ちょっと田舎で暮らしてみよう

将来の夢は超田舎でのんびり暮らすこと...だったのですがいろんな子どもたちと接するうちに、子どもたちの未来の為に自立へと向うお手伝いがしたいと思うようになりました。 まだまだ私の中の小さな夢、ずっと先の話にはなりそうですが...そして妄想の段階...。 大好きな山歩きや野菜づくり、食育を通してこの夢をいつかかなえるか、妄想で終わるのか!! 中途半端な田舎で仕事しながら何が出来るか模索中の私です。 とは言え、まだまだ模索の段階なので日々の出来事や山の出来事を中心に書いています。

2014年03月

随分時間が経ってしまいましたが...

ずっとブログの更新をしていませんでしたが実はその間も山へは行っていました...。
 
目的は雪の山で楽しく遊ぶ事と、慣れること...会津駒の残雪期に行きたいからね!!
_DSC2866
場所は日光霧降高原...こちらは3月中旬の画像...今では随分雪も溶けてしまったようですがこの頃はまだまだワカンで遊べる雪が残っていて粉雪が時折降ったりもしていました。
_DSC2860

この日はあの山の頂へ...が目標では無かったので遅めの7時少し前くらいに家を出て日光へ着いたのは10時少し前...ワカンを付けたらキスゲ平園地内を自由に歩き回りますよ~。
_DSC2861
まだまだワカンを付けるのにてこずるまつお君ですが自分でつけられないことには練習にならないので時間はかかってもやってもらいます。

取り付け終わったらさあ、いよいよ出発だ!!
_DSC2868
雪の中は眩しい~!!
_DSC2869
そして少しずつ春の気配...。
_DSC2873
駒の小屋の駒の小屋中毒患者...略して駒中さんのくみちょうさんから木製のワカンをいただいたのですがまずはアルミのワカンに慣れてから使いたいということでこの日はアルミワカンをはいてガシガシと歩きます。

雪は締まっているのでワカンはいらないかなと途中で外してみると...意外や意外...ズボズボ足が埋まってしまったりするのでまだまだワカンが使える日でした。

_DSC2875
歩きなれていないとこんな風に片足のワカンにもう片方の足をとられて転んだりしちゃうのね...^^;

積雪はどんな感じだったかと言うと...
_DSC2876
こんな感じに標識が埋まっていました。

ふと後ろを振り返ると...
_DSC2878
わあ~い!!あれは高原山方面かしらね?

そして進行方向は...
_DSC2879
ひっろびろ~!!

夏には入れない園地の中を真っ直ぐ登るのでこれも気持ち良かったりして(*^^*)

でっ、登ったらヒップソリで遊ぼうねと言っていたので...
_DSC2880
少し登ったら...
DSC_2888
滑ってみる...ズッデ~ン!!
_DSC2918

そしてまた登るの繰り返しでした。
_DSC2881
私達の他にも子連れの方達が何組か遊びに来ていました。

お腹が空いたので避難小屋で...ただの休憩所にしか見えないのだけれど...ランチタ~イム!!

まずは甘いものでも飲みましょう。
_DSC2917

この日のご飯はこれだ!!
DSC_2902
おい、おい、またか?!だってまつおがさ~これがいいって言うんだよ~!!

玉ねぎと豚バラをゆでて、麺が柔らかくなるまで煮たら...
DSC_2908

カレー粉加えて出来上がり~!!
DSC_2915
手抜き過ぎな山ご飯なのでした~なはは~!!

ご飯食べたらまた滑って...
DSC_2924
滑って...
DSC_2928
滑って...
DSC_2934
滑って...
DSC_2938
の繰り返し...このパノラマの中でのそり遊び...なんて贅沢なこと!!

しかも夏は車とバイクの騒音が聞こえるこの辺も登ってくる車が少ないのかとても静か...。
DSC_2941
癒される~(*^^*)あたしゃこういうのが無いと本当にストレスたまっちゃうからね...体にぶつぶつできちゃったりするし...鬱みたいに...いや確かに鬱になっちゃったりするからね...こういう非日常な空間は心のビタミン剤の様なものなのです...。

 元気にこんな風景を見ながら歩けることに感謝!!
 
登って降りてを繰り返し、まつお君がソリゲレンデへ移動したいと言うのでワカンを外して待っている間に春を見つけてきました。
_DSC2966
まだまだかな~?

_DSC2964
なんかタコの足みたい...

_DSC2968
なんの果実だったのかしら?

_DSC2969
つつじかな~?

_DSC2972
木々の周りは少しずつ溶けてきていました。

いえ~い!!
DSC_2959
 
上を見上げたらいい天気...
_DSC2952
暖かい...
_DSC2955
あ~今日もいい一日だった~!!

そんなことを思いながらひっくり返って空を見上げるソリ遊びな一日のお話なのでした (*゚▽゚*)

人気ブログランキング 登山・キャンプへ

ふと明け方に思う事

いつも以上に仕事はかどらなくてやる事が沢山あって家に着いたのは11:30。

ぐた〜っとなってリビングの扉を開けるとこれが置いてあった。
画像1

少し早いけどまつお君の卒業アルバム。

中を開いてみるとイチバン始めのページにすっかり汚れてきた山用レインウェアを着て、ストック、使い込んでる軽登山靴を抱えて笑っているまつお君の写真がど〜んとあって…びっくりした〜!!

