キャンプ編からの続きです。

7時過ぎ迄のんびりしてしまったので急いでテントを撤収…途中まつお君がショートカットした小さい沢にシュラフやらマットやら落としてしまい更に時間がかかり…結局おのこ駐車場から歩き始めたのは8:33となってしまいました;^_^A

それにしてもあのキャンプ場は無料だと言うのにトイレの紙はきちんとあるし、トイレもまあまあ綺麗に掃除されていて…騒音が無ければパーフェクトです!!

水も冷たくて美味しいときた。

地元の皆様ありがとうございます(^O^)/

なんと2週間滞在している悠々自適なおじ様もいらっしゃったので普段は静かなのでしょう…きっとね!!

では、登山編と行きます♪
おのこ駐車場出発!8:33
DSC_5962

赤城神社を通り過ぎて
DSC_5979

15分程まだ少し黄葉の残っていたアスファルトの道を進むと…
DSC_5982

右手に登山口が現れます。
DSC_5989


いきなりの急登が待ち構えています。
DSC_5994
距離は1.1kmと短いのですが急登のせいか長く感じました^^;

紅葉はほぼ終了…
DSC_5999
ひたすら笹と枯れ木に囲まれながら進みます。

それでも時々、
DSC_6002
こんな感じに残りの秋を感じられると…
DSC_6008
来て良かったな、なんて思います(*^^*)

いつでも初めての山は不安。もちろんワクワク感もあるけれど、登山口迄道迷わずに行けるかな?どこにあるかわかるかな?

登る以前にそんな事が不安だったりして…。でも登り始めたらそんな事は一気に飛んで行ってしまう…ただひたすらゴールを目指すのみ!!
DSC_6016
岩と木の根につまづかないようにゆっくり確実に…
DSC_6024
しばらくすると大沼も見えてきます。きっと紅葉の頃はもっとステキな風景が広がっているのでしょうね…この冬枯れ始めた風景も結構好きですが(*^^*)

こちらを登り切ると傾斜も少し緩くなり始めます。
DSC_6030

しばらく稜線歩きをしますが…
DSC_6057

あの先にはピークが見えるので…
DSC_6068
もう一登り!!

登りきり黒檜へ向かう稜線へ100mを歩き始めると…
DSC_6081
もふもふサンが登場!!
後ろから来た方がワンちゃん好きのようで猛烈に撫で撫でして話しかけていたので私達もドサクサに紛れて、もふもふさんにタッ〜チ!!すごく清潔にされているようでワンちゃん臭さが全くなく…優しくフレンドリーだからこうやってお山へも一緒にお出かけ出来るのですね^_^

そして水色のミニザックにはなんと…
DSC_6073
山バッジが!

思わず写真撮影OKですか?
ブログに載せてもいいですか?
と確認してしまいました♪(´ε` )

もうちょっとちゃんと撮りたかったけれど後ろもつまっていたのでボケてしまいました^^;

でもよーく見ると富士山登頂…なんてのもある!まつお君…僕もまだ行って無いのに、ガーン…だって…。

まっ、そのうち一人で行っといでp(^_^)q

はい、黒檜山到着10:07
DSC_6091

山頂からの眺めはこんな感じです。
DSC_6109

山頂はあっと言う間に人、人、人!!
大人数に圧倒されてこの先に眺めの良い場所があるらしいのですが見逃しorz

人気の山なのですね^^;

15分程したら出発♪
DSC_6116


稜線を歩き始めると…
DSC_6120
小沼がみえました。

そして…
DSC_6131
黒檜大神と…
DSC_6137
地蔵岳。

次に目指す駒ヶ岳はあちら…
DSC_6151
わかりにく〜;^_^A
左の奥かしらね?間違えていたらごめんなさいね〜ε-(´∀`; )

天気はイマイチだけれど気持ちの良い稜線歩き…LOVE!!
DSC_6156


るんるん♪
DSC_6165
秋はもう終わりなのね。
DSC_6192


駒ヶ岳山頂11:15
DSC_6195

ランチには少し早いけどご飯の準備しちゃいましょ〜♪…邪魔になるから嫌だと言ったのに結局まつお君が全く動かず標識の隣でご飯の用意^^;写真撮影邪魔した皆さんごめんなさい…。

今回は新兵器山専ボトルを使って…新モデルが発売され、旧モデルが4400円になっていたものをゲットしました。5000円切ったら絶対買うと決めていたので活用しなくては!!
DSC_6213
山専ボトルは保温力抜群なので今回はガスを持たずにコンビニで仕入れたスープと豚汁…何故か豚汁をチョイスしたまつお君?!

