;
姉さん本当に卓球しましょうね~(´∀`*)

はい、お別れのパチリ~あら~美男美女でないの~!!
DSC_7606
また帰ってくるので待っていてくださいね(*^^*)

帰りは滝沢口へ向け出発~
DSC_7609

しかし帰りもお花ちゃんの誘惑が~
DSC_7613
あ~カワユイ~
DSC_7617
なんてなかなか進まず...

でも振り返ったらもうこんな所...
DSC_7621
また来るね...
DSC_7627
あ~もうこんな遠くに...
DSC_7631

ユキザサちゃんこんにちは^^
DSC_7632
アカモノちゃんまた来年...
DSC_7634

こんな風にパチリしているとまつお君に置いて行かれるわけで...
DSC_7638
ゼーハー^^;

毎年会ってるこの子たちも少しずつ成長中(*'-'*)
DSC_7639
こちらを過ぎたらもうすぐ水場...

水場でまつお君に水を汲みに行ってもらっていたら小屋番の三橋さんが降りてきた!!

あ~登山口で会ったら下の駐車場まで乗せて行ってもらおうって思っていたのに、残念!!

なんて言ってみたら...

今日はそんなに急いでないからいいですよ、一緒に下りてもいいですよ...じゃあ、ガイドしながら!!

だってさ~!!ラッキー!!これで登山口からの30分を省略決定~!!

こちらは水場にあるアオダモと言う木...野球のバットに使うそうです...三橋さんのガイド付きでぐんぐん下っていきます。
DSC_7643
こちらはヒラタケだそうな...
DSC_7644
こちらの年号は一番古いそうです...何故こういった傷があるかと改めて質問...もともとはマタギ(会津の猟師)の通信手段でGPS等の無い時代にどこを通ったか等を示すものだったのですがそれを見た関係の無い人間も面白がって真似をして傷を付けたそうで...こういう事を知っていると痛々しく見えるこの傷も昔の人はどんな暮らしをしていたのかなぁと言う想像につながって面白い...真似して傷つけるとかは勿論残念な話なのだけれど(T_T)
DSC_7645
と、こんな感じにそのほかミソサザイの生態についてなども聞きながら...ミソサザイの雄...あちこちに家を作って奥さんもあちこちに...と言うびっくりな習性わかり易く興味深くご説明ありがとうございました...まつお君の記憶にもしっかりと刻みつけられた事でしょう...なはは^^;

鳥さんて不思議な生物なのね...生物ってそれぞれ生き方に合わせて進化してきてるのね...そんな事を考えさせられるお話でもありました!!

あ~!!子供の頃にこの面白い説明があったら私の進むべき道も違っていたかな~!!生物って言うのは知れば知るほど面白いねぇ...。

そしてあっという間に登山口に到着...下の駐車場までしっかりと送っていただき...なんてラッキーな!!どうもありがとうございました~!!

帰りに少しだけかわばたのおばちゃんの所へ立ち寄り帰路へと...アイスコーヒーとお茶菓子ごちそうさまでした!!まつお君がつがつとカステラ食べてしまってすみません(; ̄Д ̄)

また遊びに行きますね~(*^^*)

あッそうそう、駒の姉さん!!帰りにあした天気さんへ寄って例のあのスペシャル食べていこうと思ったら定休日だったので次回は必ず寄って行こうと思います...平日なのをすっかり忘れていました^^;

行きの道は少しきつかったキリンテからの上山でしたが好天に恵まれ素晴らしい、そしてまた新しい景色に出会えたそんな親子山旅でのお話なのでした。

秋にも行きたいなぁ....。゚+.(・∀・)゚+.゚






人気ブログランキング 登山・キャンプへ