で~んと氷柱!!

IMG_5527

さあ今日の山は筑波山のすぐ近くにある標高わずか461メートルの宝篋山。

駐車場に9時頃集合。今回は最近一緒に山歩きをしてくれるようになったH美さんと今日からの新メンバーRちゃんも一緒にまつお君、私の四人で出発です。

9:12出発!!雲ひとつないいい天気!!
IMG_5502
登山道入り口付近でニャンコが何見てんのよ~とでも言いたげに毛づくろい。
IMG_5505

田んぼはバッチリ凍ってます。でもすぐに...
IMG_5508

イイ大人引き連れたまつお軍団によって破壊...こらこら、勝手に田んぼに入っちゃいけませんよ...^^;
IMG_5509

しばし割ってしまった氷で遊んだ後再出発。

IMG_5512

IMG_5511

山頂をひとまず目指します。
IMG_5514

これを見ると夏はかなりボウボウな感じなんだろうなと思いながら森へ入るとすぐに...
IMG_5517

こんな小さな沢に出会います。

IMG_5523

こちらの山こんな可愛らしい沢が沢山あり一応~滝と付けられそれが見どころとなっています。だからまっしぐらに山頂を目指すのではなくて一つ一つ楽しみながら登って行きたい山でもあったりします。

そして、沢を覗くと...見てみて~氷柱だよ~!!
IMG_5527

IMG_5529

IMG_5533

澄んだ水...飲んじゃえ~って...それはどうなんだい?飲んじゃったけどね^^;
IMG_5546

そして、沢沿いを歩いているとなにやら棒を持ったおじさんがガサガサ....。

実はこちらの山かなりのボランティアの方に支えられているようで、こちらのおじ様も聞いてみたところこれから沢の掃除をするそうで、笹を刈ってほしいと女性の登山者から依頼があったようでそういった作業もしているそうです。笹ボウボウの低山なんて見慣れてる私にはそんなこと言う人もいるのか~と一瞬思いましたが考えてみたらそれって木々にとっても森にとってもとてもいいことなんですよね。こちらのおじ様もおっしゃってました。
笹や青木が沢山はえているとほかの木が成長しなくなってしまい森が駄目になってしまうそうです。

これは私の推測ですが、森が育たないということは山に根を張る木が無くなり根を張らないということは根が確保していた土や水が流れ出してしまい土砂災害につながったり、根が浄化してくれるはずの水も、確保してくれるはずの水も少なくなるのでは?なんて思ったりします。...これ、私の勝手な想像なので間違っていたらごめんなさいね。なのでもしもこの推測があっていれば森にとってもその里に住んでいる方々にとってもいい事なんじゃないかと思います。

おじ様この後コースの状態を説明して下さったり、どんな時に上からの眺望が最高なのかも教えて下さいました。どんなときかって?気になります?

まず、前日に風がビュンビュン吹いていて雲を吹き飛ばしてしまい、乾燥していて、そして何より早起きしてこないと~だって!!そうすると富士山もスカイツリーもみれるよ~とおっしゃってました。

あら~私達遅かったかしらね~?なんてことを言いながらおじ様にお別れをして歩き始めると
IMG_5562
おや?また滝?
IMG_5565
私のとなりでRちゃんがこれも滝なんか~!!突っ込みを入れたくなるほど小さな滝ではありますが夏に遊ぶにはイイ感じです。

氷柱もできてます。
でもこんなのまだまだもっといい滝?が氷柱があったのです。
IMG_5571

でもその前に見てみて~大蛇みたいに見事に巻きついてます!!
IMG_5574
整備する前はやはりかなり荒れた状態だったのでしょうね。

IMG_5578
ぼやけちゃってごめんなさい...
IMG_5579
IMG_5580

大きな岩が見えてくると、
IMG_5594

左手に
IMG_5598
IMG_5604
お~沢山流れてるよ~!!