それと得意の鶏ハムに前日ポケットファームで昼食用に頂いたパン2種。フレンチトーストとナッツとクランベリーらしきベリーの練り込んであるパンにクリームチーズが挟んであるもの。私的にはこちらのパンがとっても気に入りました。
DSC_6204


食べていると眺めは良いけれど山頂標識の隣で居心地悪く…食べ終わったらすぐに周りの景色を偵察に。
DSC_6228
こちら奥白根かしら?
右のトンガリはもしかして皇海山?
反対側には富士山も見えるのですが…
DSC_6243

心のきれいな人にしか見えないようになっています...おい、おい...^^;

一時間ものんびりしてしまい降り始めたのは12時過ぎになりました。
しばらく稜線が続きます。
DSC_6264

DSC_6320

少しだけの黄葉...だいぶ色あせてしまっていたけれど...
DSC_6282

遠かった小沼もかなり近くに見えるようになっていました。
DSC_6361

ほぼ冬枯れているのでなんとか残りの紅葉を探しつつ...
DSC_6311

晩秋を楽しみつつ...
DSC_6334


DSC_6350


DSC_6364


階段まで来てしまったら...
DSC_6380
ただひたすら下るだけ...。
まつお君に置いて行かれそうになりながらひたすら残りの秋を探しつつ...
DSC_6385

猛ダッシュで駆け降りる...
DSC_6398
膝にくる~!!

12:46駒ヶ岳登山口に到着!!
DSC_6400
駐車場はすぐそこです。
DSC_6406
お疲れ様でした~!!

予想以上に早く降りてくる事が出来たので行くか迷っていた山腹の赤城温泉へ移動することに。
DSC_6412
なかなか風情があると言うか趣のあると言うか...鄙びた感が...こんな書き方してすみません^^;

でもそれがステキなのね...。
なんか懐かしさを感じてしまうのです。

私達が入浴した場所はこちらの写真の赤城温泉ホテルではなく更に右奥に進んで行った所にある温泉施設...
DSC_6417

こちらでもなく...
DSC_6428

左の階段を下りて行くと見える赤い屋根のある場所。
DSC_6448

あかぎ温泉湯之沢館
何故かリンクが上手く貼れなかったので参考までに私のごめんなさいな画像で...

DSC_6432

どなたもいらっしゃらなかったのでこっそり撮影させていただきました...。
湯の花が沢山の鉄の香りのする体の芯からポカポカするいい温泉でした(*^^*)

しかしこちらのお風呂御婦人用になっているのですがもう一つの川沿いの露天ぶろはなんと混浴だそうで...まつおごめん...知らなかったの...と言う訳でまつお君には混浴に入ってもらう事になってしまいました^^;

そういう事はお金払う前に言ってほしいな...しかし本人は全く気にしていなかったようですが...。

体も温まって長距離運転に入る前に少しだけこちらでもの残りの秋を感じつつ...
DSC_6469

DSC_6471

DSC_6494

DSC_6484


車からずっと気になっていた白い花の様なものの正体は...
DSC_6464

何かの種子でした。これから旅立って春にはまた新しい命が誕生するのですね...。

温泉の片隅にはこんな光景も...
DSC_6439

廃屋となってしまった宿の横から今も流れ出る温泉...。

なんだかこの鄙びた...寂れた感の虜になってしまった私...また来ようかな...赤城山の他の山にも登ってみたいな...そんな事を思う山と温泉のお話なのでした。

他の赤城温泉の温泉施設は混浴ではないのだろ~か(´・ω・`)

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