そっかぁ、好きな格好で写真を撮ってもらうって言っていたね。これだったのか…。

皆さんにお見せ出来ないのが残念!!

これまたとっても素敵な笑顔なの…

親バカ〜( ´ ▽ ` )ノ

その後なんとなく真ん中のページを開いてみたら、お決まりの皆のメッセージ…山登り頑張れ〜とか、登山家なれよ〜とか、はたまた世界中の山を登るのだ!!ナドナド…なんだこりゃ、殆ど山についてのメッセージ…あんたいったい学校でどんな話してるのさ^^;

で最後に卒業文集…内容知っていたのだけどね…これまた山に絡んだ話(⌒-⌒; )

何々?将来の夢は山小屋で働く事。

理由…小さい頃から山に連れて行かれてたけど高学年になるにつれ学校生活が忙しくて山にいくのが嫌になったそうな…あったねそんな事;^_^A

で、ある日イヤイヤ連れて行かれた山の山小屋で小屋番さんに初対面なのに優しくしてもらったそうな…その日からまた山が好きになったそうな…最後に、

ぼくはその山小屋の小屋番さんのように常連の人がたくさんいるようなすてきな小屋番になりたいです。

と書いてありました。

人との出会いって不思議…あの日あの小屋へ行かなかったら山を嫌いになっていたなんて!

いつ行っても楽しい山小屋ライフをありがとうございます。

そして、まつお…未来が希望に満ちていて朗らかな人間になるように…そんな思いを込めてつけた君の名前…いつまでもその名前に負けないくらいの…いや、名前負けしても直ぐにカムバックできる強い心を忘れずにいてくれますように。

卒業おめでとう!!


じっと堪えて待っている@裏筑波湯袋峠登山口~御幸ヶ原

ここの所寒い日がつづきましたが今日は気温急上昇!!すっかり暖かくなってきてうちの庭の梅ももうすぐ満開になりそうです。

気が付いてみたら3月ももう半ば...あれれ?そう言えば今月は一つも山レポ書いてないんじゃ...?

バタバタするのはいつものことなのですが、やらなくてはいけない他のことを片づけていたらあっという間にこんなに時間が経ってしまいました...。

さあ!!久しぶりの山レポ、いきますよ~!!

こちらも随分とご無沙汰の裏筑波。そろそろ長く歩くトレーニングをしなくてはと登山口へやってきたのは9:30頃。
 _DSC2589
何故久しぶりなのかというとまつお君がとにかくこちらのコースが大嫌いで来ていなかったのですが...何があったのか彼の心境に大きな変化があったようで...

別に行ってもかまわないよ!

と言ってくれたので今回久しぶりに行ってみることになりました。

これからお花のきれいなこちらのコース、お花ちゃん達どんな感じかな~とワクワクしながら沢沿いの緩やかな道を上がっていきます。
_DSC2590
 最後にまつお君を連れてきたとき

ここは夏も沢遊びができて楽しいだろね~!!

と言ったら...

そんなの全く興味ないね!!

と言われてしまったのにこの日は自分から...

沢で遊ぶのもいいよね~!!

だってさ!?

いったい何があったのでしょうね?
_DSC2594
しかしいつ来てもこちらが筑波山だということを忘れさせてしまう清らかな沢の流れ...。

沢沿いには少しだけ春の気配を感じることができました。
_DSC2596
ネコノメソウの仲間なのでしょうが詳しくはわかりません。あちらこちらに蕾を付けて待っていてくれました。

咲きだすのは3月下旬ころでしょうか?

そしてユリワサビちゃん。
_DSC2597
今週あたり咲き始めているかもしれません。

お花に全く興味の無いまつお君は手ごろな棒を探し出してきて...
_DSC2600
えいやッ!!

何してるんスか...

_DSC2601
ストックの代わりにもなるらしい...。


下の方では小さな春を感じられましたが登って行くほど沢の景色もどんどんと冬へ逆戻りしているようで...
DSC_2618
 沢山の氷の世界がそこにはありました。
 _DSC2628
うろこみたいに薄く木に張り付いた氷と氷柱。

これ撮って!!とまつお君におねがいされてパチリ。
_DSC2638
鳥みたいに見える!!だってさ!!

本当だ~!!
これなんか...
_DSC2645
サメの歯 みたい...。

なんてことのない杉の葉っぱも...
_DSC2647
氷があるとなんだかきれいに見えてしまう。

トゲトゲ注意報発令!!
_DSC2655
 沢ではないところにも...
_DSC2657

まだまだありますよ...
_DSC2660
 
_DSC2662

_DSC2664

こんなに寒いのに負けていない苔軍団...
_DSC2687
見習わなくては...。

氷ついても頑張って生きているのだね...
_DSC2689

_DSC2691
な~んてやっていてなかなか進まないのでありました...。

っで肝心のお花ちゃん達はと言いますと...
_DSC2698
小さな芽が一つ...なんのお花かしらね?