んっ?よく見ると...大きな氷柱!!まつお君早速折ってボキボキしていました。破壊するの好きね~!!
IMG_5614

私のオンボロカメラじゃ限界なのですがこんなのもありました。
IMG_5618
もう一丁、こちらは水滴が丸く凍ったもの。粒々は全て凍ってます。
IMG_5609

しばし自然の中の氷の芸術を楽しんだ後は明るい道を登って行きます。
IMG_5627

道が少しだけ急になってくると大きな岩がごろごろしていて楽し~^^
IMG_5628

もう一息だよがんばって!!
IMG_5638

富士岩10:58着
IMG_5640

富士さんみたいに尖っているから富士岩?なのか?
IMG_5641

登りたがりがすぐに登りたがる~!!
IMG_5649

カッコイ~!!いっぱしの山男に見えて来たわよ~!!
IMG_5645

この登りが終わると平らな道になるよと沢で会ったおじ様がおっしゃってましたが平になってきました。
IMG_5655

山頂はもうすぐかな?
IMG_5656
青空ハイクは本当に気持ちイ~!!
IMG_5657

こちらはもみの木の大木
IMG_5660
私のカメラでは全部入らず...上は分割してこんな感じ
IMG_5662


なんつ~歩き方してるの!?
IMG_5665
任侠ドラマに出てくるおじさん達の歩き方だそうで...^^;
どうなのこれ?

バイオトイレだったかな?
IMG_5668


ど~んと電波塔が見えて来たら山頂はすぐそこ。
IMG_5669

でもその前に雪をふみふみザクザク
IMG_5671

そしてやっとこついたよ~!!11:22
IMG_5674
IMG_5676
宝篋印塔...歴史に詳しくないので説明できなくてすみません。でもと~っても価値のあるものらしいですよ^^


いつも登ってる筑波山、今日は浮気してごめんね~!!
IMG_5678

反対側には霞ヶ浦
IMG_5679

本当は富士山、八ヶ岳、日光の山々、榛名山なんかも見えたのだけどうっすら過ぎて私のカメラじゃ無理無理~!!

次回は早起きしてこなくては。


そして待ってました、お昼御飯~お腹すいた~!!

今回はちょっと変わったことしてみました。
お湯を沸かしてもやしとおくらを入れ、太いうどんを加えるのですがその時一緒にジャガイモのフライドポテト状のお菓子も加えて煮ます。
IMG_5680

肉は牛筋とシチュー用の固い肉を柔らかく煮込んだ物。

ぐつぐつ煮込んで...
IMG_5682

出来上がり~!!あっ味付け忘れてた。味付けはグリーンカレーラーメンの粉が余っていたので再利用。うどんにぴったり。いつもけちをつけるまつお君も今回はおいしかったってさ^^
IMG_5684

で、しめはRちゃんがいれてくれたコーヒーとカルピス味の焼きマシュマロ。
IMG_5688
おなかいっぱい~温まったので帰るぞ~

でもその前に雪合戦...

他の登山者に迷惑になるからやめなさい...君達...
IMG_5693

これで手洗って降りるよ~
IMG_5691
ってどうやって洗うんだい?


下山は右へ進みます。
IMG_5697

ぬかるんでいるので気を付けて!!なにやら私の前後できゃ~とかぎゃ~とか、んっ?にゃ~とか聞こえるぞ?
IMG_5698

でもまつお君はさすがだよ...泥スキーだってさ!わざと滑って降りて行きました。

よくやるよ~まったく!


途中下浅間

IMG_5705
IMG_5707

硯石(すずりいし)
IMG_5714

七曲
IMG_5717
ぐるぐる回って枯れ木の中に常緑樹がきらきらキレイ
IMG_5723

13:49要害展望所、おっ?あれは?
IMG_5734
ツリーハウスだってさ!

木にも梯子があるぞ~登っちゃえ~
IMG_5735

ちょっとスリリングなブランコも...
IMG_5744

展望所からの眺めは?
IMG_5739

左には牛久大仏
IMG_5741

正面にはスカイツリー
IMG_5740

多分榛名山?間違ってたらごめんなさい。
IMG_5742
それより薄くて見えませんね^^;

13:52あちら側へ降りますよ~

IMG_5743

あっという間にあちら側~
IMG_5747

登山口も近付くと...なんの神様でしょう。
IMG_5749

中世城の道と言うだけあって戦いの神様でしょうか?

そして首のないお地蔵様もいて少し怖いこの道を抜けたら
IMG_5753

不思議な物が^^;
IMG_5755


到着!14:10
IMG_5759
青い空がまだまだ広がってる~

一緒に登った二人も楽しんでくれたようでよかった!!

低い山だけど沢が沢山あって小さいけれど滝も沢山、冬は氷柱も楽しめて春は桜の木も沢山あったからさぞかしきれいなんだろな~。また来よう、キラキラしたこの山に。と思う山でのお話なのでした。






人気ブログランキングへ