ニリンソウ軍団なんかは芽すらも出ていなくて...楽しめそうなのは4月上旬ころですかね...丁度桜の時期と重なるかもしれません。

_DSC2699
楽しめるのは苔の柔らかな緑...

苔むしている階段を登って行きます。
_DSC2702
いつ来ても趣があって好きだな...明らかに人工物なのだけれど、こういうのは好きなんだな~。
_DSC2703
そしてよ~く見ると階段の横に小さな命達。
_DSC2705
懸命に...
_DSC2707
健気に...
_DSC2709
そして強く生きている...。
_DSC2710
見習わなくては...(*'-'*)

石段も終わるころ沢沿いの道ともそろそろお別れ。
_DSC2713
水の中のキラキラ光る砂を見つけてまつお君がひとこと、ふたこと...いやいや、かなりしつこく...

このキラキラ光っているのは砂金かも知れないよ~!!

と言うので...ほいほい、そうかもね~!!

と返したら馬鹿にしてんのかい!?

と怒られてしまいました^^;

だってさ...いや、いいんだけどね...この夢見がちな感じは一生続くのか?それともいつか大人になったら超現実的になってしまうのか?それがわかるのはまだまだ先のお話...楽しみにしていましょうかね...。

木の階段が見えてきたらもうすぐキャンプ場。
DSC_2725
ミヤマシキミさんが蕾を付けて待っていてくれました。
_DSC2696
春を告げるお花ちゃん、もう少し待っていてね。

11:02林道に到着!!
DSC_2738
林道沿いにキブシの蕾が沢山ありました。
_DSC2752
今年も可愛らしいかんざしの様なはお花を沢山見ることができるでしょうか。

キャンプ場の敷地で一休み。
DSC_2758
桜の木が沢山あるので咲いたら美しいでしょうね(*^^*)

良~く見ると...
DSC_2777
日光の山並み...正直者の皆さん!!今日も勿論見えましたよね?!

あは ...^^;

こちらからだと御幸ヶ原迄は1時間もあれば着くのですが...
_DSC2787
あらら~!!予想以上に雪が残っていて歩きにくいのなんの!!
_DSC2823
すれ違った親子連れの皆さんが背後からキャーキャー言っているのが聞こえてきて下りは気を付けて降りなくてはと思いました。

それにしてもこの感じ...
_DSC2788
残雪の尾瀬を思い出しました...。

会津駒ヶ岳も残雪の頃はこんな感じなのかな?練習になるかな?なんて話しながらゆっくり確実に登っていきます。水場位に雪が溶けたら行ってみたいな~と考えているのですが...なんせ今年はまつおが中学生...どうなる事やら...そろそろダメもとで予約しておかないとな~。

12:40頃御幸ヶ原へ行く途中の休憩所でランチの支度開始!!
_DSC2829
鍋にソーセージと玉ねぎスライスニンジンの細切りを入れてグツグツ...。

ニンジンに火が通ったら、
_DSC2831
こちらを加えて更にグツグツ...
_DSC2832
これまたうどんが柔らかくなってきたら...
_DSC2833
ピーマンの細切りを加えてさっと煮てカレーのもとを加えたら...
_DSC2834
カレーうどんの出来上がり\(*^^*)/いぇい!!

まだまだ寒いこの時期のうどんはあったまるね~!!さいこ~!!

さて素早く食べたらすぐに降りますよ。

北側のルートは午後になるとすぐに薄暗くなってしまうのでどこにも寄り道しないで帰らなくては...。

女体山付近で軽アイゼンを着けて滑らないように...実はこの日ストックを置いてきてしまったのでちょっと冷や冷やの下りなのでした^^;
_DSC2837
一時間程でキャンプ場...
_DSC2840
余りお花の無い中椿の明るい色に癒されます。
_DSC2841
花の力って凄いね...。

日が暮れるごとに少しずつ雲がとれてきたようで見上げるといい感じに青空が広がっていました。
_DSC2842
あと少ししたら本格的に春が始まる...心躍るな~!!

夕方間近の日差しが苔軍団に輝きを与えていました。
_DSC2846
のんびりとしていたいけれどもうすぐ森は薄暗くなってしまう...
_DSC2847
急げ!!急げ!!
_DSC2855
15:16登山口に無事到着!!

寒さにじっと堪え春を待っているお花ちゃん達と、まだまだ冬の景色の残っていた変化にとんだ裏筑波でのお話なのでした。

ところでまつお君、あんなにも嫌がっていた裏筑波なのですがお気に入りになっていましたよ~!!

何故でしょう?さっぱりわかりません?

まつお君の気持ちが分かる人~教えてくださ~い!!

子どもってホント不思議...コロコロと変化するその心、小さな変化に何時でも気づいてあげられたらな~とも思うのでした('▽'*)ニパッ♪


人気ブログランキング 登山・キャンプへ


人気ブログランキング 田舎暮らしへ
QRコード
QRコード
最新コメント
記事検索
livedoor 天気